Tバックで読書中 2009年06月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモヨ、まだ九十歳

人生80年と思うと、
60歳くらいからすでに
シメに入りそうで、
だらっとやる気もないし、
体力もおちるし、
「どうせ…」とか、1日100回くらい
言ってしまいそうなので
私は120歳まで生きることにしてみた。

そうすると80歳からまだ40年あるので、
やってて暇しないことを、
いまから少しずつ用意しないと。
「どうせ…」とかいいながら、
60年過ごすのは
むちゃくちゃ辛そうだから。

モモヨ、まだ九十歳 (ちくま文庫)モモヨ、まだ九十歳 (ちくま文庫)
著者:群ようこ
出版社:筑摩書房
出版日:1995/09 ¥ 483
商品詳細を見る

そうなると本当に、
90歳は「まだ」なんです。
たのしそうな90歳のばあちゃんになりたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 
スポンサーサイト

賢いオッパイ

おっぱいの下降に恐怖。
大きくて垂れるのなら、
仕方ないか、と思える。

しかし、小さくても垂れるのだよ。
ぺそっと。

賢いオッパイ (集英社be文庫)賢いオッパイ (集英社be文庫)
著者:桃井かおり
出版社:集英社
出版日:2003/05
¥ 670
商品詳細を見る

垂れちゃいかん!というのも
つらいけど、できる限り抵抗してみます。
桃井ねえさん。

若い男?つまんない。だめだめ。
だって。
人生つんでてくんないと、
話がつまんなーい、って。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

カルボナーラばかり注文するな

双雲さん、好きなのです。
とても本音を吐き出した感じの、
エッセイです。

同じ年齢の親近感もあり、
男友達と、日々の自分について、
飲みながら、でもすごくまじめに、
話しているような感覚になるのです。

カルボナーラばかり注文するな―双雲流自分への小言カルボナーラばかり注文するな―双雲流自分への小言
著者:武田双雲
出版社:春陽堂書店
出版日:2009/01
¥ 1,260
商品詳細を見る

そもそも、
書道や墨の匂いが大好きで
その方向から双雲さんをみて
純粋に、彼の字が好み。

たとえばエロおやじみたいな人だったとしても、
彼の手(字)が好みだと思う。
また書道、習いに行きたいな。
そのうち探してみよう。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ソーイングの基礎

ついに、手を出してしまった。
ミシン。

作りながらマスターする、ソーイングの基礎。―月居良子のソーイングレシピ作りながらマスターする、ソーイングの基礎。―月居良子のソーイングレシピ
著者:月居 良子
出版社:文化出版局
出版日:2008/02 ¥ 1,575
商品詳細を見る


コンパクトミシンコンパクトミシン
proza grande コンパクトミシン ホワイトーピンク PGZ-0229

商品詳細を見る

この狭い部屋に、小さくて軽い子を。
ルーガ』と名づけちゃおうか。
ミシンに話しかけられてしまうかも。

女の巣窟、生地屋でふらふらして、
いろいろ見ちゃったし。
浴衣なんかの作り方も
ふむふむ、なんて見ちゃったり。

実際、いちばんの理由はコレ
決めちゃいました。
あっはっは。練習しろって。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

かもめ食堂

仕事から帰ったら、
ガスコンロ周りに、赤い液体が飛び散った
スプラッタ状の跡が…。

!!!

びっくりしたけど、よく考えたら、
朝、寝ぼけながら、立ったまま
熟れたトマトを丸かじりした跡だった。

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
著者:群ようこ
出版社:幻冬舎
出版日:2008/08
¥ 480
商品詳細を見る

健康的でおいしいものを少しだけ食べて
外国で、わりとコツコツ一生懸命はたらく、
中年の女たちの話。

おいしそうなサンドイッチが出てくる。

パワフルでもなく、
大逆転や大成功もなく、
流され、でも淡々と暮らすために
でも、こうしたい!というこだわりはもち
めんどくさい中年女たち。

今後の自分の方向の1パターンを見る感じ。

続・人生学校虎の巻

会社の飲み会にて、
「あのぉ、不倫ってできるタイプですかぁ?」
と質問された。

どんな答えを期待されていたのか知らないが、
「私?相手が結婚しててもしてなくても、
素敵な人は素敵と思うし、好きになる。
でも、嫁と別れてから、告白しろって感じ。
それから付き合うかどうか考えるわ。」

と、まるでめちゃくちゃモテル女のような
答えをしてしまった。
だって1番じゃないと嫌なんだも~ん。

続・人生学校 虎の巻続・人生学校 虎の巻
著者:美輪明宏
出版社:家の光協会
出版日:2008/02
¥ 1,680
商品詳細を見る

この本は農協系出版社の発行する雑誌に
連載している、美輪さんの人生相談。

息子が引きこもっている、とか
不倫した夫が謝ってくれても許せない、とか。

縁あって直筆サイン入り。

もし答えは分かっているけど、
でも悩んでしまう、うらやんでしまう、
憎んでしまう、、、というときは、
発想の転換をしてくれる本。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

愛と美の法則

本の内側、全ページに風景などが
背景に印刷されていて
贅沢なつくりの1冊。

本屋で見つけたらちょっとめくってみて。
カラーインク、たくさん使ったなーって。

愛と美の法則愛と美の法則
著者:美輪明宏
出版社:パルコ
出版日:2009/04/08
¥ 1,890
商品詳細を見る

内容は、美輪さんの
自慢とも受け取れるような話。
でもいいの。
私、美輪さん大好きだから。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

お母さんという女/オトーさんという男

日本中のオトーさんとお母さんが
このなかに。

お母さんという女お母さんという女
著者:益田ミリ
出版社:光文社
出版日:2009/04/24
¥ 1,260
商品詳細を見る

オトーさんという男オトーさんという男
著者:益田 ミリ
出版社:光文社
出版日:2009/05/22
¥ 1,260

商品詳細を見る

「そうそう!うちの親も同じ!」
と思うようなことが、
なんでこんなにもたくさんあるのか?
ものすごくなぞです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

本物の経営/幸運と成功の法則

こういうの、いまは流行らないのかな?
会社は人材を育てるために。
会社は世界をよくするために。
社員は会社が儲かるために。

実践 本物の経営実践 本物の経営
著者:船井幸雄
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2004/10/08
¥ 1,575
商品詳細を見る

幸運と成功の法則幸運と成功の法則
著者:船井幸雄
出版社:グラフ社
出版日:2003/08
¥ 1,300
商品詳細を見る

なんだろう?
せっかくみんなの役に立つサービスを提供し、
儲かってもいる事業なのに、
人が育たないって、
やはり会社としての存在意義が
無い気がしてしまうなぁ。

それじゃあ、誰がやっても、
どこの会社がやっても同じじゃない?
「これぞ○○社の仕事だよね」
と言われるような、
愛のある仕事がみたいよな。。。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

はじめて考えるときのように

会社の人事評価システム、
各人が考えるように作られたようで、
使い方がたぶんまちがっているから
どんどん自分では考えない人間が、
ブロイラーの鶏のように増えるシステム…。

だめじゃない?

はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)
著者:野矢茂樹
出版社:PHP研究所
出版日:2004/08
¥ 650
商品詳細を見る

妙な疲れが出るのです。

人は人らしく、みんなが
知恵を出しあうのがいいのではないかと。

管理だけをして、
同じ作業を同じようにできる
仕組みだけ組んで、
人並み以上の体力がある人だけが
より多く作業をこなして誉められ、
普通の体力で、考える脳のある人は
スピンアウトする。

それじゃあ会社のレベルは上がりませんよ…社長。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

信じることと、疑うこと

信じるほうが楽。
疑うほうが苦しい。

しかし。

本当の意味で信じることは
楽ではなかったりもする。
危機管理した上で、
人事を尽くして天命を待つ状態で、
信じる。

そして、万が一裏切られても
そのどんな傷も悲しみも受け入れる強さと
その傷を自分で癒す耐える力が要る。

信じることと、疑うことと (ちくま文庫)信じることと、疑うことと (ちくま文庫)
著者:なだいなだ
出版社:筑摩書房
出版日:1996/05
¥ 588
商品詳細を見る

心配して気遣って、
結局、嘘をつかれていたとわかった時の
がっくり感…。

何度か経験して、
自分の治癒力も信用できるようになってくると、
がっくりはするけど、
怒りはわかなくなってきた、かな?

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

空に小鳥がいなくなった日/うつむく青年/魂のいちばんおいしいところ

心を落ち着ける時間をつくるために
詩集を。
ちょっと小難しい詩集がいい。
感じるのに集中力を要する程度に。
もってこいの谷川俊太郎さん。

魂のいちばんおいしいところ―谷川俊太郎詩集魂のいちばんおいしいところ―谷川俊太郎詩集
著者:谷川俊太郎
出版社:サンリオ
出版日:1990/12
¥ 1,223
商品詳細を見る

空に小鳥がいなくなった日空に小鳥がいなくなった日
著者:谷川俊太郎
出版社:サンリオ
出版日:1990/03
¥ 1,325
商品詳細を見る

詩集 うつむく青年詩集 うつむく青年
著者:谷川俊太郎
出版社:サンリオ
出版日:1989/10
¥ 1,223
商品詳細を見る

変型サイズの素敵な表紙。
これを読みつつため息でもついてみれば
文学少女のように見えたはず。
1990年当時の15歳の私なら、、、ね。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

鳥の仏教

鳥好き&ブッダ好き。
チベットでの鳥の物語により
仏教を説くお話。

高貴な鳥として「のど青鳥」のお話が
チベットでは昔話としてある。
その「のど青鳥」はカッコウ。

ヨーロッパの「幸せの青い鳥」は
鳥の種類は不明となってしまったが、
このチベットのお話あたりから
発しているのではないか?とも。

そのチベットの昔話の教訓的部分と、
仏教の教えが融合して、
チベット仏教の教科書として
成立したのではないか、といわれているのが、
この「鳥の仏教」。

鳥の仏教鳥の仏教
著者:中沢新一
出版社:新潮社
出版日:2008/11
¥ 1,470
商品詳細を見る

日本でもヤオロズの神として、
山の神、海の神、道具の神…
すべてに神が宿るとする日本古来の信仰と、
仏教が融合して、現代に至る部分がある。
そういう状態と似ているようにも思える。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

「釈迦」の遺言

ブッダの教えを、わかりやすく読める。
こういうものに手が伸びるときは、
内心、困っているときなのです。
まあ心当たりはあるわけです。

「釈迦」の遺言―「現在(いま)の不安」を取り除く99の知恵「釈迦」の遺言―「現在(いま)の不安」を取り除く99の知恵
著者:志村武
出版社:三笠書房
出版日:2004/01 ¥ 1,365
商品詳細を見る

いま目につくのは
「執着しないこと」。
最近の自分の行動を振り返れば、
執着したり、固執したりしがち。

諸行無常であるから
執着する必要はないし、
執着しても無常だし、
執着するのは苦しいだけだよ

というメッセージを強く受け取る。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ばらっちからカモメール

今日みたいに雷が鳴って怖い日や、
地震があった気がするけど、どうだろう?
と思う瞬間に、
そういうことを伝えても許される相手が
ほしいなと思う。

ばらっちからカモメールばらっちからカモメール
著者:鴨志田穣 西原理恵子
出版社:スターツ出版
出版日:2003/03 ¥ 1,260
商品詳細を見る


続 ばらっちからカモメール―最後のラブレター続 ばらっちからカモメール―最後のラブレター
著者:鴨志田穣 西原理恵子
出版社:スターツ出版
出版日:2004/10
¥ 1,260
商品詳細を見る

夫婦はその組み合わせでしか
成立しないものなのだな、と
感じさせる夫婦。

そういうつがいを見つけたいものです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

S4G

S4G=Sex For Girls!

春菊さんが性教育をテーマに
書いたまんがです。

S4G~Sex For Girls!―女の子のための性のお話S4G~Sex For Girls!―女の子のための性のお話
著者:内田春菊
出版社:飛鳥新社
出版日:2007/10/11
¥ 1,000
商品詳細を見る

自分はどう考えているのか、
どう刷り込まれているのか、
知るきっかけになりそう。

女子に性欲があることは
理解されてきたのかなと思う今日この頃。
草食系男子、肉食系女子とかって
結局そういう強さも含む言葉でしょう?

自分としては、
自分は結構幸運なんだなー
と思ったりします。
感謝までしちゃいます。

でも感謝するのは変で、
もっと当然のようにみんなが
幸せなセックスしてればいいはず。

性欲と実際のセックスのバランスが大事な気がする。
変な刷り込みはやめよう。
変な大人たちよ。。。

日本は明るい性の国なんだよ。
天照大神を天岩戸から出したのは
アメノウズメのストリップなんだから。
「レッツ!!古事記」

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ためらいもイエス

仕事に逃げて出世して、
恋愛を棚上げして、
周りの誤解を上手く利用して嘘ついて、
どんどん自分の首を絞めていく
29歳の主人公のバージンのお話。

ためらいもイエスためらいもイエス
著者:山崎マキコ
出版社:文藝春秋
出版日:2004/04/21
¥ 1,78
商品詳細を見る

ここに出てくるロストバージンは
なんだか残念な感じ。
世の中のみんながもっと
いい経験をしていることを祈りたい。

文庫がでているようです。
ためらいもイエス (文春文庫)ためらいもイエス (文春文庫)
著者:山崎マキコ
出版社:文藝春秋
出版日:2007/12/06 ¥ 690
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

あなたも妊婦写真を撮ろう

最近一般の人が妊婦写真をとれる
スタジオが流行っているとテレビで見た。
hitomiのアルバムの写真も素敵だし。
LOVE LIFE 2(DVD付)LOVE LIFE 2(DVD付)
著者:hitomi
出版社:エイベックス・エンタテインメント
出版日:2009/06/24 ¥ 3,500
商品詳細を見る

でもエグく感じる人もいるのでしょうか?
悪趣味だと感じる人もいるんだろうなと思う。
そういうことがまったく言い出せない
世間の雰囲気ですが。
さらし物にするべきではない、
という考えがあってしかるべきだし。

あなたも妊婦写真を撮ろう―『私たちは繁殖している』うらばなしあなたも妊婦写真を撮ろう―『私たちは繁殖している』うらばなし
著者:内田春菊
出版社:PARCO出版
出版日:1998/01
¥ 1,365
商品詳細を見る


わたしは…
もし妊娠することができたら
撮ってみたいかも。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

フラメンコを歌おう!

フラメンコを歌おう!フラメンコを歌おう!
著者:エンリケ坂井
出版社:パセオ
出版日:2004/01
¥ 4,095

商品詳細を見る

フラメンコ、血が騒ぐ。
秋の自主ライブ、出るかどうか、悩み中。
レッスン厳しいんだよな~。

カンテ(歌)も練習中。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

きれいになるラヴ&セックス

綺麗な身体とはどんなもの?
肉体美ってどういうもの?
美の基準が難しい。。。

叶恭子 Love&Sex叶恭子 Love&Sex
著者:叶恭子
出版社:小学館
出版日:2007/03/28
¥ 2,310

商品詳細を見る

最終的には好みの問題?
自分の身体を
自分好みに作りこんでいく、
目指す美しさがどれか、という差だけで、
叶恭子さんはボディビルダー並に
相当筋トレしている。

あの豊満な胸が、ぴくぴく動かせるんだから。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

金魚生活

金魚好き。
だからジャケ買い。

金魚生活金魚生活
著者:楊逸
出版社:文藝春秋
出版日:2009/01
¥ 1,400
商品詳細を見る

中国語では
金魚は金余と同じ音で、
カネがあまるということで
気に入られているそうだ。

全然カネはあまらない未亡人が
金魚に癒されている小説。
金魚の様子は、詳しくは書かれていないのに
癒される気持ちに共感できる。

私も金魚好きだからか。
泳ぐ姿を見ると気持ちよくなれる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

結核病棟物語

咳が止まらない。
横になると発作のように連続。
眠れない。
全身使うので、腰まで痛い。

結核病棟物語 (新潮文庫)結核病棟物語 (新潮文庫)
著者:斎藤綾子
出版社:新潮社
出版日:1997/05
¥ 420

商品詳細を見る

最近お笑い芸人が罹ったりして、
急に話題に上ったが、
私が学生のときにも
身近にいたので、
そんなに珍しくないことを知っていた。

咳は体力を奪うので苦しい。
早く治れ!と自分の身体を呪いつつ祈る。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

無趣味のすすめ

村上龍さん、TVで見ていても
好きなので、つい買ってしまった。

無趣味のすすめ無趣味のすすめ
著者:村上龍
出版社:幻冬舎
出版日:2009/03/26
¥ 1,260

商品詳細を見る

実際、内容的には、無趣味であることを
すすめているわけではない気がする。

自分にとって仕事とは何を指すのか、
生活とは何を意味するのか、
趣味と気分転換は違う、
というような一般の言葉の定義に、
すこし踏み込んで考えてみたような内容。

「ワークライフバランス」という言葉に
最近、違和感を覚えた私としては、
似たようなことを村上さんが書いていて
勇気を得たような気分。
ワークはライフそのものだから、
天秤の左右でバランスを取るようなものではないから。

かなり内容は薄いので
通勤電車で1日でよめちゃうかも。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

オバサンとサムライ

日本はオバサンとサムライでできているって話。
オバサン候補生の私には元気が出る話。
女は面白くて強くて素敵な生き物。

オバサンとサムライオバサンとサムライ
著者:養老孟司 テリー伊藤
出版社:宝島社
出版日:2004/07/22
¥ 1,100

商品詳細を見る

最近立て続けにくだらない男を見ちゃって
男ってつまらん。
女の方がいい。
女は、ほかの女のことも、自分のことも、
とても客観的に評価できている人が
わたしのまわりにはたくさん。

最近見た男はポイントがずれすぎの率が高い。
そこは人間的魅力の評価に関係ないんだけど、
と立て続けに思わされてがっかりの連続。。。
素敵な男は、自分が素敵だってわかってないし。
あなた素敵なのに、って。

幸せになりたいじゃないですか。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

仕事は楽しいかね?

仕事はね、楽しいよ。
楽しくないと、やってられない。
8時間も。毎日毎日。
だから楽しくする工夫はいっぱいするよ。
努力もするよ。
楽しくする努力だから、
それ自体も楽しいよ。

仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
著者:デイルドーテン
出版社:きこ書房
出版日:2001/12
¥ 1,365

商品詳細を見る

「働く→お金が儲かる→嬉しい」
これは絶対の法則。
私は自分で働いたお金を使うのが快感。

つらいならやめてもいいし。
つらいなら楽しむ工夫をしてもいいと思う。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

いけちゃんとぼく

あなたのいけちゃんは?
わたしにとってのいけちゃんは、
飼っていたインコだったのかも。
よく一緒にしゃべっていました。
なぐさめてくれました。

大丈夫、大丈夫って。

いけちゃんとぼくいけちゃんとぼく
著者:西原理恵子
出版社:角川書店
出版日:2006/09/01
¥ 1,155

商品詳細を見る

最近ますます働くね!サイバラかあさん。
ずいぶん有名になったようで、
3年前は、私の周りで
サイバラを読んだことがある人は
2人くらいしかいなかったのが、
いまでは10人くらいになったよ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

これは恋ではない

そう。
これは恋ではなくって
ただの遊びよベイビー。

これは恋ではない―小西康陽のコラム 1984‐1996これは恋ではない―小西康陽のコラム 1984‐1996
著者:小西康陽
出版社:幻冬舎
出版日:1996/12
¥ 2,310

商品詳細を見る

小西君、と呼んでしまうのですが、
どうしてだかわからないけど、
とてつもなく好き。

この曲、なんか気になるなーと
思っていたら小西君の曲。
このCDジャケット、なんか気になるなーと
思っていたら小西君のプロデュース。

このエッセイの中の
映画や音楽の話は、
私にはさっぱりわからない。
ただ淡々とならぶ日本語は美しく感じる。

意外と声が素敵なところも好き。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

スピリチュアル処方箋

朝起きて、ぼーっとしてたら、
鼻血がどぼどぼ出てきた。。。
なんだよ~。

週末から調子がのどの調子が悪く、
しゃべりにくかった。
こういうときは、「口は慎め」ということ。
言わなくて良いことを
自分がすっきりするためだけに
言ってしまいそうな時。

そういうからだのサインから
読み取って、アドバイスをもらう方法。

本当の幸せに出会うスピリチュアル処方箋 (王様文庫)本当の幸せに出会うスピリチュアル処方箋 (王様文庫)
著者:江原啓之
出版社:三笠書房
出版日:2005/01
¥ 650

商品詳細を見る

鼻血は?
「鼻持ちならない」とか「鼻につく」とか
鼻は、傲慢のしるし。

別にスピリチュアルな視点でなくてもわかるよね、
聞きたくないことがあるから難聴になる。
人の粗探しばかりしていると目がかすむ。
悪態をついていれば人相が悪くなる。
いいたいことを我慢していると口がゆがむ。

失敗にはいつまでもとらわれない。
失敗は自分の力で成仏させる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

白夜行

めずらしくこういう感じを手にしたのは、
友達に借りたからなのですが。
何しろ厚い!
文庫なのに、3.5cm!854ページ!
人の本でなかったら3分割に
ちぎって持ち歩きたいくらい…。

白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
著者:東野圭吾
出版社:集英社
出版日:2002/05
¥ 1,050

商品詳細を見る

かなり長いわりには早く読めた。
その点では面白かったとも言えるかも。

これは推理小説というものになるのか、
ジャンルがよくわからないが、
背景を推理するということ以外の、
ストーリーや文脈については、
私の好みではなかった。

そういう意味で、
私にとっては読後に特に何も残らない。

「余韻が残る」「後味が悪い」など
良し悪しともに、「残る」感覚を
いくつかのレビューで見かけたが。

もう一度読みたいという
心の震えは特に感じないが
それは推理小説全般に言えることか。

解説で馳星周さんがノワール小説の傑作
東野圭吾の代表作だ、と
大絶賛しているのが逆に印象的だった。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

贅沢貧乏のマリア

森茉莉さんをたどる群ようこさんのエッセイ。
群さんは、人物エッセイとして
いろんな人のことを書いているが
これがもっとも群さんの文章の魅力と、
題材である森茉莉さんの魅力が
強烈に出ている気がする。

贅沢貧乏のマリア (角川文庫)贅沢貧乏のマリア (角川文庫)
著者:群ようこ
出版社:角川書店
出版日:1998/10
¥ 460

商品詳細を見る

かなり奇天烈なマリアさんに対する
憧れもある。
このように徹底して「私は私」で
生きる強さがほしい。

私は迷ってばかりで美しくない。
周りからは私はすでに
ずいぶん強く見えているかもしれないが、
まだ全然足りない。
本当は弱いの…と言いたいのではなくて、
いまより、もっともっと強くなりたいの!

「美しさ」=「迷いのなさ」
と定義している私にとっては
迷いあるのはまだまだ美しくない。
美しさを体現できるようになりたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。