Tバックで読書中 櫻庭雅文

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


櫻庭雅文 >
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方

急に、そして久しぶりに読みだした。
この二日間、家に閉じこもり、
一日目は仕事をし、
二日目は瞑想の読書。


ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方

著者:
イハレアカラ・ヒューレン
櫻庭雅文
出版社:徳間書店
出版日:2008/09/30
¥ 1,620
商品詳細を見る


クリーニングの必要性を感じ、
混濁した自分の意識に疲れ果てていた。

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてね
あいしてるよ

クリーニングで
インナーチャイルドを癒すということ、
少しはわかっているつもりでいたけれど、
今日の読みはまた新たな発見だった。

インナーチャイルドは高貴ではあるけれど、
やはり子ども。
幼く、拙い。

だからこそ、
悪感情やネガティブなものを
自分の目の前に投影するのだ、
ということが分かった気がする。

100%自分の責任。

そして、神聖なるものには直通しない、
インナーチャイルドを通して
超意識を経て初めて通じる、
ということも、
これまであまり意味がわかっていなかった。


今回、わかったことは、
ワンネスはワンネス。
そして自分自身でもあるからこそ、
自分を通してしかそこにアクセスできない、
ということ。
通路は自分の外の誰かや何かではなく、
自分の内側にしか通路が無い、ということ。

そして
インスピレーションを受け取ること。
やはり思考だけで結論を出してはいけない。
濁ってしまう。
説明してばかりで
説得してばかりで
それはやはり疲れるだけだ。
何かが間違ってしまう。

もっとシンプルでストレートな
回答が降ってくるはず。

クリーニングを続けてみる。

ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてね
あいしてるよ
スポンサーサイト

あなたが生きにくいのはチャクラに原因があった

私の人生における、
いま、このタイミングで、
この本を読む、というのも
誰かの思し召しだと思わざるを得ない。

まともに本を読む時間をとらず、
自分のための時間を後回しにしてきた。
ここ4カ月くらい。
ぱったりブログの更新もしていないので、
明らかに本を読んでいない。

それでも資料としてバーっと読む本があったり、
パーツだけ必要で読んだり、
そんな感じで、
自分の心の喜びのための読書は
しばらくしてこなかった。

で、櫻庭さんに出版記念パーティ誘っていただいたし、
行くからには読まないわけないでしょ!?
との思いもあって、

そして、ひとりで静かに読む時間が
ひょっこりできた。


あなたが生きにくいのはチャクラに原因があった (一般書)あなたが生きにくいのはチャクラに原因があった (一般書)
著者:デボラ キング
櫻庭雅文+山岡恵
出版社:徳間書店
出版日:2014/02/13 ¥ 1,680
商品詳細を見る


正直、いまの自分にチャクラが関係あるとは
思っていなかった、発売前。
興味あることの一つ、でしかなかった。

読んでみたら、
この2月、ずーっと
私の人生のテーマとなっている、
いくつも起きる数々の出来事と
大きく関連したことだらけだった。

第1、ルートチャクラで地面と繋がること。

第2、セクシャルチャクラで他人との境界線、まあまあOKかな。

第3、太陽神経叢チャクラ、自尊心は侵入されて
破壊されているな、怒っているよ。
どおりで痔になっちゃったよ。

第4、ハートチャクラは真実を隠しているね。
愛し愛されるということにゆだねきれない、
抵抗を38年間ずっとしている。

第5、喉のチャクラ。バセドウ病10年。
ハートの女性性と頭の男性性の間をつなぐポイント、
言いたいことを言っていない、
ずっと注意喚起されてきたポイント。
いい加減、言いたいことを言うときらしい。
しかし、この5章の内容が、
全然意味がわからないのだな。。。

繊細で、感度のいい私だから、
仕事上で怪しい!と思ったときはすぐにわかる。
すぐに報告できる。
ボスに注意もできる。別にクビ切られてもかまわない。
でも、その陰で自分が傷ついたことは、
だれにも言わないできた。

それを言うということなのだろうか?

第6、直観のチャクラ、
第7、クラウンチャクラ
違いが難しいけど、この二つを開く、
というのは私のイメージ的には結構簡単。

この2月、
大雪が2回も東京に降り、
そんな大雪のなか、
どうしても行くと決めた場所に行き、
運よく今までで一番おいしい米を食べ、
家族のことで大げんかをし、泣き、傷つき、
楽しい仲間と酒をのみ、
尊敬する先輩と地球規模のプロジェクトを組み、
人生について、大躍進するヒントを聞き、
あと一ひねり、生き様を見せろと言われ、
何なんだ!?それはと頭をぐるぐるにしながら
新しい仕事も受注し、
何度も倒れ、熱を出し、目やにが止まらず
飲み薬7錠と座薬、目薬、軟膏の日々。
しかもあと5日間、2月の最終日まで
まだまだ爆弾的な出来事が起きる予定。

それでも今日、
この本をじっくり読む時間があり、
わかったことこと、
よくわからないことと、
あたまの中がぐるぐるだ。

私にとって、大きな示唆があるに違いない。


▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

すでにアセンションしている人たち 魂の統合はもう始まっている

ご縁あって櫻庭さんと一緒に
瞑想できるのはとても嬉しい。
美華さんやサラさんとも
仲良くしてもらっていて
とても大きな優しさと愛を感じている。

次の瞑想会に向けて、読んでみた。



すでにアセンションしている人たち 魂の統合はもう始まっているすでにアセンションしている人たち 魂の統合はもう始まっている
著者:櫻庭雅文
出版社:徳間書店
出版日:2010/12/17
¥ 1,680
商品詳細を見る


東日本大地震の3か月前の出版日。
アセンションの日と言われた
2012年の10月も12月も、
そしてマヤ歴の何とかの日と言われる
2013年7月も過ぎた、今、
いま読むといろんなことを思う。

自分の変化してきた道を思うと
ますます不思議に思う。

アセンションへ向けて通過する
6つのメルクマール

1、ハイヤーセルフの認識
2、インナーチャイルドの覚醒
3、ライト・オブ・アセンション
4、クンダリーニの活性化
5、アカシックレコードへのアクセス
6、ソウルメイトなどとの出会い


(メルクマールとは、判断基準、中間指標という意味らしいです。)


次の瞑想会でしたいこと。

もっとハイヤーセルフを感じたい。
意識的につながる感じを増やすこと。

ライト・オブ・アセンション。
自分の体が光の粒になる感覚を味わいたい。
毎日の散歩道の神社では
瞬間瞑想、プチ宇宙空間飛びはする。

いままでの瞑想会では、
イメージ風景が、
見えるというよりは、
心象映像というか、情景というか、
気配としての風景、遠景。

自分の肉体が光の粒になる感じを
次は感じたい。

そんな風に思った。

▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる

ずっと楽しみにしてきた
櫻庭さんのご本。

私のことが書いてある!ってびっくり。


あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きるあなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる
著者:櫻庭雅文
出版社:徳間書店
出版日:2013/02/23
¥ 1,575
商品詳細を見る


ひょんなことから
ランチを食べたり
ワインを飲みに行ったり
農園に遊びに行ったりする
お友達になって、

「え、櫻庭さんって
この本の櫻庭さんなの?
私、この本よく知ってるよ!!
よく行く本屋さんの、
何階のどの棚にあるかも言えるくらい」


ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方
著者:イハレアカラ・ヒューレン
出版社:徳間書店
出版日:2008/09/30 ¥ 1,575
商品詳細を見る


そんな、順番で。
私の病気やいろいろな話、
酒の肴にたくさんして
遊んでもらって
いろんな縁を感じるエピソードが
この「あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる
あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる
に登場するとは!

私にとっても因縁深い話。
櫻庭さんにとっても
別の縁を思い出し、感じ、
新しい縁を結ぶきっかけに
私が少しでもなっているらしいことがわかる。

人は、本当にその場所に、
ただボーっと立っているだけでも
意味があるのだなと思う。

出会うべくして出会い、
話すべくして話し、
生かされているなー
学ばされているなー
生きてるだけでも。
息を吸ったり吐いたりしているだけで。

純粋にこの言霊を実践することの
力強さも感じるし、

その結果として、
本に登場する人やエピソードが
身近すぎることは、
やはり縁を感じずにはいられない。

▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アセンションであなたの思いは実現する

アセンションな日ですから
もういちど読みたいですが、
眠くて眠くて仕方ありません。

ひとつだけ、確実に言えるのは、、、

私めちゃワクワクしてる!

ってことです。


アセンションであなたの思いは実現するアセンションであなたの思いは実現する
(2011/11/17)
著者:櫻庭雅文
出版社:徳間書店
出版日:2011/11/17
¥ 1,680
商品詳細を見る


ね、櫻庭さん!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。