Tバックで読書中 2009年07月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しようよ。

したかっただけ、、、ですかね?

--
不倫が流行らしいけど、
この世には夫のことしか考えていない女もいる、
ということをわかってほしいもんだわ、
と私はワイドショーの人生相談を見ながら
考えている。

しようよ。 (Chu chu colors)しようよ。 (Chu chu colors)
著者:島村洋子
出版社:イーストプレス
出版日:2000/02
¥ 1,470
商品詳細を見る

いやー、したいと思えるほど
惹かれているかどうか、が
私にとっては重要なんですが。

ずっと夫のことが大好きなら
それは幸せだろう。。。

餃子屋で、歳の差10歳の女6人、
結婚と恋愛と性について語る夜…。
女暦5年と女暦15年はやっぱり重みが違う。
外からは計りえない壮絶な経験も感情も。
長生きするほど経験が増えるって
本当に勉強だし修行だと思った。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 
スポンサーサイト

こども

こども時代を覚えていない私は
佐野洋子さんの本の中の
こどもの感情で
自分の記憶を修正しているかもしれない。

こどもこども
著者:佐野洋子
出版社:リブロポート
出版日:1984/01
¥ 1,575
商品詳細を見る

自分にこどもがいれば、
また追体験する機会もあるのかもしれない。

自分の病気や高齢、相手のことを考えると
どんどん可能性は低く。
ああ、私のこどもに会いたかったな。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

あの庭の扉をあけたとき

こどものころの感覚、
こんなにも見たまま感じたまま
覚えていたら、すごい。

佐野洋子さんの本を読むと
いつもそう思わずにいられない。

あの庭の扉をあけたときあの庭の扉をあけたとき
著者:佐野洋子
出版社:偕成社
出版日:2009/04
¥ 1,260
商品詳細を見る

夢か、現実か、妄想か、
でもこどもにとっては真実の、
混沌とした感じ。
私が地面とつながって、他のいきものと
栄養のやり取りをしていたころの感覚に近い。

自分の親以外のおとなは
とってもおっかなかったこと、
電車で知らない人とくっついて座るのが
おそろしかったことを思い出した。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

お金もうけは悪いこと?

ぜんぜん悪くないよねー。
とっても大事なこと。
きちんと向き合っていない人が
品性が悪いのだよ。

お金もうけは悪いこと?お金もうけは悪いこと?
著者:A.クレメンツ
出版社:講談社
出版日:2007/08/11
¥ 1,260
商品詳細を見る

異性への条件が高すぎる、
と言われる私ですが、
2つに絞っていったら、

1お金
2外見

になってしまった。
非難ごうごう。
やんややんやと責め立てられた。

しかし。

1お金=経済観念。
多ければ多いほうがいいけれど、
使い方を知らず、品性のない人はいや。

2外見=内面。
顔つきも、服装も、
内面が現れたものだと信じている。

そもそもフィーリングが合えばいいので、
この2つがまったく同じであれば、
気の合うほう、という漠然としたもの。
勘でしかない。
超ピンポイント…。
勘が外れても、その責任は自分でとるから。

ところで、本の話に戻ると、
こども向けの、経済観念に関する物語。
主人公の男の子は、
ときに品が悪く、意地汚く、
ときに他人と違う発想で価値を売り出す。

お金もうけを悪いことだと思っている人や、
こどもに質問されて困った!
という人にはお役立ち。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

世界一の美女になるダイエット

先週熱がでて寝込んでいたら、
むくんで身体が重い。

少し運動が足りなかったので、
歩いて20分の買い物に。
行き20分、
お店を何件も歩き回って2時間
帰りに20分
しっかり歩いたら、
汗をかいたらむくみもとれた。

美しく痩せたい。
でも食べたい。
なら食べればいい。
ただし、食べるものを選びなさい、
と書いてある。

世界一の美女になるダイエット世界一の美女になるダイエット
著者:エリカ・アンギャル
出版社:幻冬舎
出版日:2009/04
¥ 1,365
商品詳細を見る

ありがたいことに、
私が好きなものは、食べなさい、
と言われるもの。

ジャンクフードやお菓子は食べたくなるけど、
食べた後にオイシクナカッタ…
と思うことが多い。

食事として食べるものは
食べた後に満腹感と満足感がある。
そういう、日本のおばあちゃんの食事を。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

和の暮らしを読み解く難読漢字

お相撲、また今日で終わりました。
2ヶ月に1回、テレビを楽しみに見ています。
会社でも、だいたい毎日見ています。
技とか、役とか、覚えていません。
でも、昔から見ていました。
小学生のときも、高校生のときも。

ここ最近は、ずっと朝青龍が好きなので、
負けると残念です。

この本にお相撲の難しい漢字も出てきて、
そのあとに、時代劇(これもテレビで見るのが好き)だの
江戸の街角だの出てきて、
私はやっぱり江戸時代の人なのか?
と思う。

和の暮らしを読み解く難読漢字和の暮らしを読み解く難読漢字
著者:藁谷久三
編集:松岡大悟
出版社:宝島社
出版日:2005/02/02
¥ 1,365
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

感じるからだ

女が枯れる、女性性が傷つく、
女であることが、
女が、女が、女が…
と繰り返し書かれているが、
内容は女だけのことではないように感じる。

自分を正視せずにきた人が、
「人」という「いきもの」らしい
瑞々しさを認識しようとする話。

誰の中にもあるはずの
女性性や男性性。
そういうものの存在を
自分の中に認めていくために
光野桃さんが歩んだ道をおさらい。

感じるからだ感じるからだ
著者:光野桃
出版社:文藝春秋
出版日:2009/05
¥ 1,500
商品詳細を見る

光野さんが常識・当然と思っていることが、
文章中のいたるところにあふれている。

それを読者に押し付けるわけではなく、
むしろ、当たり前のこととして
話を進めているが、その当たり前は
誰にでも当てはまるわけではないことに、
気づいてすらいないかも。

たとえば、シルバーシートに対する気持ちや、
山で貴金属を見るときの気持ち。
わたしはそうは思わない。まったく。

これらはわかりやすいキーワードだが、
2~3ページに1箇所くらいの
ものすごく多い頻度で、
おや?へぇ?そんなふうに思うんだ、と
自分の前提とは違う考え方に
気づかされる。

これと同じくらいの割合で、
私にとっての当然や処世術のようなものは、
他人から見たら、びっくりされるような
全然当たり前ではない気持ちになるのだろう。

本人いわく、「ゴリゴリ、ガッガッガッ」
と仕事人間をしてきた光野さん。
本の終わりの方に、本来は素直で無邪気だ、
と聞かされ、驚いている場面がある。

この本ははじめからずっと、
この人の感受の強さや気づきの多さが、
まさに素直さを表現しているし、
この本以前の著書でも、
無邪気な好奇心の塊のような文章ばかりなのに、
こういうことは、本当に、
知らぬは本人ばかりなり、なのだな。

かもめ食堂の映画
小林聡美さんの姿勢について
素敵だと書かれていた。
私は映画は見ていないのだけれど、
小林聡美さんは好き。

【Amazon】
感じるからだ
★目次★
さまよう「からだ」
感じるからだレッスン
感じあうからだ


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

人のセックスを笑うな

淡白な二人だが、歳が2倍。
別に色っぽくも美しくもないおばさんと
若者。
でも二人の間にしかわからない
テンションがあり、淡々とセックスする。
それを他人は笑ってはいけない。

人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
著者:山崎ナオコーラ
出版社:河出書房新社
出版日:2006/10/05
¥ 420

商品詳細を見る

最近、自分の二の腕の肉が柔らかく
年齢を感じる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

学問

欲望というものの愛弟子となり、
そんなら自分は兄弟子だ、
と幼いときから、すでに理解している
人たちの話。
欲望という科目を徹底的に学んでいる
だから「学問」なのかな?

学問学問
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2009/06/30
¥ 1,575
商品詳細を見る

本当に詠美さんの本は
「文学」という感じがする。
エロの部分もひっくるめて。
意味深長だな…難しくてよくわからん、
と思わされることも含めて。

最後のページを読んで即、
1ページにもどって読む。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

歌舞伎キャラクター事典

コクーン歌舞伎、今年は「桜姫」。
6月は現代劇、7月は歌舞伎
という贅沢な2本を
両方見に行ってしまったぜ。

歌舞伎キャラクター事典 (PHP文庫)歌舞伎キャラクター事典 (PHP文庫)
著者:荒俣宏
出版社:PHP研究所
出版日:2009/06/01
¥ 780
商品詳細を見る

今の常識とはぜんぜん違う前提で
歌舞伎の中の人々は行動するので、
その前提を少しだけこの本で勉強すると、
より歌舞伎は楽しめる。

親子の命より忠義のほうが大事とか。
間男・間女・遊女は別に悪いことではなくて、
ばれると嫉妬で殺されかねないだけだとか。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

俺たちのR25時代

R25モバイル、終了ですね。

俺たちのR25時代 (日経ビジネス人文庫)俺たちのR25時代 (日経ビジネス人文庫)
著者:R25編集部
出版社:日本経済新聞社
出版日:2005/11
\ 680

商品詳細を見る


こういう働く人の働く話は大好き。
働く女は出てきませんが。
今はなきキヨシロウさんのインタビューも。

【Amazon】
俺たちのR25時代 (日経ビジネス人文庫)
★目次★
・挑む
石田衣良 糸井重里 松尾スズキ 布袋寅泰 笑福亭鶴瓶 哀川翔 高橋名人
・鍛える
唐沢寿明 福井晴年敏 萩本欽一 九重親方 テイ・トウワ ガッツ石松
・続ける
忌野清志郎 奥田民生 京極夏彦 楳図かずお モンキー・パンチ トータス松本 八嶋智人
・這い上がる
武田鉄矢 江川達也 吉田秀彦 藤岡弘、 井筒和幸 つんく


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

やせる!腰回しダイエット

夏ですから、ダイエットしなきゃ
いけないような気がしてきます。
でも暑くてわざわざ汗だくになるのが
どうにも無理。

下半身からみるみるやせる腰回し!ダイエット (王様文庫)下半身からみるみるやせる腰回し!ダイエット (王様文庫)
著者:SHINO
出版社:三笠書房
出版日:2007/12
¥ 560
商品詳細を見る

とにかくまわすだけらしい。
実際、骨盤の向きは大事だなーと。
姿勢をよくしようとしたつもりが、
出っ尻になりがちだったのを、
尻は引っ込めて、骨盤立てて
腰が湾曲しないようにしたら
腰痛は治りました。

だれでも日ごろの癖で、
変な方向で骨盤をロックするような
癖を筋肉につけてしまっているものなので、
それをぐるぐるぐるぐる回して、
ロックしている筋肉をまずほぐして、
骨盤をいい位置に戻そうね、
というやり方。

やせるには、
努力は絶対的にひつようですな。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

一瞬で相手をオトす洗脳術

このタイトル、扇情的ですが
中身はシンプルな
1つの技法を公開している、
とても薄い本。
中身に書いてあることは、
全部、帯に書いてあるので、
開かなくても中身はわかるくらい
単純ですが、強力な技です。

一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】
著者:苫米地英人
出版社:マキノ出版
出版日:2009/06/15
¥ 1,365
商品詳細を見る

単純にこの表紙が鳥で、
わたしがものすごーく心引かれる
模様であることも、手に取った理由。

あとは、この技の訓練を
各自がんばってね、という内容。

ストーカーを自ら作ることにも
なる可能性があるので、
それは注意してくださいね。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

小学生日記

どうしても小さいころのことは忘れてしまう。
どんな感性で暮らしていたのか。
どんなものを見ていたのか。

きょうはおじいちゃんと
みかんをたべました
おいしかたです

でもいいから書き残しておくべきだと感じる。

小学生日記 (角川文庫)小学生日記 (角川文庫)
著者:hanae*
出版社:角川書店
出版日:2005/07/23
¥ 460
商品詳細を見る

hanae*改め華恵さん。
こんなに自分の感じたことを
文章に表現できた12歳とは
なんと成熟しているのだろうと思う。

自分にはこんな風に書き記すことは
できなかっただろう。
でも、こんなふうにいろんなことを
感じてはいたのだろうと思う。

家族のこととか、
ともだちのこととか、
どう感じていたのだろう?

いま覚えている事柄は
決して楽しいことばかりじゃなかったし、
つらいことばかりでもなかった。

でも何が好きだったか、
いつも何をしていたか、などは
まったく覚えていない。

今となっては、今の自分に都合のいいことしか
覚えていない。

たぶんその当時すごく大切にしていたことも
覚えていない。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

あっちの女こっちの猫

全身の毛穴が全開になって、
ぼわっと体温が上がる、というのを
久しぶりに経験した。

サプライズを仕込まれたわけではなく、
こちらがまったく期待をしていなかった場面で、
偶然、成り行きでおきた出来事が、
自分にとって、思いっきり嬉しいことだったとき。

近頃は、怒りで体温がぼぉぉぉ!!っと
めらめらすることの方が多いから。

あっちの女こっちの猫―佐野洋子画文集 (アートルピナス)あっちの女こっちの猫―佐野洋子画文集 (アートルピナス)
出版社:講談社
出版日:1999/11
¥ 1,575
商品詳細を見る

たとえば野良猫と
目が合ってなついてくれたとき。
たとえばもう出ないと思っていた
佐野洋子さん新刊が出たとき。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

不倫(レンタル)

不倫と書いてレンタルと読む。
ちょっと相手をお借りします、
という調子。
どろどろべたべたした恋愛の物語ではない。

--
いまだに処女の30女、力石理気子(美人)に
ロマンスが訪れた。はたしてみごとに
「セックスをしていただける」か?
ぬるいフェミニズムと甘いナルシシズムに
パワーボムを食らわす、闘魂ハイパー文学!
--

だそうです。

不倫(レンタル) (角川文庫)不倫(レンタル) (角川文庫)
著者:姫野カオルコ
出版社:角川書店
出版日:2001/02 ¥ 580
商品詳細を見る


力石理気子の淡々とした感情、
分かる気がするのだ。

なんでそんなことであなた悩むの?
はじめから分かっていたじゃない?
それはそれ。
これはこれ。
でも恋しちゃっている行動をとる、
そんな理気子さんのことを
他人事に思えない…。

▼わりと100位以内にはいます▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

愛のかたち

やまだ紫さんのまんがは
どれもこれも、
大嫌いな自分だけど、それを抱えて、
生きていかなきゃならないよなー
と思うようなものばかり。

愛のかたち愛のかたち
著者:やまだ紫
出版社:PHP研究所
出版日:2004/11/18
¥ 1,470
商品詳細を見る

一人の夜は寂しいなーとか。
相手がいても寂しいなーとか。
電話1本でも幸せになれるとか。
あとが寂しくても一瞬だけの幸せに
浮かれる自分を馬鹿だなーとか。
夫や子どもを持ってみたかったなーとか。

でも今の自分が自分だから
しかたないなぁ
これで生きていかなきゃなぁと。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

空とぶライオン

ライオンは、強くて優しくて
ちょっと頭が緩んでいる。

空とぶライオン (佐野洋子の絵本)空とぶライオン (佐野洋子の絵本)
著者:佐野洋子
出版社:講談社
出版日:1993/11
¥ 1,470
商品詳細を見る

4歳の賢い私の友人は
このライオンがブルーになって
空を飛んでいるように見えるページが
怖くて仕方ないらしい。

ライオンが怖いわけではなく、
この本にだけ泣く。

このライオンは確かに
哀しさが漂っていて、
泣きたくなる。

全然子供向けじゃない、
佐野洋子の絵本。

私に子供ができたら
全部買い揃えるぞー、
なんて思っていたが、
その気配がないので、
いつの間にか自分用に
どんどん買うようになった。

でも読むほどに、
子供向けでない内容…。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

猫楠―南方熊楠の生涯

最近、V6のやっているTV番組で
「クマグス」というのを見かけた。

くまぐす!?
I LOVE くまぐす!の
クマグス!?
いやそれしかないでしょ?
でもなんで?という驚きと発見の喜び。

猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)
著者:水木しげる
出版社:角川書店
出版日:1996/10
¥ 700
商品詳細を見る


内田春菊さんが途中で放り出した漫画
クマグスのミナカテラ
のところにも少し書きましたが、
物知りで大変人、妖怪系の人は
大変興味があるのです。

TV番組の「クマグス」も
何かに異常に詳しい人に解説をさせて、
それにV6が「食いついた!」かどうかを
判定していく、というような構成だったような。

荒俣宏さんもこのくくりで大好きなのです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ひとりぐらし

30代後半~40歳の女の
一人暮らしの物語。
パラサイトから抜け出して一人暮らし
通勤のためやむなく一人暮らし
夫が死に、娘が独立して一人暮らし
実家で両親を看取って一人暮らし
私にとってちょっと未来の風景のよう。
身に迫るものがある。

ひとりぐらし (文春文庫)ひとりぐらし (文春文庫)
著者:藤堂志津子
出版社:文藝春秋
出版日:2002/09
¥ 470
商品詳細を見る

将来、60歳の独り身のばあさんになったら
家は貸してもらえないな、、、
そうしたら実家をどうにかするか、、、
と考え込んでいた時期もあったが、

「いまは不動産過多だから、
ばあさんだって、独り身だって、
保証人がいなくたって、
今月分の家賃が払えるなら貸してくれるよ!」

と不動産関係の知人にいわれ、
それもそうかと納得した。

なんとかなるわいな。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

日本人なら「気品」を身につけなさい

よくなりたいと思うことと
よく見せたいと思うことは、
まったく別のアプローチ。

よくなりたいというのは
この本のタイトルにあるようなに
「気品」を身につけたいということ。

よく見せようとすると「下品」になる。
どうしてもよく見せたいと思ってしまう。
努力の仕方を間違えてしまう。

フジテレビ「ボクらの時代」での鼎談本。

ボクらの時代 日本人なら「気品」を身につけなさいボクらの時代 日本人なら「気品」を身につけなさい
著者:瀬戸内寂聴
美輪明宏
平野啓一郎
出版社:扶桑社
出版日:2008/02/09 ¥ 1,260

商品詳細を見る

つい最近の話。
自分にとってのモットーとは?と聞かれ、
「自然体」と答えた先輩。
私はその人のつねに飄々とした様子や、
空から爆弾が降ってきても、
ほんの1メートル差で助かってしまいそうな
雰囲気が大好きで、
モットーとして「自然体」を掲げて、
自然体であろうと努力して
自然体であることを知った。

この本の中に
「自然体が一番素敵に見える」
という段があり、セレンディピティを感じる。

背筋を伸ばして、
正しい方向への努力をして
「気品」を磨きたいと思う。

【Amazon】
ボクらの時代 日本人なら「気品」を身につけなさい★目次★
気品と威厳を身につけなさい
瀬戸内さんと美輪さんの出会い
自意識を持って、自分を磨きなさい
役者と作家の不思議な関係
成功する秘訣を身につけなさい
「金だけ持った馬鹿ばかりの国」と言われないために
教育が日本をダメにした
美しく生活する術を身につけなさい
恋をしなさい
楽しく歳をお取りなさい
作家として生きるということ、生き残るということ
スピリチュアルなハナシ


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

右の心臓

心臓が右にあって、
体が弱く、幼いうちに死んでしまった
お兄さんのお話。

右の心臓右の心臓
著者:佐野洋子
出版社:リブロポート
出版日:1988/11
¥ 1,365

商品詳細を見る

お兄さんと洋子ちゃんは
別の体だけれども、
どこからが自分で、
どこからがお兄ちゃんか、
肉体的にも、精神的にも、感覚的にも
分離していないような
幼い時代の身体感覚で書かれている。

私自身も小学生のときは、
どこまでが自分で
どこからが他人か
という区別がまったくない子だったので、
その感覚は不思議と身に染みてわかる気がする。

分離していない、というのは、
うまく説明できないけれど、
他人の怪我も痛いし、
他人の怒りや喜びもそのまま自分の感情になるし、
でも「共感」というのとはまったく違う。
完全に自分の一部という感覚。

全部の生き物や無機物は、
地面の土を通して、
血がつながっているくらいに思っていた。
栄養のやり取りをしていると感じていた。

だから、これは、今の私から考えると、
少しおかしなことに思えるかもしれないが、
自分の好みというものがなかった。
好き嫌いという感情はなかった。
いや、あったかもしれないけれど、
まったく意識に上ってこなかったので、
好き嫌いでものごとを選択した記憶がない。

いまと大違いです。

そういうごちゃごちゃもやもやした
子ども時代の混沌とした感覚が味わえる
作品です。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

谷川俊太郎の問う言葉答える言葉

谷川俊太郎さんは
わたしが始めて自分のもの、
といえたの背表紙に書いてあった名前。
ひらがなもまともに読めないときに、
図形としてインプットされている名前。

谷川俊太郎の問う言葉答える言葉谷川俊太郎の問う言葉答える言葉
著者:谷川俊太郎
出版社:イーストプレス
出版日:2008/12
¥ 1,365

商品詳細を見る

詩人という職業のなかの
スーパースターなわけです。
そして、詩人という職業が
この世に必要なんだと思わせてくれる人。

世界は静けさ・虚空・沈黙の中にしかなく、
どんな騒々しさも、静けさの中にしか存在しえず、
虚空の「空」が「くう」という音なのも
かわいらしくてよい、というようなことが
書いてあったような気がする。

気がする、というのは、
誤読もまたあり、という前提で、
今の私が感じた読み取りということです。

その、静けさ、虚空、沈黙が
大地となって、すべての音、光などが
存在する。
恋や愛や性も、その大地の上で熟す。

いまどきは、何もかもが
偽者の「どピンク」な大地に、
味の薄い恋風味の甘味料が
大量にあるばかりで、
少しも満足していない人がたくさんいる。

たぶん40年位前は、
銭、銭、銭、と言って、
金メッキ色の大地だったのだと思うけど。」

***

詩人はなにをする人か、という問いに、
詩は、誰かが詩を読むひと時のためにあり、
日々のためにある。
人生は日々そのものである、と。

大工さんに家を建てる義務があるように、
詩人には詩を作る義務がある筈だ、と。

すべての芸術もやはり、
日々生きていくためにこそある。
究極的に実用的。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

あやつられ文楽鑑賞

文楽=人形浄瑠璃です。
人形、意外に大きいです。

「型」があって、それを何度も
再現することの素晴らしさを感じる。
「型」を習得するための
お稽古というのが、またいい。

あやつられ文楽鑑賞あやつられ文楽鑑賞
著者:三浦しをん
出版社:ポプラ社
出版日:2007/05
¥ 1,680
商品詳細を見る


歌舞伎を見ると感じることだが、
同じ演目を、
・誰がどう演じるか?
・誰と誰の組み合わせで見たいか?
・何年かぶりで、どう感じるか?
など、ストーリーは知っている前提で
楽しむ、ということに、面白さを感じている。

次は文楽に行きたいなとおもいつつ、
おそらくは、私は歌舞伎の方が
好みなのだと思う。

違いは、もちろん文楽が人形による表現。
歌舞伎は役者中心のエンターテイメント。
「型」の面白さというのは共通するかも。
人形の動きの「型」によって、
表情の変わらない人形で、感情を表現する。

歌舞伎は、役者によって
「型の決まり方」が違ったりすると
それが味になり、ファンをもつ。
だからこそ、その演目の役名ではなく、
役者自身の屋号(「型」の持ち主)を
上演中に声かけたりするのだ。

「なかむらや!」
「なりこまや!」
「なりたや!」

義太夫(三味線にのせて、
ストーリーを語り、台詞を語る
渋い声のあれです)に痺れる。
文楽はすべてが義太夫なのでどっぷり浸る。
聞き取れた瞬間の幸福感がすごい。
義太夫のCDを買うほどです。
邦楽全曲集特選8/義太夫さわり集邦楽全曲集特選8/義太夫さわり集
著者:オムニバス竹本春子大夫
出版社:コロムビアミュージックエンタテインメント
出版日:1995/05/20 ¥ 3,059
商品詳細を見る
この喜び、あまり通じたことはない。。。

歌舞伎の場合は、役者の台詞があるので、
義太夫は、役者に合わせて
文楽よりは脇役になっていると思う。

義太夫のあの声は誰にでもできるものではないし、
へたくそがやると酷いだろうなー、
とは思っていたが、
江戸時代には、みんなが文楽好きで、
趣味の習い事として町人たちも
義太夫をうなっていたそう。
下手な義太夫を聞かされるのは
たいへんだ、という落語もあるらしい。

知らなかった!

やっぱり江戸時代に義太夫を
いそいそと習いに行っていたクチだろう、私。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

たま先生に訊け!

おい!
くらたま!
なんだ、なんだ、第2子妊娠中って!
まさにだめんずのネタの男だー!
たま先生。。。

たま先生に訊け!たま先生に訊け!
著者:倉田真由美
出版社:双葉社
出版日:2002/06
¥ 900
商品詳細を見る


たま先生に訊け! (2)たま先生に訊け! (2)
著者:倉田真由美
出版社:双葉社
出版日:2003/05
¥ 900
商品詳細を見る

もう絶対まんがにされることが
わかってるのに、ことに及ぶ男も
かなり見上げた男だし。

どんな暮らしになるのか
すごく楽しみ。次回作を期待!
たま先生らしい発見があるはず。

素晴らしきかな人生!?
本当に何があるか分からなくて
わくわくしちゃうね。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

江戸名所図会を読む

7月です。
花火大会の時期です。
花火が好きで好きで堪らず。
そわそわしてしまうのです。

東京の花火大会といえば隅田川。
江戸時代から隅田川の花火はあるそうで、
「たまや」と「かぎや」の火薬屋の
技術合戦のすえ、たまやは爆発事故により消滅…。
それをしのんで今は「たまや~~」
と声掛けるとか。。。

「花火大会に行こう」
に書いてありましたが。。。
偶然にも、花火でそわそわし始めて
この↑の記事を書いたのは、
同じ7月6日です。

江戸名所図会を読む江戸名所図会を読む
著者:川田寿
出版社:東京堂出版
出版日:1990/09
¥ 3,045
商品詳細を見る

こちらの本は、江戸図会を挿絵に、
江戸の暮らしを見てみましょうよ
という本。

「両国橋」には、まさに
隅田川に花火が上がっている図が
描かれている。

江戸時代は、真っ暗、真っ暗、
真ーーーっ暗な夜空に
星と、花火がぽすんとあがって、
今よりもずっとずっと小さい花火だろうけれど、
打ちあがったときの晴れ晴れ感は
如何ほどかと想像するだに
心が躍る。

やっぱり江戸時代に
生まれたのかもね、私。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

艶つやメイク

肌触りがいい、というのは
とてもいいことだ。
たまたま自分の手の甲が
つるつるですべすべだと、
たいそう機嫌が良くなる。
無意識に撫ぜ撫ぜし続けてしまう。

佐伯チズメソッド艶つやメイク―「お手入れ」しながら「メイク」で美肌になる (講談社プラスアルファ文庫)佐伯チズメソッド艶つやメイク―「お手入れ」しながら「メイク」で美肌になる (講談社プラスアルファ文庫)
著者:佐伯チズ
出版社:講談社
出版日:2005/07
¥ 660
商品詳細を見る

手入れやメイクは日々のことなので、
どんどん変形して、
おかしな自己流メイクになってしまう。
とてもオリジナリティあふれる
おかしなメイクのおばさん、
たまに見かけるでしょう?

だから、ときどきは
こういう本を読んだり、
雑誌のメイク特集をちゃんと読んだり
少し軌道修正していかないと。

チズさんは
『「顔はかわらない」なんてうそ』
とおっしゃっています。
うん。長い年月でつく癖が
左右をばらばらにしたり、
噛み癖でゆがんだり、
頬杖のせいでずれたりしている。
逆に、好きな顔に整えれば
動いてくれる、ということでもある。

最近の私は、化粧水を少しケチった。
紫外線も強い時期ですし、
1ヶ月で1本くらいのいきおいで
たっぷりつけてみたいと思います。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

エレガンス

立ち居振る舞いはとても大事。
通勤電車の女性専用車両で、
(うわ、男の人が乗ってる…
うっかり乗っちゃったんだろうな…)
と思ったら、がさつな動きの女性だった。

腕組んで、男らしい足取りで、
立ち姿が、がさつな男のようだった。

顔をよーく見たら、
可愛いと思われたいに違いない、
研究したお化粧に、
ふりふりしたブラウスを着ていた。

立ち居振る舞いが、
本人の望む自分の姿と、
まったく逆を示していることに
気づいていないようだ。

エレガンスエレガンス
著者:キャスリーン テッサロ
出版社:二見書房
出版日:2003/10
¥ 1,785
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

脂肪

このエロスがいいんです。
さすがにアラーキーの仕事。

脂肪 (新潮文庫)脂肪 (新潮文庫)
著者:中島唱子 荒木経惟
出版社:新潮社
出版日:1998/10
¥ 420
商品詳細を見る

若い女の肉は、はじけるように堅い。
熟女の肉は、とろけるように柔らかい。

熟女って30~40代のことね。

このごろ、熟女の定義が
すんごく上の方に偏っていますが。
50~60代は「熟」よりも
もっと落ち着いた枯れたものになっていたい、
というのが私の希望なので。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

大人の女が美しい

「最近、熟していい感じ。」
と男性陣にお褒めいただいた。
おほほ。
熟女ってこと?
意外とうれしい。
若い女よりいいと言ったあなたは
立派な男だ。

大人の女が美しい大人の女が美しい
著者:長沢節
出版社:草思社
出版日:1981/11
¥ 1,575
商品詳細を見る

この本は、たぶん、
山田詠美さんと誰かの対談で
出てきたので読んだのだと思う。
齋藤薫さんと光野桃さんの対談だったかな?

中身はとにかく、厳しい。
誉めて伸ばす、とかではない。
結構スパルタ。
その分、ピシッと背筋が伸びる。
背が丸まったら、ばあさんだから。

果実もきちんと熟すまで、
正しい道のりを歩まないと、
大変なことになる。
若々しい実は苦かったりえぐかったり。
水分が必要なんでしょ?と
水遣りをしすぎて、
熟す前に、腐って落ちたらもったいない。

水遣りすぎて、腐りかけの女、
最近多くないですか?
青くて硬いまま腐ってるのに
木に針金で縛り付けて、
気づかない振りしてる女、
最近多くないですか?
そんな臭い女には誰も寄り付かないよ。
おなか壊すもん。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。