Tバックで読書中 2009年08月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイク・ミー・シック

エイミー、若い。
写真が豊富なエッセイ集。
いつものエッセイでの
ポンちゃんとは違う雰囲気。

写真はどれもセクシーでチャーミング。
こういう表情のできる女がいい。

メイク・ミー・シック (集英社文庫)メイク・ミー・シック (集英社文庫)
著者:山田詠美
出版社:集英社
出版日:1994/01
¥ 500
商品詳細を見る

モテファッションとか、モテアイテムとか、
そういうものに吐き気がしていたこのごろ。

あーもーそういうのどうでもいい!
私が気持ちよくいたいだけ!
好きなようにするぞ!
と思ったら、急にすっきり。

エイミーさんはいつも
それを貫いている感じがする。
20年前も、今も。
迷ってばかりの私。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 
スポンサーサイト

いたいいたいはとんでいけ

私が小さいときに言われていたのは、

「痛いの、痛いの、飛んでいけ~」

少しだけ節が違う。

ばあちゃんの手は、
転んでぶつけた膝小僧を
ぐりぐりと撫で回して、
その間に、ぶつけた痛みは
紛れてなくなってしまった。
飛んでいけ~で、膝を離れた手は
空に向かって、何かを投げ捨てた。

いたいいたいはとんでいけ (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 2)いたいいたいはとんでいけ (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 2)
著者:松谷みよ子
 絵:佐野洋子
出版社:偕成社
出版日:1977/09 ¥ 735
商品詳細を見る


怖い夢を見て、夜中に目が覚めて、
何が怖かったのかは思い出せなくても、
怖い気分だけが抜け切れなくて、
もう一度眠ることができなくなってしまった
夜中の3時ごろ。
真っ暗で、
怖くないと思える朝日はずっと先で、

「怖い夢を見て眠れなくなったの。
もし起きていたら何かメールちょうだい」

と頼んだら、

「怖いの、怖いの、飛んでいけ~」

とメールをくれた。
嬉しかった。眠れた。
単純。
愛って単純。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

白川静の世界

漢字の白川静先生。
日本の祭りの歴史やいわれなどにも触れていて、
漢字が成り立つ過程での
神と対話するための文字であったり、
神そのものを写し取ろうとしたり、
神への儀式を象形していることなどから、
「まつりごと」を説明している。

その祭りの写真が
迫力があり、美しいムックになっている。
漢字の話だったことは忘れるほど。

白川静の世界―漢字のものがたり (別冊太陽)白川静の世界―漢字のものがたり (別冊太陽)

出版社:平凡社
出版日:2001/11
¥ 2,625
商品詳細を見る

花火大会などのイベント祭りが終わって、
秋祭りの様子を感じると、
夏が終わったなーと思う。

セミの声がこおろぎの声に変わった。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

努力ゼロでやせる!「脳活性ダイエットCD

らくに痩せようという魂胆です。
いまから聞きます。
ものすごく痩せたらまたお知らせします。

努力ゼロでやせる!「脳活性ダイエットCD」努力ゼロでやせる!「脳活性ダイエットCD」
著者:苫米地英人
出版社:マキノ出版
出版日:2009/04/24
¥ 980
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

贅沢な恋人たち

恋人たちにとっては
その相手が自分にとって
贅沢な時間をくれなくては、
恋愛の旨味がない。

どんな恋愛であっても、
その恋愛中は贅沢な時間になる。

贅沢な恋人たち (幻冬舎文庫)贅沢な恋人たち (幻冬舎文庫)

出版社:幻冬舎
出版日:1997/04
¥ 480
商品詳細を見る

村上龍
山田詠美
北方謙三
藤堂志津子
山川健一
森瑤子
村松友視
唯川恵
氷室冴子

やはりいいですな~。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

せつない話

好きな作家が編者となった短編集は、
新しい別の作家への足がかりとなり、
世界を広げてくれる。

せつない話 (光文社文庫)せつない話 (光文社文庫)
著者:山田詠美
出版社:光文社
出版日:1993/10
¥ 650
商品詳細を見る

吉行淳之介
瀬戸内晴美
田辺聖子
八木義徳
丸谷才一
山口瞳
村上龍
D・H・ロレンス
A・カミュ
F・サガン
H・ミラー
T・ウィリアムズ
J・ボールドウィン

せつない話〈第2集〉 (光文社文庫)せつない話〈第2集〉 (光文社文庫)
著者:山田詠美
出版社:光文社
出版日:2000/06
¥ 620
商品詳細を見る

有島武郎
宇野千代
水上勉
田辺聖子
田中小実昌
中上健次
宮本輝
森瑤子
内田春菊
T・カポーティ
A・P・ド・マンディアルグ
W・M・ケリー
D・レーヴィット

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

キッパリ!

どうにもキッパリ!とは
いかない仕事がありまして。

いや、仕事そのものが、ではなく、
私がその仕事に向かう気持ちが
キッパリしていないんですね。

キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 (幻冬舎文庫)キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 (幻冬舎文庫)
出版社:幻冬舎
出版日:2008/08
¥ 480
商品詳細を見る

キッパリ!しているほうだと
思われるタイプですが、
内面はぐだぐだです。

面倒→やりたくない→
→どうせやっても変わらない→
→いや、変わるけど→
→変わると仕事増えるかも→
→面倒…

というデフレスパイラルな気持ち。

書いてみてよくわかります。
仕事は別に増えないんです。
だって1個終わるんだから。
新しくなるから新鮮なはずなんです。
でも、年寄りっぽく、新しいことに
面倒さを感じてしまっているのです。

ここをどう越えるか。

私なりのドライな性格で越えるなら、
こなす。
ただやってみてしまう。
淡々と。

そうすると、溜まっていることに対する
ストレスはなくなるはず。
視界が開けて、元気になれば、
新しいこともできるはず。

作業に対して悩むというのは
もっとも建設的でない時間。

最近、「悩む」「迷う」がキーワード。
その瞬間を減らしたいと思うことが多い。

危機管理とか、シミュレーションとは
別物。
危機管理やシミュレーションを
きちんとすれば、
「悩む」「迷う」はなくせるのではないかとも。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

眠れぬ森の美女たち

精神科医の香山リカさんが書いた小説。
主人公が精神科医を引退し、
30年後に女性だけで共同生活する
老人ホームもどきを作ろうとする話。

眠れぬ森の美女たち (河出文庫)眠れぬ森の美女たち (河出文庫)
著者:香山リカ
出版社:河出書房新社
出版日:2000/05
¥ 609
商品詳細を見る


以前、
「結婚しなくていいですか―すーちゃんの明日」
この帯にある

--まさか「ワーン」と泣くとは思わなかった。
--あー、びっくりした
--『恋空』を読んでも『ホームレス中学生』を読んでも泣かなかった私が泣いてしまった。しかも号泣。

というコメントを読んで、
この人、大丈夫?と思った。
あまりにも突っ込みどころが多すぎる。

こっちがびっくりするよ、と思い、
なんだかぎこちなさを感じる。
「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」
のときにも思った。

もとをただせば、もっと前から、
つまり、この小説を読んだときから、
私の中に違和感はあったことを
思い出した。

本の中の主人公の精神科医は、
体内に子を宿したときの気持ちを味わってみたくて、
そのときの彼に、こういう。

「ねえ、絶対に途中で中絶するって約束するからさ。三ヶ月くらい妊娠してる気分を味わってみたいんだけど、ダメかなあ」

これは、小説。
小説の主人公が言った台詞。
でも、その主人公に言わせたのは著者。

どうも解せない。
好きになれない。
信用できない。

でも彼女の目から見えている景色には
たいへん興味がある。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

つかむ!コンパス

フラメンコ、年に1度の新人公演、
見に行ってきました。
ラメンコ・ルネサンス21

審査員の鍵田真由美さんを
生で見て、わー有名人だ!ってわくわく。

つかむ!コンパス―フラメンコの各曲種が分かる (フラメンコ強化プロジェクト)つかむ!コンパス―フラメンコの各曲種が分かる (フラメンコ強化プロジェクト)
著者:浜田吾愛
 鍵田真由美
出版社:パセオ
出版日:2001/11
¥ 1,890
商品詳細を見る


日本フラメンコ協会名誉会長の
名誉会長をされていた香取希代子さんが
7月13日98歳で亡くなられたとのことで、
黙祷とセビジャーナスで追悼。
銀髪の美しいおばあさま。
85歳、しなやかにフラメンコ85歳、しなやかにフラメンコ
(1997/03)
香取希代子

商品詳細を見る

競技者ではなく、バックのカンテやギターに
知っている先生がたくさん出ていたので
それも聞けて、たいへん得した気分。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

迷わない強運哲学

迷わないことが美しさだと
常々思っており、
なおかつ、強運であることも
努力と才能の一つと思う。

彼女から影響を受けていた部分も
あったかもしれない。
前田義子の迷わない強運哲学前田義子の迷わない強運哲学
著者:前田義子
出版社:小学館
出版日:2004/03
¥ 1,260
商品詳細を見る

迷わないのは、
いつでもシミュレーションをして、
すでに考え済みだから。

準備だできているから、
チャンスのときにチャンスをつかむ。
だから強運。

準備しているつもりでも、
ついつい見逃し三振してしまう…。
迷ったら行く、と決めてしまえばいいのだ。

太郎さんのように。
自分の中に毒を持て
茉莉さんのように。
贅沢貧乏のマリア

いつか、フォクシーの服を
買いに行きたいのです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

三日経ったら違う女

こんなふうにサクサク進みたい。
3日くらいで、きれいにリセット。

三日経ったら違う女 (アクションコミックス)三日経ったら違う女 (アクションコミックス)
著者:内田春菊
出版社:双葉社
出版日:2006/07/05
¥ 980
商品詳細を見る


彼氏がヒモになっちゃったら
逃げろ!
あたしは貝 (ぶんか社コミックス)あたしは貝 (ぶんか社コミックス)
著者:内田春菊
出版社:ぶんか社
出版日:2001/08
¥ 900
商品詳細を見る


彼がゲイだったら…
諦めよう。
けだるい夜に (YOUコミックス)けだるい夜に (YOUコミックス)
著者:内田春菊
出版社:集英社
出版日:1992/07
¥ 764>
商品詳細を見る



▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

動物詩集

山本容子さんの絵に惹かれて。
好みの絵は見ていて飽きない。
不思議だ。

アポリネール動物詩集 (児童図書館・絵本の部屋)アポリネール動物詩集 (児童図書館・絵本の部屋)
著者:G. アポリネール
絵:山本容子
出版社:評論社
出版日:1991/10 ¥ 1,575
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

よるねこ

ホラーです。
日常って怖いよね、という種類の。
タイトルからして怖そうな気配がある。
表紙も怖い。

よるねこ (集英社文庫)よるねこ (集英社文庫)
著者:姫野カオルコ
出版社:集英社
出版日:2005/06/17
¥ 560
商品詳細を見る

さすが姫野さんと思わせるエロい怖さも。
ぱらぱらとめくり直すと、
またそこから読み始めてしまう。
そんな引き込まれる短編集。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

容姿の時代

ヤンキーについて、
こんなに素晴らしく明快に
説明してくれたものはなかった。

「あなたの好きな男のタイプは
なんだかんだ言って、
最終的にヤンキーだよね」
と言ったら、
「こんなに長い付き合いでそれかよ?
(全然わかってないなぁ)」
ものすごくムッとされてしまった。

私もヤンキーの説明が
ちゃんとできれば!!

容姿の時代 (幻冬舎文庫)容姿の時代 (幻冬舎文庫)
著者:酒井順子
出版社:幻冬舎
出版日:2004/04
¥ 520
商品詳細を見る

ヤンキーについて、抜粋。

--

上品とか洗練といったベクトルとは反対方向を目指しているように見える独特の志向を持つ人々が世の中相当のボリュームを占めているのではないか。
その独特さとは、つまりヤンキー的志向。
ヤンキー的センスというのは、社会への反抗が醸成するものなのだ、という意見もあります。
しかし彼等は、真剣に「格好いい」と思って、つまりは自分のセンスに素直に従って、その手の服装をしていたと思われる。
そんな彼等が実はとっても制服好き。
改造した学ランに特攻服。
大人世界からの支配の象徴でもある制服を愛している。

ヤンキー的センスを持つ人達の大きな特徴は、とても寂しがり屋さん。
「俺なんか、中学の頃から無免許で走ってたし。だから17の時にはもう、髪を下ろしたんだよね(リーゼントをおろす=ツッパリを引退する)」
やることはやってスパッと引退するのが格好いい、という美学があるらしい。

ヤンキー的志向を持つ人というのは、どんな集団の中においても、確実にある一定の割合で存在するのではないか?
ヤンキー質というのは、実は古来より日本人の血の中に脈々といき続けているもので、何らかのきっかけさえ与えられれば、誰でも活性化する可能性があるのではないか。

宇多田ヒカルや倉木麻衣の人気もヤンキーたちによって支えられている。
小室哲哉やつんくといった人たちとはすなわちヤンキーのハートを摑む術を知っていた人。

木村拓哉が工藤静香を選んだのも、彼女が持つヤンキー性と無関係ではないでしょう。
料理上手で人情に篤く、普段は男を立てるがイザというときは尋常でない実務能力を発揮する(であろう)、静香。


--

ほら、ここまで読んだら、
やっぱり本人もヤンキー質だし、
ヤンキー質な男が好きでしょ?あなた。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

フリーダ・カーロとディエゴ・リベラ

世田谷美術館の企画展
「メキシコ20世紀絵画展」にいってきました。

フリーダ・カーロとディエゴ・リベラ


メキシコを代表するディエゴと、
その他大勢のメキシコの絵画展。
ディエゴを愛してやまず、
浮気などなどに耐え切れず、
1度離婚してでもまたディエゴと再婚して、

交通事故で子宮を鉄パイプが貫通しているので、
妊娠は無理といわれながら、
何度も妊娠しようとし、流産をして、
いつも私の中にはディエゴがいる、と言って
眉間にディエゴを描いちゃったこの絵。

今回の企画展の目玉として、個人所有の
「メダリオンをつけた自画像」が展示。
メダリオンをつけた自画像
着ることのなかったメキシコの花嫁衣裳。
凛として、強い視線で、涙が3粒。
事故で脊髄が傷ついているので、
描く題材が自分の顔しかなかったと。

間近で見る絵は、
絵の具の盛り上がり方、その緻密さ、
ここに手を添えたんだろうなと想像できること
などの迫力がある。

ディエゴの絵は、するするとなめし皮のような
滑らかな色合いで、すべすべした感じ。

ガブリエル・フェルナンデス・レデスマ
という人の絵も気になった。
イラスト的な雰囲気もあるが、
メキシコに古くからある「理不尽な死」というテーマで
階下の火事に顔が照らされる、
赤子を抱いた母親の絵が印象的。

スペインに征服され、
それでも多くの文化的影響も受け、
そこには多くの理不尽な死が
都市伝説のように存在し、
受け入れざるを得なかった人々がいたんだろうなと、
メキシコの歴史には詳しくない私は、
この絵から想像し、
ひとりの母としてのその絵の女性に
投影した思いもありぐっときた。

美術館のある砧公園は、
自転車馬鹿とお犬様馬鹿が大量にいて、
自転車に轢かれそうになった。
犬をひいているリードで絡めとられそうになった。
その辺はどうにかしてほしい。
本当の世田谷民でなくて、
田舎者の集まりのように見えた。
↑差別的な意味で使っています。

フリーダの生涯について
↓の本に詳しい。
フリーダ・カーロ―痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)フリーダ・カーロ―痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)
著者:クリスティーナ ビュリュス
   堀尾 真紀子
出版社:創元社
出版日:2008/12
¥ 1,680
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

社員のモチベーションは上げるな!

モチベーションって日本語でなんですか?
これ、ビジネス用語だと思っていませんか?
本来の意味とはずれて使われているとして、
では、その新しい、もしくは今使っている場面での、
「モチベーション」の定義を説明できますか?

社員のモチベーションは上げるな!社員のモチベーションは上げるな!
著者:宋文洲
出版社:幻冬舎
出版日:2009/07/25
¥ 1,000
商品詳細を見る

モチベーションは「やる気」と訳されたり、
「動機付け」と訳されたりします。

そのどちらでも、大きく間違ってはいないのですが、
使用方法が誤用であることが多いです。

「自分のモチベーションが上がる」
ことはあっても、
「他人のモチベーションを上げる」
ことはできない。
結果として上がってしまうことはあっても、
それは、「上がった」のであって、「上げた」のではない。
この違いわかりますか?

モチベーションややる気は内からのものでしかないので、
外から上げることはできない存在。
つまり「やる気」という言葉の定義も
揺らいでいて、誤用が多いのが現状だと。

本書では、
やる気重視のアホ会社とは?というようなことや、
やる気を出すのは自分なので、
そのための努力についての厳しい内容もある。。

では、モチベーションの低い自分に未来はあるか?
ということも1章分をさいて書かれている。

渇望しているところに生まれるものとして、
フルーツトマトの例が印象的だった。
フルーツトマトは小さくてものすごく甘い。
しかし、これは新種のトマトなのではなく、
栄養が少ない土で、水遣りも少なめに
育てた従来のトマト。

渇望の末に凝縮される実力。

1,000円とは、わりとお得な内容。
アホ会社の幹部たちに読ませたいが…
やる気は他人からは起こせないので、
自分たちで気づいてもらわねば。

私にできることは、なるべく提供します。
私の周りには知恵をケチる人がいますが、
そういう態度は、私にはアホに見えます。
そんな程度の知恵ケチってどうすんの?と。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

基礎体温日記

クーラー病の末、酷い状態になった、
という怖いテレビ番組を見た、
という女の友人が宣言。

「わたし基礎体温上げるわ!」

それを聞いた来月パパになる男が一言。
「計画妊娠ってこと?」

基礎体温日記基礎体温日記
著者:内田春菊
出版社:実業之日本社
出版日:2002/06
¥ 1,575
商品詳細を見る

体温が低いのが諸悪の根源だと思って、
単純に体温を上げたかったらしい。

妊娠すると、
体温が上昇した状態が続く、
ということを、
パパになる男は知っていて、
低体温女は知らなかったという話。

たしかに、低体温では妊娠しにくそうだし、
彼女自身、煮え切らない恋人に、
できちゃった結婚を狙っているふしもあり。

しかし、自分自身の身体に
無頓着な人が多いのはなぜだろう?
正しい情報も新しい情報も
たくさん手に入る現代なのに。
彼女だって、自分自身に対する
興味が強いタイプの人なのに。

うーん、不思議。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

愛する言葉

「愛」と呼ばれるものは、
いつだって強烈で、高温で、
大量でなければならないと思いがち。

しかし、
小さな軽やかな愛も
結構たくさんあると、
最近知った。

愛する言葉愛する言葉
著者:岡本太郎 岡本敏子
出版社:イーストプレス
出版日:2006/06
¥ 1,050
商品詳細を見る

「嫌いではない」という程度の好意でも、
小さな愛があって、
体調が悪い、と聞けば
大丈夫かな?と思う。
軽くて小さな、
でも愛だけしかない気持ち。

子供が生まれたらしいよ、
と聞けば、
わーおめでとうございます!と礼儀で言う。
その社交辞令でしかない祝辞にも、
社交辞令サイズの小さな愛。

生まれたばかりで会ったこともない
ピカピカの赤ちゃんに対しても、
元気に大きくなるといいな、程度に思う。
その新しい人に対する小さな愛。

私が抱く、この小さな軽い愛と同じだけ、
遠くの誰かが小さくて軽い愛を
私に対しても持ってくれているはず、
と思ったら、
ドラゴンボールの「げんきだま」のような
世界中の小さな愛のげんきだまがあるようで、
寂しくて仕方ない日もあるけれど、
少しだけ気持ちを立て直せる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

マドンナ先生古典を語る

そうとう懐かしい。
高校生だったことを思い出す。
そして、当時も、いまも、
古典文学がかなり面白いと感じる自分に気づく。

マドンナ先生古典を語る (学研M文庫)マドンナ先生古典を語る (学研M文庫)
著者:荻野文子
出版社:学習研究社
出版日:2001/07
¥ 578
商品詳細を見る

しかも、この本を買ったときは、
すでに社会人です。
結果、古典文学はずっと好き、ということですな。

高校生って自分の感情に必死だった。
古典のなかの人々も必死。
感情を伝える和歌や、
渡し方、顔の合わせ方、
そういうことに必死。

私、最近、感情に必死になっていない。
ハートを閉じ込めがち。
少し開放しないといけないです。
無駄な買い物に走ってストレス解消という名の
よりストレスを作ってしまいそうです。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

調子のいい女

私は相当調子のいい女。
いい加減な女。
嫌な女。
下品な女。
悪癖のある女。

このどろどろした醜い部分をどう処理するか?

汚いからこそ、それを清くすべく
努力もするが、
処理しきれず、あふれてしまうし、
悪臭がこもってしまうこともある。
調子のいい女 (角川文庫)調子のいい女 (角川文庫)
著者:宇佐美游
出版社:角川書店
出版日:2004/01
¥ 620
商品詳細を見る

他人の汚さに吐き気がすることもある。
下品さに怒りを覚えることもある。
自分の汚さを明るみに出されて
いたたまれなくなることもある。
眠れなくなることもある。

それをあなたはどう処理しているの?

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

愛のスピリチュアル・バイブル

終わった関係に心残りがあるとき、
この魚を逃すとあとがないかも
という恐怖があって、吹っ切れないとき、
吹っ切れる本。

愛のスピリチュアル・バイブル愛のスピリチュアル・バイブル
著者:江原啓之
出版社:集英社
出版日:2002/11
¥ 1,260>
商品詳細を見る

恋愛は、念力とタイミングだそうです。

「スピリチュアル」に眉唾と感じている人でも、
恋愛の相談をたくさん受けて、
たくさんのケースワークを見ている人から
得られるアドバイスは、有意義。

歳をとるほどに良くなっている、
と思っている自分ですら、
もう後がないという焦りがまとわりつく。

大丈夫。大丈夫。

大丈夫。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

蕎麦屋の恋

炬燵に入って、足を暖めながら、
ならんでテレビを見る幸せ。
それが平凡ではない幸せだと
感じる人にはおススメ。

平凡だけれど幸せだと
感じる人は、わからないと思う。

蕎麦屋の恋 (角川文庫)蕎麦屋の恋 (角川文庫)
著者:姫野カオルコ
出版社:角川書店
出版日:2004/09
¥ 460
商品詳細を見る

あ、いま地震だ!
え?ちがう?ゆれてない?
なんていう会話は、一人ではできない。

こういうことを思っても、
口に出せるかどうかは、
同じ部屋に自分以外の人間が
いるかどうかにかかっている。

一人の部屋があることの自由を
とても幸せに感じているし、
感謝もしているけれど、
その寂しさも強く強く噛みしめている。

だからその平凡ではない幸せを、
いまはとても憧れている。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き

旅行が好きではないのに、
旅行したくなる。

現実逃避の旅がしたいのだろう。

ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き (中公文庫)ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き (中公文庫)
著者:山本容子
出版社:中央公論新社
出版日:1999/07
¥ 760
商品詳細を見る


「幸田文しつけ帖」に
「旅がえり」の迎えじたくについて
書かれていた。

家でどのような形で迎えられるのが
旅帰りとしてふさわしいか、
どんな気分であるか、ということについて。
ふむふむなるほどと思った。

一人で旅をして、一人暮らしの家に帰るのは、
私にはまったく向いていない。

私は、迎えじたくをして、家で待っていたい。
私は、誰かの旅の、旅先の地元の人になって、
その他人の旅の登場人物[地元Aさん]でありたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

着物と日本の色

写真集だと思って眺めて和む。

着物と日本の色着物と日本の色
著者:弓岡勝美
出版社:ピエ・ブックス
出版日:2005/07/31
¥ 2,940
商品詳細を見る

シリーズがたくさんあり、きりがない。

着物と日本の色 夏篇着物と日本の色 夏篇
著者:弓岡勝美
出版社:ピエ・ブックス
出版日:2006/06/20 ¥ 2,940
商品詳細を見る


帯と文様 ―織り帯に見る日本の文様図鑑帯と文様 ―織り帯に見る日本の文様図鑑

出版社:世界文化社
出版日:2008/06/11
¥ 3,150
商品詳細を見る


昔きもののレッスン十二か月 (別冊太陽―生活をたのしむ)昔きもののレッスン十二か月 (別冊太陽―生活をたのしむ)
著者:弓岡勝美
出版社:平凡社
出版日:2003/10
¥ 1,680
商品詳細を見る


そもそも模様というものを
何時間でも眺めていられるので、
布の織目がそれだけで、
見飽きることのない興奮を与えてくれる。
こんなぬりえ、萌えすぎる。

大人のぬりえ アンティークきもの文様大人のぬりえ アンティークきもの文様
著者:弓岡勝美
出版社:世界文化社
出版日:2006/08
¥ 950
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

体は全部知っている

淡々と仕事する女が出てくる。
ばななさんの本に出てくる人は
みな、淡々と仕事をしている。

私も、淡々と、でも必死に
生きる働き者でありたいと思っている。

体は全部知っている (文春文庫)体は全部知っている (文春文庫)
著者:吉本ばなな
出版社:文藝春秋
出版日:2002/12
¥ 480
商品詳細を見る

いいタイトルだ。
そう、私の体は、
私のできることをすべて知っているし、
私の体はすべてのことができる。

不安定な気分のとき、
安定感やゆったりした広さは
自分の中に求めると得られることがある。
周囲の物理的な環境や、
周囲の人間関係に求めても、
なかなか望むようには得られない。

自分の心の中に作り出すものは、
なんでも得られる。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

東京タワーは、風景として見ると、
やっぱり素敵です。
昼間でも、夜のライトアップでも。

ずっと東京近郊に住んでいて、
とても見慣れたものなので、
旅先からの帰り道など、
高速道路から東京タワーが見えれば、
帰ってきた、とほっとするのも事実です。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
著者:リリー・フランキー
出版社:扶桑社
出版日:2005/06/28
¥ 1,575
商品詳細を見る

この本は、東京タワーを
帰ってきた感覚で見る人より、
東京に来たぞ!という感覚で見る人に
より共感があるかも。

私はリリーさんがそもそも好きなので
「おかん」とおんなじ病院に通ってるわ
とか、そういうことが気になる。

こういう、おいしいごはんを
いっぱい作り、いろんな人に
どんどん食べさせちゃう
おかんになりたかったんだけどな。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

まんがフラメンコ入門

べつにこの本は
特に面白くもなんともないんです。

ただフラメンコは面白くて仕方がないんです。

まんがフラメンコ入門まんがフラメンコ入門
著者:渡辺佳寿美
パセオ編集部
出版社:パセオ
出版日:1995/04
¥ 999
商品詳細を見る

趣味の友って素晴らしいんです。
好きなものが共通で、
話が通じる気持ちよさ、
初めて知りました。

ありがたい。
何かを好きと思える感情を与えてくれて、
ほんとうに神様に感謝。
なんとこの気持ちに救われていることか…。

つらいことや、面倒なこと、
たーくさんあるんだけれど、
なんとか進めるのは、
「好き」という感情のおかげ。
ほんとうに。ほんとうに。

何かを少しでも「好き」と感じたら、
その「好き」を覚えておいて、
大事に大事にしてほしい。
きっと自分の命を助けてくれるはず。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

幸田文しつけ帖

幸田親子、その作品から、
私はそれぞれとても傾倒した。

そもそも幸田露伴の「五重塔」を
読んだとき、これ好きだ!と思い、
好きな理由としては、
そのストーリーも、
中の登場人物の風情も、
古語でのリズム感の良さも。

あまりに好きすぎて、むりやり人に朗読して聞かせたりした。

幸田文の「きもの」を読んだときは、
この人の感覚、きかん気の強さ、
とても同調する部分があり、
これまた好きだーと思った。

そして、この親子のことを知るようになって、
幸田露伴の厳しいしつけや教えぶり、
それを受ける娘の文(文子)の様子、感覚、
それらがじっくり楽しめる。

幸田文しつけ帖幸田文しつけ帖
(著者:幸田文
出版社:平凡社
出版日:2009/02/05
¥ 1,680
商品詳細を見る

父も子もそれぞれに文才があり、
その日常も興味深く、
私は、幸田文になりたいし、
幸田露伴に会いたい。

どうしてこんなに好きなのだろう?

その理由をうまく表現できず、
もどかしい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

をんなの意地

女三十代・独身。
キャリアあり。キャリアなし。
結婚願望…?

これをはじめて読んだときは20代。
それでもかなり、わかるわ~
なんて思っていたが、
30代の今、わかり方が違う!

こだわってしまうことの詳細が、
ワイン、高級化粧品、話題のスイーツ、
高級スーパー、歌舞伎、
デザイナー系の日用品…。
それらが固有名詞で出てくれば、
昔はわからなかった詳細が、
いまは半分くらいわかってしまう…。

をんなの意地 (祥伝社文庫)をんなの意地 (祥伝社文庫)
著者:横森理香
出版社:祥伝社
出版日:2001/10
¥ 400
商品詳細を見る

どんなに手厳しいことを思っても、
口には出さない。
それくらい貴重な女友達。
恐ろしさも感じるし、
こんな状況や、こんな感情、
自分の背後に確実に迫る気配がある。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ブリジット・ジョーンズの日記

「そんな彼なら捨てちゃえば?」
の映画のCM、
ものすごく心に突き刺さる。。。

女の幻想、そう思いたいと思う気持ち、
いたすぎるほどわかるーーー。

男の側には男の側の幻想もあるだろうから、
それを映画にして並べて上映してほしい。

で、これを思い出した。

ブリジット・ジョーンズの日記ブリジット・ジョーンズの日記
著者:ヘレン・フィールディング
出版社:ヴィレッジブックス
出版日:2001/08
¥ 735
商品詳細を見る

ダイエットでもしてみますかね。
ぎょっとされて、心配されるくらい
痩せてみたいもんだわ。

もう、なんかささくれ立った気分。
デブで悪かったわね、みたいな気分に
ひさびさに陥って、つらい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。