Tバックで読書中 2008年07月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界は今日もヘンだった」

ロイター発 世界は今日もヘンだったロイター発 世界は今日もヘンだった
(2008/07/24)
トムソン・ロイター・グループ

商品詳細を見る

まじめーな記者が
まじめーに取材したら
可笑しな記事になっちゃった集。

たまにおえ~、悪趣味…
と思う記事もある。
ホント世界中変な事ばっかり。

コンピュータで遊ぶ猫の写真とか、
 (表紙の「世」のすぐ左)
ミニチュアバイクにまたがる蛙の写真とか、
 (表紙の「も」のすぐ右)
イスラムバービーの写真とか、
 (表紙の左下)
とてもかわいい。

最後の章、「日本編」には、
英語原文もついている。
なにしろロイターだから。

--恋人いない女性500人超、バレンタイン前日に箱根で神頼み
--Lonly pilgrims seek romance at Japan love shrine

っていう記事が
世界中に配信されちゃったらいいぞ。
淡々とした記事調で、

--この日参拝した会社員の女性(30)は「バレンタインデーにチョコレートを贈る人もいないので、誰か見つけたい」と語った。

とか書かれると、
虚しさが倍増…。

『長崎は今日も雨だった』
に似たこのタイトル。
頭の中で前川清が歌っている。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 
スポンサーサイト

「ブスの瞳が恋されて」

ブスの瞳が恋されてブスの瞳が恋されて
(2008/06/26)
大島 美幸

商品詳細を見る

人は顔。
心がブスになってしまうと
本当に顔までドブスになる。
どれだけブスの心はブスで醜いか
よ~くわかる本。

特にむ~たん(夫の鈴木おさむさん)側から
見たブス観察は「そうそう!」と
膝を打ちたくなります。

そして、
今のみ~たんは可愛い。
顔も。言うことも。

とうちゃんやかあちゃんや
じいちゃんやばあちゃんが
可愛い可愛いって
何度も言い続けて、
たった一人、家族以外の異性が
「イイ」って言ってくれたら
それで大丈夫なのよ。

でも、それを受け入れない
心ブスはダメなのよ。
自分の心は自分で見るしか
変わらないのよ。
どんなに環境が酷くても、
周囲の悪意のせいにしていたら
自分の耳を
素直にしておくことは
できないしね。

人は顔。
いや、確かに
左右対称だとか、
凹凸のバランスによって
顔の造形は美醜がある。
でも、それは上下や
善悪ではないのです。

言い直します。
人は顔つき。
心が顔相に出る。
絶対。

ブスの瞳に恋してるブスの瞳に恋してる
(2004/09/16)
鈴木 おさむ

商品詳細を見る
ブスの瞳に恋してる 2ブスの瞳に恋してる 2
(2006/05/18)
鈴木 おさむ

商品詳細を見る


▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「特権的情人美食」

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集
(2007/11/10)
村上 龍

商品詳細を見る

どのストーリも別々の人が
書いてるのか思うほど、
違う読ませ方。
村上龍さんってすごいなー。

死ぬまでに一度は、
コンコルドに乗ってみたい。
死ぬまでに一度は、
幻のジャズ・バーに行ってみたい。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「水曜の朝 午前三時」

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)
(2005/11)
蓮見 圭一

商品詳細を見る

大阪万博の盛り上がりの時代と気分。

2005年の愛知万博に行ったときに
感じた高揚感を重ねて読んだら、
ストーリの中に溶け込んでしまった。

世界中のいろんな地域の
文化や産業、見てほしいことを
国をあげて広告宣伝活動する万博。

いままで知らなかった国や文化に
「何これ?」「これ好き!」という
興味や好奇心を満たしてくれるのも、
日本語で説明してくれて、
日本で開催してくれたから。

周りのお祭りムードだけではなく、
自分の中からわいてくる好奇心で
興奮するのがよくわかった。
死ぬまでにもう一度
日本で万博やってほしいもの。

そういう激しい時代や若い世代を経て、
おばあさんになって、
死ぬとき夫に内緒で、娘に託す手紙。
人生全体がドキドキする。

またドキドキしたいので、
東京オリンピック、
ぜひやってほしいなー。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「芸術脳」

芸術脳芸術脳
(2007/08)
茂木 健一郎

商品詳細を見る

茂木さんと芸術的な人々との対談集。
茂木さんの魅力もさることながら、
対談相手の皆さんもそうとう魅力的。
ぶっつづけで3回読んでしまった。

対談相手の方々
佐藤雅彦さん
内藤礼さん
小野塚秋良さん
いとうせいこうさん
松任谷由実さん
ヒロ杉山さん
リトル・ブリテンのお二人
菊地成孔さん
天野祐吉さん
リリー・フランキーさん

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「スピリチュアル・デトックス」

スピリチュアルデトックススピリチュアルデトックス
(2007/11)
光野 桃

商品詳細を見る

光野桃さんらしい文章で、
桃さんの内面の、
おそらく本人的には大きな変化を
読んでいる私には
淡々と伝えてくる文章。

「スピリチュアル」よりは
本を読んだ後のイメージは
「デトックス」の方が重要な感じ。

本屋さんで
あとがきを立ち読みしたら、
内容を読んだことがあって、
立ち読みするのは2回目で
びっくり。
これは買って帰って
読まなくちゃ、と思った。

働きすぎて、
仕事が好きで、
責任感も強いから
しっかりしなくちゃ、と
自分を引き締めて、
プライベートでも
完璧主義で遊び、
緩むことを許さず・許せずに
生きてきた女の先輩が、
自分で自分の毒気を抜いていく話。

桃さん2号たち、
私の周りにたくさんいます。
いまから10年くらいかけて
毒気を自分で
抜いていかなくてはね。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「女の一生~サチ子の場合」

女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)
(1986/03)
遠藤 周作

商品詳細を見る

どんな時代の、
どんな環境であっても、
ぐっと我慢したり、
誰かを大事に思ったり、
忘れてしまったり、
そういう出来事は起きるもので、

毎日は何事もなくつまらない、
と思ってみても、
実はみんないろいろなことを
経験して感じて一生が過ぎる。

途中で人生を降りるのが
いっちばんつまんなそうだ。
最後まで、生ききってみると、
おそらくドラマのような
出来事だらけなのだ、
誰の人生も。


読み終えた今は、
サチ子の心を身近に感じて
何かを心の支えにして
戦争で大切な人と離れても
誰も、何も、恨むことも
できなくて、許されなくて
サチ子の代わりに
泣いてみる。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「アラマタ大事典」

アラマタ大事典アラマタ大事典
(2007/07/13)
荒俣 宏

商品詳細を見る

エキセントリックアラマタの素敵な本。
寝る前に2~3個ずつ、
ほっほーと思いながら読む。

荒俣さん大好きなんです。
イラストもとっても楽しい。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「愛には少し足りない」

愛には少し足りない (集英社文庫 ゆ 5-22)愛には少し足りない (集英社文庫 ゆ 5-22)
(2007/09/20)
唯川 恵

商品詳細を見る

おお、そんな展開?
そういう愛もあるかも。
ただの恋愛小説ではない。

絶対に切れない縁と、
壊れる可能性があるからこそ
繊細に日々を積み重ねる関係、
どちらも大切。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「ハリー・ポッターと死の秘宝」

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る

今日発売だ~。
1巻の「賢者の石」から
全部読み直しちゃおう。

いつ7巻の「死の秘宝」に
辿り着けるでしょう…。
とにかく楽しみます。
徹底的に物語ですから、
現実逃避に最適です。

「はやってるのはちょっと」
と避けていたのに
いつの間にか、
しっかりファンです。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻2冊セット (5)
ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻2冊セット (6)

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「永遠の途中」

永遠の途中 (光文社文庫 ゆ 3-3)永遠の途中 (光文社文庫 ゆ 3-3)
(2007/08)
唯川 恵

商品詳細を見る

隣の芝生は常に青い。

結婚した女が失敗し、
不倫した女が失敗し、
仕事を続ける女を羨み、
職をなくして悲しみ、
姑と不妊に悩み、
でも家族でご飯を食べ、
一方でひとりで
高級マンションでご飯を食べ、
起業して成功し、
仲間割れして分裂し…

どこまでもどこまでも、
シーソーのような
嫉妬と羨望の投げ合いで、
それでもまだ人生は続いていく。

私は、私の人生で
自分でよし、と言える
瞬間を積み重ねようと思う。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「がらくた」

がらくたがらくた
(2007/05)
江國 香織

商品詳細を見る

彼女はいつでも
なにかすべてに
欲求不満…。

現実ではなく
メルヘンの国に
いたいのか…?

「切ない気持ち」カテゴリに
分類したけど、
実は私にはまったく
切なくないのです。

江国さんの本は
どれを読んでも、
この欲求不満な読後感に包まれて
もやもやする。
すっきりしない。

なんだか原因は
わからないけど、
今の生活がもやもや不満
というときに読むと
同調しきれるかも?
私にはちょっと
理解しがたい感覚。
なぜだろう?

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「イン・ザ・プール」

イン・ザ・プールイン・ザ・プール
(2002/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る

私が精神科にかかるときは、
伊良部先生、よろしく。

怒るのが苦手な友人は、
案の定、
怒りの感情が表明できなくて、
勃起が収まらない患者さんの話が
いちばん面白いって言っていた。
納得。

奥田 英朗さんの「ガール」を
先に読んでいたので
きっと面白いに違いない!と。
作者は30代のOLだと思ったくらい。
ガールガール
(2006/01/21)
奥田 英朗

商品詳細を見る


▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「30代はまだキレイ」

30代はまだキレイ30代はまだキレイ
(2007/11)
内田 春菊

商品詳細を見る

そう言ってくれて
ありがとう!!春菊さん。

いまからいろいろ
いそしんできます♪

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「セックス放浪記」

セックス放浪記セックス放浪記
(2007/09)
中村 うさぎ

商品詳細を見る

うさぎさんは、
美醜に関する精神状態への
洞察が秀逸だと思う。

あまり本を読まない母が
この本を貸してくれた。
なぜ?
母と共有できるような話題ではないし、
そういう話をできる関係性でもない…。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「女ひとりで親を看取る」

女ひとりで親を看取る女ひとりで親を看取る
(2008/01)
山口 美江

商品詳細を見る

その可能性をある程度覚悟して
先輩たちはどうしているの?
と気になって読んだ。

親を看取る時間をとるためには、
仕事をきちんとしておいて、
時間を調整できる人間に
なっていないといけない。

親だけでなく、
大事にしたい人たちのために
自分のお金も、時間も、
自由にすることって大切。
自由にできるようなるには、
お金の使い方も、
時間の使い方も
訓練が必要です。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「小袖日記」

小袖日記小袖日記
(2007/04)
柴田 よしき

商品詳細を見る

古文の授業を思い出して、
面白かった。
おじゃる丸の世界ような。

もし私が平安時代に
行っちゃったら
ソフトクリーム作れるように
なっておいたほうがいいな。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「オカマだけどOLやってます」

オカマだけどOLやってます。オカマだけどOLやってます。
(2006/09/27)
能町 みね子

商品詳細を見る

オカマだけどOLやってます。ナチュラル篇オカマだけどOLやってます。ナチュラル篇
(2007/12/20)
能町みね子

商品詳細を見る


せきやくしゃみも
小さいときから
男のくしゃみ、女のくしゃみを
学習しているのか。

能町さん、その悩みは
オカマだからではなく、
女だからだよ、という悩みもあったり、

(ということは女的感覚で
悩んでるんだけど、
たぶん本人は気づいていなくて、
オカマだから、と思ってる)

そうか、男子の世界では
そう見えていたのかー、
と感心したり。

テレビでは派手な人を
多く目にするけど、
当然おとなしいタイプの人もいるわけで、
夜のお仕事は向いていない人も
きっといるから、
普通にOLしている人も
わりといるんだろうな、と納得。

当たり前にもっと隠さずに
当たり前に正社員になっても
当たり前に普通に過
ごせるように
なるといいね。
もうすぐそんな時代になるかな。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「勘九郎日記「か」の字」

勘九郎日記「か」の字 (集英社文庫 な 27-5)勘九郎日記「か」の字 (集英社文庫 な 27-5)
(2007/11)
中村 勘九郎

商品詳細を見る

読むほどにどんどん
勘九郎さんが好きになる。
素敵。
勘三郎さんを襲名して
ますます素敵。
ああ、いつかお近づきになりたい…。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「無意識はいつも君に語りかける」

無意識はいつも君に語りかける無意識はいつも君に語りかける
(2008/04/12)
須藤 元気

商品詳細を見る

元気さんの本は初めて手に取った。
装丁のかわいさも、
色も、目を引いた。

「頭のなかのおしゃべりはやめなさい」
って。ドキッとした。

いろいろ考えてる自分を
ちょっと賢いんじゃないかと
思ってたりしていた。

その反面、ごちゃごちゃ考え事して
お悩みループ、下降スパイラルに
乗っかっちゃって眠れなくなったり、
寝てたのに「ワー!!」って飛び起きたり。

で、頭の中のおしゃべりを
やめてみようと思った。

これがなかなか難しい。

しばらくは頭の中のおしゃべりを
途中で止めるように努力して、
気がついたら、
あんまりごちゃごちゃ
悩まなくなっていた。

最近ストレスを感じないのです。
いちばんのストレスは、
自分の頭の中で
作り出していたみたいですよ。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「Kingyo きんぎょ」

きんぎょきんぎょ
(2003/02)
高岡 一弥久留 幸子

商品詳細を見る

金魚柄が好きで
集めまくった時の集大成。

ポストカードばかり
何百枚も集めて
でもこの本は高くて、
気軽にはなかなか買えなくて
生活費がマイナスしなくなったとき
やっと買えた。
そして金魚狂の時代が終わった。

夏らしい気もするので
この時期眺めるのに最適。
頭がぼーっとするような暑さの中、
金魚の水槽を覗き込んだときの
水の中のような
祭りの中のような
非現実的な感覚になれる。

岡本かの子「金魚撩乱」も収録されています。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「Chiyogami」

Chiyogami―江戸千代紙Chiyogami―江戸千代紙
(2005/01)
田島 一彦

商品詳細を見る

千代紙の美しい写真集。

いろんな意味がある。
「意匠」をもっと知りたい。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

日本美女選別家協会「美」

美
(2001/08)
日本美女選別家協会

商品詳細を見る

彼らは、女のいろんなところに「美」を
見出しているのだなーと関心。

美女とパイ、
むしろパイクリームに汚れる服
って…。

わからなくはないような…。
日本美女選別家協会は
会長 リリー・フランキーさん。
名誉顧問 宝田明さん。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「AC刑事日笠媛乃」

AC刑事日笠媛乃 (Feelコミックス) (Feelコミックス)AC刑事日笠媛乃 (Feelコミックス) (Feelコミックス)
(2007/09/08)
内田 春菊

商品詳細を見る

媛乃ちゃんのママ怖い…。
身近にも似たような人が…。
持ち物も、周囲の人間も
すべては自分のランクを
高く見せるためのアクセサリー。
本人無意識。

春菊さんのホラー、
(私にはホラーに見える…)
好きです。
精神的にぞっとします。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「死んでたまるか」

死んでたまるか!―波瀾万丈の人生と全闘病記 難病「掌蹠膿疱症性骨関節炎」完治への闘い…死んでたまるか!―波瀾万丈の人生と全闘病記 難病「掌蹠膿疱症性骨関節炎」完治への闘い…
(2005/04)
奈美 悦子

商品詳細を見る

病気のつらさだけでなく
仕事や、自分の才能や
人間関係など、
どんな苦しいことでも
苦しんでいるときは
絶対この闇があけることは無いと
思ってしまうが、
そういうときに読むと、力になる。

原因不明で
死ぬほどお腹が痛かった
半年の間、
呪文を唱えるように
この本を読んだ。
何回も読んだ。
呪文だから。
何回も。

このまま死ぬかもと
本当に思う状態で、
その状態から抜け出すのは
無理だ、あり得ない、
と思ってしまうほど
苦しい状態だったから、

奈美さんの死ぬほどつらい状態と
狂気の毎日を読んで、
でもその日々が今は過ぎ去っている
という事実を糧に、
「いつか必ず原因がわかる」
「いつか必ず痛みは治まる」
という呪文を。

そして今は治りました。
原因がわからないままだったら、
本当に下半身不随か、
悶絶死していたと思う。

変化するはずだということを
信じられなくなるのが
いちばん辛かった。。。
時間がたつと
変化は必ずしているんですね。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「はじめての文学 山田詠美」

はじめての文学 山田詠美はじめての文学 山田詠美
(2007/09/15)
山田 詠美

商品詳細を見る

はじめて詠美さんの本を読んだときには、
私にはまだ早い、と思った。
3年くらい寝かせてからまた読んだら、
ぐっと来た部分と
新たに分からない部分があった。

いまだに読むたび
違うところがぐっと来て、不思議。

だから本を読むのが好きになったんだと思う。

▼わかるかも!?と思ったら押してあげてください!!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「人はなぜ恋に落ちるのか?」

人はなぜ恋に落ちるのか?―恋と愛情と性欲の脳科学 (ヴィレッジブックス N フ 4-1)人はなぜ恋に落ちるのか?―恋と愛情と性欲の脳科学 (ヴィレッジブックス N フ 4-1)
(2007/09)
ヘレン・フィッシャー

商品詳細を見る

クリムトの表紙が
良いではないですか。
クリムトはたくさんモテていらっしゃった
そうじゃないですか。

帯に茂木健一郎さんの
--誰の中にもある「恋愛脳」の仕組みを知ることで、
--もっと人を大切に思い、前向きに生きることができる。
という言葉に、惹かれて
自分の恋心について
考察しながら読んでたら、
結局よく分からなかったわ~。

カテゴリを「賢くなる気がする」にしたけど、
賢くなっても恋には落ちないのだ。

恋に落ちたいから落ちるのよ。
うひひ。


クリムトの映画。
クリムト デラックス版クリムト デラックス版
(2007/04/25)
ジョン・マルコヴィッチ

商品詳細を見る
とにかく絵のモデルに
クリムトがモテまくる映画。
どこか幻想的で、
出てくる女性たちも
クリムトの絵のように妖艶。
もし近くにクリムトがいたら
当然吸い寄せられると思う。

▼ここまで読んだら押していただけると、励みになります!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「趣味は読書。」

趣味は読書。 (ちくま文庫 さ 13-3)趣味は読書。 (ちくま文庫 さ 13-3)
(2007/04)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る


趣味は読書、と公言していると、
「ベストセラー!」とか
「本屋大賞!」とか
「○万人が泣いた!」とか
そういう本を読んでないことに
罪悪感に似た気持ちを抱くことがある。

読書が趣味なんだから
ベストセラーは当然
読んでいるに違いないと思われて、
斎藤美奈子さんいうところの
「善良な読者」さんに、

「『100人の村~』感動したよね?」
と当然のように言われ、
「興味なかったから読んでない」
と答えると、
非国民みたいな目で見られる…。

「『鉄道員』泣けるよね?」
と当然のように言われ、
「設定が気持ち悪かったね~」
と答えると、
非国民みたいな目で見られる…。

コレだけ売れてるんだから
面白いに違いない、
その面白さが分からないのは
私が頭悪いのか?
と思って、2.5回読んで
やっぱり楽しさが分からなかった
「陰ナントカに咲く」や
「ナントカカントカ歩けよ乙女」
……。

でも、この本読んだら、
なんだかほっとした。
別に読まなくてもいいんだ!
もし、本は好きなのに、
ベストセラーに共感できない
自分を見つけたら、ぜひご一読。


とはいえ、取り上げられている本の
4冊に1冊くらいは、持ってたりもする私。
ちなみに取り上げられている本。
○;もう読んだ。
◇;今のところ読んでない

大河の一滴 (幻冬舎文庫)五木 寛之
日本語練習帳 (岩波新書)大野 晋
倚りかからず (ちくま文庫 い 32-2)茨木 のり子
光に向かって100の花束 高森 顕徹
働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)中島 義道
生きかた上手 日野原 重明
老いてこそ人生 (幻冬舎文庫)石原 慎太郎
頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)樋口 裕一
子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス)後藤 道夫
鉄道員(ぽっぽや)浅田 次郎
改訂版人間まるわかりの動物占い (小学館文庫)
巨泉―人生の選択 (講談社文庫)大橋 巨泉
朗読者 (新潮文庫)ベルンハルト シュリンク
白い犬とワルツを (新潮文庫)テリー ケイ
銀座ママが教える 「できる男」「できない男」の見分け方 (PHP文庫)ますいさくら
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー
妻と私 江藤 淳
蜜の味―ミレニアム・ミューズ 叶 恭子
プラトニック・セックス 飯島 愛
「みにくいあひるの子」だった私 梅宮 アンナ
アー・ユー・ハッピー? (角川文庫)矢沢 永吉
楯 二谷 友里恵
ふぞろいな秘密 石原 真理子
買ってはいけない (『週刊金曜日』ブックレット):『週刊金曜日』編集部
国民の歴史 新しい歴史教科書をつくる会西尾 幹二
永遠の仔〈上〉 永遠の仔〈下〉天童 荒太
「捨てる!」技術 (宝島社新書)辰巳 渚
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く アラン ピーズバーバラ ピーズ
冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)江國 香織
 冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)辻 仁成
サティスファクション―究極の愛の芸術 キム キャトラルマーク レヴィンソン
えんぴつで奥の細道 大迫 閑歩伊藤 洋
LOVE論―決定版 あなたのいいトコ探します (新潮OH!文庫) つんく
iモード事件 (角川文庫)松永 真理
金持ち父さん貧乏父さん ロバート キヨサキ
新しい歴史教科書―市販本 西尾 幹二
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か エリヤフ ゴールドラット
模倣犯〈上〉 模倣犯〈下〉宮部 みゆき
空想科学読本〈1〉 (空想科学文庫) 柳田 理科雄
海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 村上 春樹
電車男 (新潮文庫)中野 独人
五体不満足 乙武 洋匡
だから、あなたも生きぬいて 大平 光代
チーズはどこへ消えた? スペンサー ジョンソン
バターはどこへ溶けた? ディーン・リップルウッド
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3) J.K. ローリングJ.K. Rowling
声に出して読みたい日本語 齋藤孝
世界がもし100人の村だったら 池田 香代子C.ダグラス・ラミス
国家の品格 (新潮新書)藤原 正彦

▼ここまで読んだら押していただけると、励みになります!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「花火大会に行こう」

花火大会に行こう (とんぼの本)花火大会に行こう (とんぼの本)
(1997/07)
武藤 輝彦川上 信定

商品詳細を見る


花火が好きすぎて、
毎年昼15時からシート敷いて
お酒とおつまみと持って。
おなかにドド~ンと響いて
心臓がビクンとするのが
たまらん。

きれいな花火の写真だけでなく、
作り方とか、全国の有名な花火大会とか
花火好きには程よい内容。

花火が見に行けない日々は
この↓DVDで。
見ているみんなの、
「おおっ!!」「わぁ」
という声を聞けるモードにすると
臨場感があってよりよし。

花火 夜空に咲く光のファンタジー花火 夜空に咲く光のファンタジー
(2002/06/20)
小野里公成

商品詳細を見る

「役にたたない日々」

役にたたない日々役にたたない日々
(2008/05/07)
佐野 洋子

商品詳細を見る


いよいよ死ぬ気満々な佐野洋子さん。
死んだら困るのよ。
佐野さんが「友達が死ぬのは嫌」
と思っているのと同じように。
私は佐野さんが死んだら嫌なのよ。

「これ、あんたが書いた?」と
気の置けない友達に言われた。
私の頭ん中は、この本のように
支離滅裂で、過激で、もの忘ればかり。

私の頭の中は、外に漏れると
危険な思想ばかりで、
墓場まで持っていくつもりの秘密満載。
漏れていないつもりなのに
友達にはバレバレだった。。。

「漏れてますかねぇ?」と聞いたら、
「普通のときは漏れてないから大丈夫」と。
ほっ。

▼ここまで読んだら押していただけると、励みになります!▼
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。