Tバックで読書中 2009年05月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスメティック

第4章は「仕事と寝る女」。

素敵な男性上司の台詞。
--
僕は仕事柄いろんな女性を見てきて、
女性には二通りあることがわかりましたよ。
下品な言い方をしますが、
仕事と寝ることができる女と、
できない女です。
その男と寝るほどの仲になったら、
たいていのことは許してしまうものでしょう。
欠点にだって目をつぶることが出来る、
それと同じように、
文句や愚痴を言いながら、
仕事に惚れている女性がいます。
どうしても離れることが出来ない。
--

コスメティック (小学館文庫)コスメティック (小学館文庫)
著者:林真理子
出版社:小学館
出版日:2002/10
¥ 600

商品詳細を見る

私も仕事と寝る女かもしれない。
そんなに仕事第一ではないほうだけれど、
仕事に命を賭けていないと、できないのだ。
自分自身を許すことも、
相手を人間として尊敬することも、
友達になることも、
出来ないのだ。私は。

仕事以外の場面で出会う男の人にも、
「女性として素敵だな」と思われるより、
「こいつ仕事で使えるな」
と思われたい自分がいる。
そちらのほうが嬉しい自分に驚き。

切ない。。。

【Amazon】
コスメティック (小学館文庫)
★目次★
運命の身震い
綺麗を売る
見えざる嫉妬心
仕事と寝る女
情事
切った張ったの女
陰謀
都合のいい女
空しさの向こう側
そして最後に


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 
スポンサーサイト

わたしを磨く仕事の作法

耳が痛くもあり。
そうだそうだ!とこぶしを挙げたくもあり。

わたしを磨く 仕事の作法 (sasaeru文庫)わたしを磨く 仕事の作法 (sasaeru文庫)
著者:海原純子
出版社:成美堂出版
出版日:2007/09/10
¥ 550

商品詳細を見る

私にとって仕事とは、生活そのものなので、
最近はいよいよ分けて考えにくくなってきた。
「仕事」と「プライベート」。

だからこの本のタイトルの
「仕事」を「暮らし」に変えてみても、
私にとっては同じこと。

そう思って読み直すと
「仕事」に逃げている自分がよくわかる。

【Amazon】
わたしを磨く 仕事の作法 (sasaeru文庫)
★目次★
あなたをアンハッピーにする「つぶやき」
あなたが囚われている「勘違い」
あなたに知っておいてほしいこと
誰も教えてくれない人づき合いの話
カラダとココロの声を聞こう


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「雷は好き?きらい?」

雷怖い!でも好き…かも?
全身の総毛立つ!
大きい破壊音はとても苦手。
工事現場も、暴走バイクも
音が怖くて嫌い。

去年の夏、雷が毎日のように鳴っていたとき
ハリー・ポッターを1巻から読み通していて
物語の中から帰ってこれなくなりそうだった…。

古代の音では
「雷」は「神鳴り」。
だから神々しくて目が離せない。
身動きも取れなくなる。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「雷は好き?きらい?」です。突然天気が悪くなって、大きな音と共に訪れる雷!天候が崩れやすくなると、空が不安定になっていきなり鳴り出したりしますよね。怖いです。音がびっくりするし、自分に落ちてきたら…と想像すると恐ろしくて仕方ないので、斜..
FC2 トラックバックテーマ:「雷は好き?きらい?」


チエちゃんと私

人の縁はほんとうに不思議だ。
ばななさんのオカルトチックな世界だけで
奇跡は起きるわけではない。

チエちゃんと私 (文春文庫)チエちゃんと私 (文春文庫)
著者:よしもとばなな
出版社:文藝春秋
出版日:2009/04/10
¥ 540

商品詳細を見る

ミラクルすぎて、小説やドラマにしたら
「こんな筋書きありえないでしょ」
と突っ込みたくなるような偶然があって、
世間は狭いとか、
事実は小説より奇なりとか、
虫の知らせとか
あるんですね。。。本当に。。。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

アニマル・ロジック

帯状疱疹ヘルペスや
インフルエンザや
肝炎ウイルスや
HIVエイズウイルスや
人から人へうつっていくものが
身近に感じる出来事があるたびに思い起こす本。

アニマル・ロジック (新潮文庫)アニマル・ロジック (新潮文庫)
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:1999/10
¥ 860

商品詳細を見る

文庫も充分に分厚いが、
私の手元にある単行本は
なんと厚さ4.5cm。
重くて手で持って読むことは不可。

エイミーさんの
エッセイではよく見かける
かわいらしい雰囲気と、
小説でよく見かける
愛に情熱的な雰囲気が、
両方ある小説。

じっくり物語の世界に入りたい時期には
おすすめ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

マジック・ストーリー

自主的な動きでなく、
流れが外側から大きく変わり、
勝手に職場環境が変化してしまった。

本来の自分であれば、
自らは絶対に選ばない状況。

だらかアウェー感が強いし、
毛嫌いする感覚もあり、
それでは成功しないよね…
というのも感覚的に分かっているので
いまさらこの本。

マジック・ストーリーマジック・ストーリー
著者:フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ
出版社:ソフトバンククリエイティブ
出版日:2004/12
¥ 1,050

商品詳細を見る

感情の方向転換をするための
方向指示器にする。
そういう本の使い方もあると思う。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語

ファンタジーな恋愛と妄想の物語。
あり得ないような設定なのに、
この淡々とした文章のなかでは、
あたりまえのように起こる出来事。

そしてそれをすんなり受け入れて
読んでしまう。

乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語 (講談社文庫)乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語 (講談社文庫)
著者:佐野洋子
出版社:講談社
出版日:1999/02 ¥ 510

商品詳細を見る

たとえば。
私は名前を呼ばれるのが好きで、
好きな男が名前を呼んでくれないと悲しく、
名前を呼んでもらうためならなんでもする。
その、「なんでも」の狂い方が絶妙な物語。

私にとっては名前を呼ぶ行為は
リトマス試験紙。
呼ばれて、「げ。やめてよ」と思う相手のことは
好きではない。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

モモ

時間どろぼうに狙われて、
どんどん時間がなくなっていくの。

「はー、忙しい」
「時間がな~い!」
「早くしなくちゃ!」

こんな言葉が口癖になっているなら、
この物語にあなたは登場しているはず。

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
著者:ミヒャエル・エンデ
出版社:岩波書店
出版日:1976/09
¥ 1,785

商品詳細を見る

時間の使い方は伝染する。

いつもゆったりしていた人が、
ランチを食べに行くのにも小走りになったのは、
周囲の雰囲気のせい。

モモのように
おかしなことはおかしいぞと
気づけるように
自分の時間もみんなの時間も
大切に守ってあげたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ガール

女の様子をよく観察しているなぁ。

初めて書かれたのが2003年。
その当時の35歳くらいには
ドスンとくる内容だと思われる。

6年たった今の33歳の私には、
少し古く感じられるけれど、
大企業だとこういう感じなのかな?
女管理職って?などと想像。

ガール (講談社文庫)ガール (講談社文庫)
著者:奥田英朗
出版社:講談社
出版日:2009/01/15
¥ 580

商品詳細を見る

「念力をおくる」
「鼻の奥がつんとした」
という言い回しが何度も出てきて、
う~ん、それだけはいまいち。

最後の1編「ひと回り」は
あの人がモデルか?と思ってしまった。

やはり敬意を表すのは、
周囲が恐れおののきながらも、
「永遠ガール」として、
迷いなく「ガール」し続けるお光さんです。

【Amazon】
ガール (講談社文庫)
★目次★
ヒロくん
マンション
ガール
ワーキング・マザー
ひと回り


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

涙の理由

大好きなお二人の対談。
「泣ける小説」を書くと形容される重松清さん。
脳科学の視点から芸術や感動の仕組みを
考える茂木健一郎さん。
3月に茂木さんとすれ違って
興奮した日から2ヶ月以上たってしまったが…。

涙の理由涙の理由
著者:重松清 茂木健一郎
出版社:Takarajima Books
出版日:2009/02/07
¥ 1,200

商品詳細を見る

このなかでシゲマツさんはこう書いています。

「泣ける小説」と呼ばれることには違和感がある。
ほろっと泣いてしまった、とか、
ついうっかり泣かされてしまった
と言われるのは嬉しいが、
「泣ける」ことを期待して読まれる小説は、
勃起することを期待して読まれる官能小説と
同じようで、それは少し気持ちが悪いと。

シゲマツさん自身、
勃起させるための官能小説は書くのだが、
泣かせるための小説を書いているつもりはないと。

ただ、大衆小説か、純文学かと言われれば
自分の小説は大衆小説で、読み物であり、
純文学や、文学に限らず芸術に対する
強い憧れは持っていると。

泣ける、泣かせるということは
ファシズムにも通じ、
一律に泣くことを強要したり、それを利用するのは
本意ではないようだ。

涙がファシズムに通じると言うのは、
たとえば
「木口小平は死んでもラッパを離しませんでした」
という戦前の修身の教科書のような。

対話は、芸術とは形而上的か?
音楽や絵画は形而上になりうるが、
文学は形而上的・抽象的になりうるか?
文学で泣くことはあるが、
音楽や絵画をみて泣くことは稀で
泣いたとしたら、何によって泣くのか?
その涙の理由は?
というこの本のタイトルどおりの疑問に落ちていく。

「答え」というのは同感できないことも多いが、
「問い」は共感できる、ということが
私にとってはどきりとした。

小説や映画で泣くのは
「もらい泣き」であることが多い。
「自分の涙」がもてるかどうか。

次に読むときは、また違う感想を持つだろう、
と思うので、そのうち絶対また読む。

【Amazon】
涙の理由
★目次★
TVで見た悲しい事件に怒りを覚える理由
「涙」は「さんずいに戻る」と書く
有限の生しか持ちえない私達ができること
それぞれの時代の涙
いつか「自分だけの涙」を流すために

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

hon・nin 本人 叶恭子

本当に突き抜けている。
そして迷いがない。
それは私にとっての美の必要条件を
完全に満たしている。

hon-nin vol.08hon-nin vol.08
著者:松尾スズキ 宮藤官九郎
出版社:太田出版
出版日:2008/09/09
¥ 950

商品詳細を見る

あまりの状況に、
自分のふわふわした考えとか、
特にはっきりしない悩みとか、
本当にどうでも良くなる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ミクロの決死圏

高校生のとき、
妹の夏休みの宿題に、
この本の読書感想文が出て、
映画の方だけ見て書いていた思い出が。。。

ミクロの決死圏 (ハヤカワ文庫 SF 23)
著者:アイザック・アシモフ
出版社:早川書房
出版日:1971/04 ¥ 672

いま探したら、映画もDVDにはなっていないらしい。

私はアイザック・アシモフのような人が
永遠の憧れの男性像のようだ。

中学生のとき、図書室にあった
アシモフの選書集。
たぶん24冊くらいのシリーズだったと思う。
これのおかげで理科が好きになった。

あまりにも面白くて、
アイザック・アシモフアイザック・アシモフ…」
と唱えるように名前を覚えた。
完全に『好きな人』だった。

SF小説よりも、科学エッセイの方が好きだった。

今日読んだ資料にアシモフの名前が出てきて、
つい懐かしく。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

空中ブランコ

伊良部先生はやはり元気になりますね。
こういう邪気のない邪気というか、
心は健康に違いない!と思う人物像。

空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
著者:奥田英朗
出版社:文藝春秋
出版日:2008/01/10
¥ 500

商品詳細を見る

自分では、決して自分の姿は見えないもの。
伊良部先生が鏡になってくれる。
ストレスへの対処法が自然に鏡に映っている。
「自己評価は2割り増し」といわれたりしますから。
ついかっこいい自分ばかりが見えてしまいます。

ストレス発散に、散財大王になっている最近の私。
マッサージに行ってオプションつけない!
ちょっと高いシャンプーとか、化粧品とか、
最近疲れてるし…と言い訳してグレードアップしない!
いかに節約するか?というゲームを
そろそろ始めないといけません。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

スピリチュアルブライダルブック

白・赤・青・黄・黒とならんで、
手軽なマニュアルっぽいサイズで
値段もきっかり1000円で
売り方が面白い。

江原さん本人は、まったくもって
マニュアル本にはしたくないのでしょうが、
マニュアル本のような体裁にして
売れたら、そのうえで内容によって
「マニュアル本じゃないよ!」
「自分で考えなさい!」
と伝える戦略、とでもいいましょうか。

運命の赤い糸をつなぐスピリチュアル・ブライダルブック運命の赤い糸をつなぐスピリチュアル・ブライダルブック
著者:江原啓之
出版社:マガジンハウス
出版日:2006/08/23
¥ 1,000

商品詳細を見る

スピリチュアル・オーラブック 眠りに潜むメッセージ スピリチュアル・夢ブック スピリチュアルプチお祓いブック スピリチュアル タブー・ブック

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

内田春菊の悪女な奥さん

仕事なら、いざとなったら何でもする。
好き嫌い、得意苦手など言わず何でもする。
…いざとなったら。
可能ならば好き嫌いは言うし、
可能ならば得意を伸ばす方向を希望しますが。

反対に、仕事ではなく、
日常の生活の中身については
好き嫌いをいちばん大切にする。
そうするんだ!という決意のもと暮らしている。

内田春菊の悪女な奥さん
もっと悪女な奥さんもっと悪女な奥さん
著者:内田春菊
出版社:メディアファクトリー
出版日:2003/08/27
¥ 1,050

商品詳細を見る

「好き」を優先させるのは
良くないこと、という無言の教育を
受けてきませんでしたか?

私はいまでも時々、
「楽しむのは控えめにしなさい」
というプレッシャーを感じます。

しかし!私の場合、
「好きを最優先にすべし」と強制しないと、
許容範囲だけは、かなり広い私は、
ほとんどのことが我慢できるので、
日常生活が全部
我慢できる範囲に収まってしまう。
すべてが好きではないことで埋まってしまう。

で、またやっちまったのです。
「許せる範囲」に甘んじて、
つまらない時間を過ごしてしまった…。

自分が本当に我慢せずに
楽しく幸せに過ごせる時間かどうかを
吟味しないと、すぐ我慢大会になってしまう。
しかも我慢できてしまうので、
長時間勝ち抜いて、我慢大会で優勝しちゃう。

もうほんとうにちゃんと
自分の好きという感情を信じて、
自分の好きじゃないし興味ない、
という判断を信じて
選別しないと。。。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ニッポン・ビューティ 本物の女たちの美しい生き方

アラウンド80!
私の大好きな「女の先輩」本。
120歳まで生きたい私の道しるべ。
でも80歳になっても、
120歳まではあと40年もある!

わたしが70歳になるとき、
おそらくこの先輩たちの2人くらいは
まだ生きていてくれるのではないだろうか。
そのとき、生きるのが面倒になっていたら、
またこの本を読んで、
あら90歳って楽しそう!
あら120歳ってもっと楽しそう!
と思いたい。

ニッポン・ビューティ 本物の女たちの 美しい生き方ニッポン・ビューティ 本物の女たちの 美しい生き方
著者:Grazia編集部
出版社:講談社
出版日:2009/04/23
¥ 1,470

商品詳細を見る

「生活を愛すること、楽しむことも
自分のためにしていいんだ」
という吉沢久子さんのことば。

「21世紀は通い婚がいいんじゃない?
しかも一妻多夫」
という瀬戸内寂聴さん。

「『マダム・バタフライ』で蝶々夫人を
だまされて可哀そうな日本の女って
冗談じゃない!失礼しちゃう!
日本は強い意思のある蝶だと思い知らせるのよ」
と蝶のモチーフにした森英恵さん。

「『死ぬまで病気をしないためには
どうしたらいいですか?』
とお医者にきいたら、
『好きなことだけをやって生きていくことです。
進んでやる仕事をね』とおっしゃった。
おかげで以後50年間一度も
病気で仕事を休んだことはありません」
という黒柳徹子さん。

「私ほんと、意地が悪いの。
鬼みたいなのよ。
そんな私がここまでになったんですよ、
意志の力で。
私は、自分の理想とする自分でいよう、
と思います。
意志の力を使うんです。」
という修道女の渡辺和子さん。

みな80年という人生に裏づけのあることば。
インタビューのあとにすでに亡くなっている方もいる。
こんな素敵な話を、人生の後輩に
残してくれてありがとうございます。


堀文子
相馬雪香
朝倉摂
春日とよせい吉
瀬戸内寂聴
尾中千草
吉沢久子
斎藤公子
三木睦子
高野悦子
佐藤初女
黒柳徹子
森英恵
季羽倭文子
暉峻淑子
田辺聖子
森岡まさ子
小泉清子
福田みどり
渡辺和子


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

マリコはたいへん!

23歳のマリコ
24歳のマリコ
25歳のマリコ
・・・
36歳のマリコ
まで、各年齢のいろいろな職業や立場の
女性をみんなマリコと呼んでいる。
みんなたいへんなの!

マリコはたいへん! (小学館文庫)マリコはたいへん! (小学館文庫)
著者:松久淳
出版社:小学館
出版日:2008/09/05
¥ 420

商品詳細を見る

わたしもマリコ。
いっつもたいへん。
マリコ!マリコ!マリコ!

ほんとうは、私は
マリコがたいへん!なとき
いつでもふっとんでいってあげられるような
待機していてあげられるような
保険でいたいのです。

自分が自分のことでたいへんなのは
ちょっと不本意なのです。

表紙・イラストはリリー・フランキーさんです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

小さなお店のつくり方

誰でも一度は妄想したことがあると思う。
「自分がここの店長だったらこうするのに…」
って。

成功の秘訣小さなお店のつくり方 (祥伝社黄金文庫)成功の秘訣小さなお店のつくり方 (祥伝社黄金文庫)
著者:たかはたけいこ
出版社:祥伝社
出版日:2002/02
¥ 570

商品詳細を見る

私の場合、雑貨屋さんか
カフェ、バーなどの飲食店で妄想。

友人は、洋服やさんだそうだが、
私は自分が洋服を売る様子が
思い浮かばないので、これは却下。

金持ちの道楽やヒマなお店では嫌で、
ちょっとだけ気合が必要なくらいには
繁盛して、儲かりたい。

と言いつつ、自分が全部するのは
向いていないなー、と
この本を読んだ当時は思ったので、
毎回、ただの妄想です。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

自分の中に毒を持て

徹底的に芸術家で変人。
そんな太郎さんが好きだなー。
敏子さんのように、
太郎さんの母艦になってあげるのは
とても素敵でいいなーと思ってしまう。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
著者:岡本太郎
出版社:青春出版社
出版日:1993/08
¥ 490

商品詳細を見る

徹底的に危険なほうを選ぶと決めて
すべての選択をしていく。
そうすると迷わないので、たいへん速い。

迷わない様子は、
おのずと美しさが生まれてしまうので、
太郎さんの通った跡は、
すがすがしく美しかったに違いないと思う。

何かを決心したいとき、
もう一歩背中を押してくれる言葉がほしいとき、
どーんと行ってみよう!
と思える太郎さんの言葉だと思う。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

マダム小林の優雅な生活/夫の浮わ気

マダム小林かマダム黒木か。

マダム小林の優雅な生活 (幻冬舎文庫)マダム小林の優雅な生活 (幻冬舎文庫)
著者:小林聡美
出版社:幻冬舎
出版日:2001/06
¥ 480

商品詳細を見る


夫の浮わ気 (幻冬舎文庫)夫の浮わ気 (幻冬舎文庫)
著者:黒木瞳
出版社:幻冬舎
出版日:2000/04
¥ 480

商品詳細を見る

三谷幸喜さんのような
とんでもない変人に、たいそう興味があるので、
私はマダム小林を志望いたします。

普段の生活も不可思議で、
夫婦といえど、到底理解し得ないし、
いつも謎多き(でも何も考えていないかも…?)
というような部分がわくわくしそう。

それに対して、
自分に絶対服従していると
完全に自身を持った上で、
夫の浮気を疑ってみたりして、
いたぶっている風に見えるのがマダム黒木。
夫のことはすべてお見通しよ、
でもやきもちやいてみるごっこをしてみる、
というような高飛車を感じる。
(でも、そんなふうに思うのは私だけかも)

「女優」という働く女の生活を
比較してみました。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

蝿男

最近ソフトカバーの本、増えました。
かばんの中でしなやかで良いです。

かなりファンキーぎみな表紙。
短編小説集。
アンテナ/コンセント/モザイク
3部作のような発狂系ではなく、
「腐純愛小説集」と表紙にも書かれているとおり、
ちょっと愛が腐っちゃって、
狂っちゃった感じ。

朽ちすぎちゃって、ぼとっと
地面におっこちちゃった果実のよう。

蝿男蝿男
著者:田口ランディ
出版社:文藝春秋
出版日:2009/02
¥ 1,500

商品詳細を見る

短編なのに1本1本の内容が厚い。
「濃い」というような重苦しさではなく、
厚みというか奥行きというか
そのストーリーに流れている時間層が厚く、
文字数の少なさに対して、
物語内の時間が長く感じられる。

1単語も、1文字も、
句読点やブランクすらも
無駄なく物語を構成しているのだと思った。


最近自分の内面のぐだぐだばかり
書いていたら、
自分にものすごく飽きてきて、
すっかり冴えてきました。

【Amazon】
蝿男
★目次★
蝿男
サイボーグ・ナナ
すっぽん
海猫の庭
蛙たち
鍵穴


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

アカシア・からたち・麦畑

私は春から夏にかけての
この時期が苦手です。
毎年春先は調子が悪いのです。
春眠暁を覚えずとか5月病の仲間かも。

アカシア・からたち・麦畑 (ちくま文庫)アカシア・からたち・麦畑 (ちくま文庫)
著者:佐野洋子
出版社:筑摩書房
出版日:1992/10
¥ 630

商品詳細を見る

アカシアやからたちや麦畑を見て
佐野洋子さんが思い出す話。
子供のころの話。
恥ずかしい青春時代の話。

私はこの時期、毎年毎年、
大事なものを失くす・落とす。
どこに仕舞ったのか思い出せなくなる。

先月末、ネックレスが壊れ、
月曜にピアスを失くし、
水曜に壊れたネックレスを修理に出すつもりで
そのネックレスを失くし、
土曜にまた別のピアスをなくした。

頭の中でもやっとした状態。
がんばって注意しているつもりなんだけど、
4~6月はやっぱりだめだ。
ジャスミンがむせるように香るこの時期。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

アラマタ図像館4庭園

バラの季節です。
先輩のおうちのベランダは
ミニバラがどんどん背を伸ばし
花もいくつも咲いてかわいらしい。

バラ園で見たバラは、
「マリアカラス」とか
「プリンセスなんとか」など、
どうだーーー!!見ろー!!
ってな感じに巨大な花。
顔くらいある。大輪。

アラマタ図像館〈4〉「庭園」 (小学館文庫)アラマタ図像館〈4〉「庭園」 (小学館文庫)
著者:荒俣宏
出版社:小学館
出版日:1999/09
¥ 770

商品詳細を見る

昔の図鑑に描かれた手書きの植物を
荒俣さんの解説で。

昔ヨーロッパで、バラが咲かない時期に
バラ代わりに華麗に咲く花として
椿が重用されたというのを
聞いたとこがあり、
椿は首が落ちるから縁起が悪い
なんて教わったけど、
たしかに寒い時期に赤やピンクで咲く椿は
偉い!と見直した。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

女たちのジハード

久々にひっぱりだして読みました。
競売にかかったマンションを独身女が買う、
という部分が印象に残っていて
今回読んだら、その独身女は34歳で
会社では一般職で出世もせず、
お局的立場にあって、
未来もいまいち考えられず、
そんな様子が身につまされた。

女たちのジハード (集英社文庫)女たちのジハード (集英社文庫)
著者:篠田節子
出版社:集英社
出版日:2000/01
¥ 740

商品詳細を見る

篠田さんの写真を見ると、
その痩せた身体や笑顔でも鋭い顔に
なんだかこの本の中の
マンションを競り落とした康子さん
に見えてくる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

放課後の音符

高校生って楽しかった。
大人も、ますます楽しい。
高校生のとき読んで、憧れた大人の世界と、
大人になって、
振り返る幼い高校生の自分と、
どちらからもつながる「自分の芯」を感じる。

放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:1995/03
¥ 380

商品詳細を見る

そして。
またまた気づいてしまった。
自分のストライクゾーンの狭さ…。

中学生や高校生のころは
つきあうかどうかに関係なく、
「好きな人」というのが必ずいた。

クラス替えがあると
別の人が好きになっちゃったりはしたけれど、
まあ3年間で3人くらいの好きな男子がいたはず。

そのころは、同じ学校の人なら
話したことがなくても
顔と名前とクラスと部活と仲のいいグループ
くらいは当然知っていた。

そんな男子が一学年に200人くらい。
3学年で600人の男子。
その中から3人、好きな人がいた。
3人しか好きにならなかったってこと。

いま考えると、
「わりと詳しく知っている600人」
の中から3人。

中高あわせて、
1200人の男子の中から6人。
すごい数の男子を見ている!?
200分の1の確率でしか
好きにならないってこと?

社会人になってから10年、
「顔と名前とクラスと部活と仲のいいグループ
くらいは知っている」レベルの
知り合いになった男性は、
たぶん50人以下。
もしかしたら30人以下?

そりゃ出会わないはずだよ。
今年は人数だけは追い上げてますよ。
でも200人は結構遠い道のりだわ…。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

女は一日にしてならず

気づいてしまいました。
わたしったら、小学生のときから
好きになるタイプがずーーーーっと一緒。

いまさら気づいたのか?と思われそうですが、
仕方ないじゃない。
今まで気づかなかったんだから。

お勉強ができて、
ぱっちりおめめの人。
全共通。

女は一日にしてならず。
ちっちゃいころから培った好みが
今に脈々とつながっている。
三つ子の魂百までも。

女は一日にしてならず女は一日にしてならず
著者:カルーセル麻紀
出版社:幻冬舎
出版日:2005/11
¥ 1,200

商品詳細を見る

そりゃ一日にしてならず、です。
男の身体から出発ですから。

カルーセルはメリーゴーランドのこと?
刑務所のこと?

並々ならぬ努力家。
とある方が小菅の別荘に行ったとき
ニベアでお手入れして、
かなりニベアがやるな!と知ったという話が、
佐伯チズさんの
美肌の花道』に出てくる。
たぶん、麻紀さんのことです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

美人物語

世の中には、自分と似た人が
3人いると言われたりします。
自分の魂が飛んでしまって、
絶対いないはずの時間・場所で
見かけたよ、ということがあったりもします。

美人が2人。
ひとりはツンツンしていて、
ひとりは大阪弁。

美人物語 (光文社文庫)美人物語 (光文社文庫)
著者:島村洋子
出版社:光文社
出版日:2001/10
¥ 480

商品詳細を見る

深くも重くもなく、サクっと読める、
休み時間にぴったりな軽さの小説。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アンコ椿は熱血ポンちゃん

ポンちゃんこと山田詠美さんのエッセイ。
ポンちゃんシリーズ。

最近のポンちゃんの様子が
知りたくなると手に取るのですが
いつも楽しく飲んだくれ。

アンコ椿は熱血ポンちゃんアンコ椿は熱血ポンちゃん
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2009/03
¥ 1,365

商品詳細を見る

やはり詠美さんに関しては
エッセイより小説が読みたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

やめられない女たち

婚約解消3回、不倫、人妻、ネットで恋愛、
年下の彼に振られたときの衝撃…。

そんないろいろな恋愛下手の小説集。

やめられない女たち (幻冬舎文庫)やめられない女たち (幻冬舎文庫)
著者:真野朋子
出版社:幻冬舎
出版日:2005/12
¥ 520

商品詳細を見る

これ小説?実話でしょ?
これはあの人の話で、こっちはあのときのこと?
みたいな。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

恋愛運の上げ方

秋元康さんのご意見にいちいち納得。
なかなかどうして、秋元さんの言ういい女方面に
向かっていると思うのですが
さっぱり恋愛運が上がりません…。

恋愛運の上げ方 (角川文庫)恋愛運の上げ方 (角川文庫)
著者:秋元康
出版社:角川書店
出版日:2004/08
¥ 460

商品詳細を見る

この本は、
「ねえ、何読んでるの?
ためになった?ためになった?
秋元さんはなんて言っているの?」
と熱かった友人のもとへ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

続きを読む »

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。