Tバックで読書中 生物的にメス

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快楽上等! 3.11以降を生きる

3.11で私もいろいろ変った。
でも、それはそれ。

3.11があろうとなかろうと、
快楽上等。

今の私のど真ん中。


快楽上等!  3.11以降を生きる快楽上等! 3.11以降を生きる
著者:上野千鶴子湯山玲子
出版社:幻冬舎
出版日:2012/10/26 ¥ 1,575
商品詳細を見る


この二人、別々でも
それぞれの著書に納得することが
たくさんあるのに、
二人の考えの違いや、
絡まりあう部分は
あまりにもメモすることが多すぎて、
とにかく、羅列しておこうと思う。

--
カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』
怖いもの見たさで見てみたい
--
3.11直後に避難した時も
"世間の人並み"が読めずびっくりしたし、
女子が「愛されたい」と内向的に悩んでいても、
「何、言ってるの」としか思えない。
私の本は、実はその「共感の薄さ」を
モチーフにしている。
--
周りの同調圧力
--
原発事故の直後に
「水道水がヤバい!」となったとき、
知り合いの会社ではペットボトルで
水が配られたんですね。
それで何が起きたかと言うと、
男も女も結婚してない人、
子どものいない人が、
子どものいる社員に自分の水を差しだした。
--
要は「子どものために」という
強制モラルが働いた。
--
ネオリベと言えば
「自己決定」「自己責任」ですが、
いい大人が自分で決めることを
やらなかったり、
そもそも決定ができない、というのが、
ダメだと思ってるんです。
それに進歩の思想も、私、
自分の片肺にあります。
進歩?
昨日より今日の自分が良くなるという、
プログレスの思想。
--
進歩と言わず、向上と言おう。
努力と向上。
勝間の努力は効率。スキルアップ
--
湯山の向上は
人間の質として、より思慮深くなり、
自分の体験に即した強い言葉を持ち、
全人格的に成熟するという意味での向上。
効率では測れない
--
効率はセコイでしょ。
--
PLAN DO SEEのコントロール欲で成り立っている
--
文化資本とは、すべてのおカネや
財産を失っても、
どんなところに行っても、
どんな状況になっても、
決してその人から奪えない
ふるまいやスキル。
--
たくさんの年寄りを観察した上の結論は、
年をとることと成熟することには
何の関係も無いということです。
成熟ではなく、現状キープをガンコに行く人は多い。
--
若者はとんでもなく縛り合っていますよ。
自ら進んで、とにもかくにも、
同調圧力は強く受けている。
違うことが不安。
不安より悪。
絶望の国に適応するには、
思考停止で今の自分の環境を幸福だと
感謝することだから。
--
瀬戸内寂聴さん
岩手の天台寺に毎月法話
震災後、現地へ行ったけどすごい無力感。
ピーンと張り詰めた緊張と敵対視を感じた。
そこで彼女は話をするのをやめて、
マッサージを始めた
--
私には美意識があるのよ。
効率を最優先にするのって、
見てるとみっともないもの。
--
ただ、私たちがここで言う美意識って
教養とも関係しますよね。
文化資質とリテラシーは関係ある。
カッコいいものをたくさん見てるかどうか。
そして、その経験を積むと、
人間を舐められなくなる。
--
そして「自由」とは
惜しみなく与えること。


スポンサーサイト

恋愛について、話しました。

敏子さん、亡くなる直前のインタビュー。
編集中に、
お仕事を終えて亡くなった、
という感じでした。



恋愛について、話しました。恋愛について、話しました。
著者:岡本敏子よしもとばなな
出版社:イーストプレス
出版日:2005/09
¥ 1,470
商品詳細を見る


私は敏子さんも大好きだし、
太郎さんも大好きだし

なにより、大病のあと退院して
一番最初に杖を付きつつ
出かけていったのが、
太郎さんの壁画。

何十年越しで、
スペインで敏子さんが発見して、
それが日本に帰ってきて
修復が終わって展示されていた
太郎さんの壁画。
いまは渋谷マークシティにある。
当時は木場の近代美術館に展示中だった。

愛ってそこかしこにころがっている。


男に大人なんていない

キムさん、グッジョブ。

( ̄^ ̄)ゞ



男に大人なんていない!? (集英社be文庫)男に大人なんていない!? (集英社be文庫)
著者:キム・ミョンガン
出版社:集英社
出版日:2006/01/20
¥ 580
商品詳細を見る



オンナもな。

▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

脳は0.1秒で恋をする

タイトルほど
中身は面白くないが。
恋したかも?と思ったら
つい手にしてしまうよ。


脳は0.1秒で恋をする脳は0.1秒で恋をする
著者:茂木健一郎
出版社:PHP研究所
出版日:2009/07/16
¥ 1,155
商品詳細を見る



今日あったことを
伝えたい!と思う相手には
これって、、、恋してるのかな?

話したいことが溢れてくること
思いついてしまって
思いついてしまって

会ったら同時に5個くらいの話を
いっぺんにし始めている。
二人で5テーマ同時に話すって!?

そんな状態。

ところでこれって冷めるのか?
そこが疑問。

いままでの少ない経験からすると、
これは冷めるタイプではなく
練り上げられて行く関係のタイプだが。

はて。


▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

あれも嫌いこれも好き

私は「好き」なものに敏感。
「好き」という感情に敏感。

物でも人でも匂いでも
景色でも気配でも。

どこまでも。


あれも嫌いこれも好きあれも嫌いこれも好き
著者:佐野洋子
出版社:朝日新聞社
出版日:2000/10 ¥ 1,680
商品詳細を見る


自分の魅力について
考える機会の多い今日この頃。

セクシーさや色気がある、
と言っていただき嬉しい。

賢い、知的、かっこいい
と言ってもらうことも多い。

---実際多いので、
思い上がりとかではなく、
とりあえず、
ここでは謙遜せずに
先に進もう。
ちょっと居心地は
悪いままですが。---


ところが多くの人は、
エロい人は抜け作でいてほしく。
賢い人には清廉潔白で
いてほしいらしい。

そうすると、
実際に
「エロくて賢く」見える私は
支離滅裂な人格に
見えるのかしら?

エロい面だけを見たい人は
確かにわたしの知性は
完全に否定してくれる。

賢い面だけを見たい人は
私の恋愛や下ネタを
一切認めないし
あり得ないと信じている。

しかし、
わたしを長く知っている人は
明らかにエロと賢いを
両方持っていると
わかってくれる気がする。

そんな一般論から外れた
極端な二つの特長を持ち
大層、不安定で
アバンギャルドで
ドキドキする人物かと思いきや、

安心しすぎて
全然ドキドキしないから
という理由で振られたりする私。

どんな安定感じゃい。

安心する、というのも
よく言われることば。
言われて嬉しいから覚えている、
というのもあるけれど。

コロコロ変わる、
変化が激しい、とも
言われているか。。。

自分としては、
マイペースが
ハイスピードなだけで、
変化は激しくなく、
地に足がついて移動している
感覚なんです。


周りの人から受ける言葉を
客観的に特長として
受け止めると、、、


やっぱり私、相当変人だな。
理解しがたいと思う。

そのことで
ご迷惑をかけていることも
あるんだろうなー。


▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

しんきらり/性悪猫/ゆらりうす色/どうぞお勝手に

女、中年、地味
そんなキーワード。

日常が切り取られて、
こんな風に見えてるのよ、
と静かにつきつけられる感じ。


しんきらり (やまだ紫選集)しんきらり (やまだ紫選集)
(2009/11)
やまだ紫

商品詳細を見る



性悪猫 (やまだ紫選集)性悪猫 (やまだ紫選集)
(2009/10)
やまだ紫

商品詳細を見る



ゆらりうす色 (やまだ紫選集)ゆらりうす色 (やまだ紫選集)
(2009/12)
やまだ紫

商品詳細を見る


これらは、元は1980年作品と
私の手元にある本に書いてある。

ということは30年たって
選集になっているのね。

人間の、女の
見ている風景が書いてあるから
はやりすたりとは関係ない。

なんだかすごいことだな。



どうぞお勝手に (中公文庫)どうぞお勝手に (中公文庫)
(1999/11)
やまだ紫

商品詳細を見る




▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

すごい女子会

女子会というか、対談集。

出てくるみなさん、それぞれに
私は興味があるので
楽しく読めました。

勝間和代さん
西原理恵子さん
倉田真由美さん
小室淑恵さん
小島慶子さん
・テレ東アナ3人

Amazonのコメントに
意地悪なこと書いている人が
いましたが、
どこからでも学べるかどうかは
読む人次第です。

軽やかな内容で、
すぐ読めちゃう
という意味では
内容は薄いかもね。


勝間和代責任編集 すごい女子会勝間和代責任編集 すごい女子会
著者:勝間 和代
出版社:アスコム
出版日:2011/08/27
¥ 1,260
商品詳細を見る


スゴイ女たちであり、
普通の女でもある。
人として当たり前に
生きているだけ。

私も、あなたも、勝間さんも。

▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



キスは、女からするもの。/品があって、セクシー。

私、恋愛しようとしてる?
振り向かせるゲーム?
昨日の刺激的な女子会のせい?


キスは、女からするもの。キスは、女からするもの。
著者:中谷彰宏
出版社:学習研究社
出版日:2011/06/08
¥ 1,260
商品詳細を見る


品があって、セクシー。品があって、セクシー。
著者:中谷彰宏
出版社:学習研究社
出版日:2011/08/10
¥ 1,260
商品詳細を見る


中谷さんの言っていることは
よくわかる。

セクシーって余白にあるよね。

背骨を感じて握手をすれば
忘れられない。

声聞きたいなと思っているとき
その人から電話がかかってきたら
きゅんとする。

あまりにびっくりして、
液晶画面の名前、じーっと見ちゃって
すぐに出られなかったりする。

テレパシー、ピピピ。

▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


マグネット

私は、エスプレッソを啜る仁美の顔を、まじまじと見た。性格の良い気のおけない友達だ。人をくつろがせる。顔も綺麗だ。でも、何故だろう、私には解る。彼女は、たぶん、男の気をそそらない。体の奥底にあるずれた瓶の蓋の隙間から流れ出るものの存在を知らない。そこから香るものは、皮膚の内側にひっそりと塗られ、特定の男によって抽出される。外側に塗られ、万人の鼻を刺激する香水など、それに比べれば健康的すぎる。

--

私の瓶の蓋は錆びついていないだろうか…。



マグネット (幻冬舎文庫)マグネット (幻冬舎文庫)
著者:山田詠美
出版社:幻冬舎
出版日:2002/04
¥ 520
商品詳細を見る


以前のエントリ。
マグネット



▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ダイアモンドパラダイス/熱帯安楽椅子

熱帯でセクシーな男とセクシーな女が
リタイアメント。
南国に飽き飽きして。

わたしも行くから!
メキシコのカンクーンに。
セクシーな男と。
わたしはセクシーな女だから。


ダイヤモンド・イン・パラダイス [DVD]ダイヤモンド・イン・パラダイス [DVD]
著者:ピアース・ブロスナン、サルマ・ハエック 他
出版社:アミューズソフトエンタテインメント
出版日:2006/07/07
¥ 3,129
商品詳細を見る


ひとり旅はできないわたし。
こんな旅にはなりえないけれど、
安楽椅子で弛緩するように
だらっとした好意と
まとわりつく熱帯の温度に
囲まれたい。


熱帯安楽椅子 (集英社文庫)熱帯安楽椅子 (集英社文庫)
著者:山田詠美
出版社:集英社
出版日:1990/06/20
¥ 340
商品詳細を見る


さいきん夏だから
体外の湿度ばかり高くって。。。
逆に。。。

▼来たよ!の記念にぽちっとどうぞ▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。