Tバックで読書中 2010年04月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこのばば

江戸時代の、妖怪が出てくる町人の話。
嫌いなわけがない。
面白いと思うに決まっている。

だから敢えて今まで読まなかった。
だって面白いって、
もうわかっているから。
いつか読もう、ととっておいた。

ねこのばば (新潮文庫)ねこのばば (新潮文庫)
著者:畠中恵
出版社:新潮社
出版日:2006/11 ¥ 500
商品詳細を見る

そしてついに読む時が来た!
というわけではなく、
特にきっかけはないのだけれど、
そろそろ読もうと。

こういう妖怪などがでてくる
昔話や古典落語や伝説もろもろ、
やはり存在していると思えてならない。
私には見えないだけで。

ここまでキャラ設定がはっきりして、
みんなの共通認識になるようなものが、
だれか一人だけの創造の流行だったとは
思えない。
オレも見た!オレも!オレも!
とならないと。

私も自分を守る守護妖怪を感じられたらいいのに。
ポケットに子鬼を入れて出かけてみたい。
もしかしたら入ってるかもしれないけど。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 
スポンサーサイト

ドリームガールズ

最近ビヨンセ好き。
渡辺ナオミちゃんは
かなり似ていることを
再確認。

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
著者:ジェイミー・フォックスビヨンセ・ノウルズ
出版社:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
出版日:2008/06/20 ¥ 2,625
商品詳細を見る


Beyonce Experience Live [DVD] [Import]Beyonce Experience Live [DVD] [Import]
(2007/11/27)
Beyonce

商品詳細を見る


I Am Yours: An Intimate Performance at the Wynn [DVD] [Import]I Am Yours: An Intimate Performance at the Wynn [DVD] [Import]
(2009/11/24)
Beyonce

商品詳細を見る


特にライブ映像がお気に入り。
全部女の子バンドなところが、
元気になれます。

ダンサーの男4人くらいで、
あとのステージに乗っているバンドや
コーラスやダンサー、計20人くらいは
ぜーんぶ女。
愉快です。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

たった3秒のパソコン仕事術

たまにこういう本を読んで、
ちゃんとその技を体得しておくと
本当に仕事は速くなる。

たった3秒のパソコン仕事術 (知的生きかた文庫)たった3秒のパソコン仕事術 (知的生きかた文庫)
出版社:三笠書房
出版日:2010/02/19
¥ 630
商品詳細を見る

いくつかはすでに使っている技だったり、
自分には不要な技だったりもするが、
いままで使ってなくて
便利になる技が、1個でもあれば、
630円の元はすぐとれる。
なんたって3秒になるんだから。
時間短縮、脳ミソの無駄回転も減る。

ちなみに、私は新しく2つ覚えて
昨日から活用した技がある。
わざわざ右クリックしに、
マウスまで行っていたなんて、
知っていたのに10年も使ってないなんて、
も~!おバカさん、って感じ。

別に使わないし。
覚えらんないし。
知ってるし。

と思っても、たまに復習すると
忘れているものだから、
楽しいよ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

いつだって今だもん ~谷川俊太郎ドラマ集~

ジャケットが好み
谷川さん好き
岸田今日子好き

いつだって今だもん ~谷川俊太郎ドラマ集~いつだって今だもん ~谷川俊太郎ドラマ集~
出版社:大和書房
出版日:2009/08/19 ¥ 1,995
商品詳細を見る

ドラマの脚本なので、
脚本は俳優が読むもので、
私の読むものではなかった。

全4本のドラマ。
表題作の企画が岸田さん。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ

おおはやりのツイッター。
なんとなく手を出して、5ヶ月弱。

まだ楽しみきれいていないけど、
楽しくできそうなんだよなー、
という予感もしていて。

使い方次第、私のスタンス次第、
という感じはしている。
もうひとひねりして、本格活用しようかな。
そんなとき、ビックカメラの
貯まっていたポイントで買った本。

夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ
著者:内藤みか
出版社:技術評論社
出版日:2010/01/07
¥ 998
商品詳細を見る

そもそも鳥好きですから、
鳥の絵で、twitterという単語で、
もうその時点でこのサービスが
気になるわけですが、
私は何を
さえずるのか。
それともつぶやくのか。

とりあえずフラメンコに特化して…
で始めました。

Twitterボタン

そしてこの本。
ケータイ小説として知られていて
わりと古くからツイッターを
触っていた内藤みかさん。

初心者が、使い勝手がわからないところ、
すこし使いこなしていくと
見えてくる面白い部分
そのときの上手い使い方などが
とてもわかりやすかった。

ツイッター解説本が並ぶ中で
そもそも表紙が可愛いから選んだ
ってのもあります。

IT系の人が書いた解説ではなく、
文化系職業の人の解説というのもポイント。

で、内藤さんをフォローすると
ほぼみんなフォローし返している、
というのでフォローしたら!
ほんとにフォローされた♪
この直接感がツイッターの楽しい部分かも。

基本的にはフラメンコ・ブログ
ツイッターに表示しているので
フラメンコつながりな、
知らない人たちがフォローしてくれたり、
スペインからもアメリカからも
フラメンコ関連情報発信者が
フォローしてきたり、
勝手に情報がたまる感じがおもしろい。

内藤さんが「やってみて!」
と書いていたことを
少しずつやってみよー。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

運命は35歳で決まる!

最近「クマグス」というTV番組に出て
受けていますね、さくらい先生。

人生も知識もすべて
女とエロに向かって徹底しているので
むしろすがすがしい紳士。

運命は35歳で決まる!<br /> (知的生きかた文庫)運命は35歳で決まる! (知的生きかた文庫)
出版社:三笠書房
出版日:2005/12 ¥ 560
商品詳細を見る

さて35歳です。
どうやら基点らしいです。
いままでも1年1年大事でした。
35歳そのときであわてても仕方なくて、
35歳までの35年間で、という話。

20代の人が読むなら、
あと数年でどんなことをするかを
考えられるでしょう。

私のように、間もなく、なら
35年間を振り返って
自分の向き不向きはこっちだ
と知っておくのによいでしょう。

とっくに過ぎた40代なら、
成功していれば、なるほどその通りだ、
と感心できるでしょうし、
失敗していれば、どこから見直せばいいか
ヒントになるでしょう。

占い師のような口調になってしまいました。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ことば美人へのプチ・レッスン

どうせこういうことを
質問してくるんだろう、と
ばかにして、先回りして説明した
つもりだったのに、

「でも」を繰り返されて。
きっと質問ではなくて、
要望を言いたかったんだろう。
その要望をかなえた形に
なっているはずなのに、なぜ?
相手の真意がわからず、

つい怒りにまかせて
「だーかーらー!」
とか言ってしまった。

ことば美人へのプチ・レッスン (ワニ文庫)ことば美人へのプチ・レッスン (ワニ文庫)
著者:杉山美奈子
出版社:ベストセラーズ
出版日:2005/01 ¥ 600
商品詳細を見る

この筆者みたいに優しく話せないな…。

結果的には、
質問者が誤解していて、
元の説明通りで、その要望は
すでに叶っていた。

どこまでの誤解を取り除く説明をすべきか?
10人中9人は理解してくれた説明。

言い方はやさしくできなかったことは
反省。
まだまだ怒らずにいられない。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

日本観光ガイド

日本好きなわたくし。
日本に来るガイジン相手に
書いたと見せかけて、
日本人を笑かそうという本。

ばばあ化してくると
筆者の言っていることが
よくわかります。

日本観光ガイド日本観光ガイド
著者:酒井順子
出版社:光文社
出版日:2010/01/19
¥ 1,575
商品詳細を見る

今年の1月に単行本化したものだけど、
2007年から2009年に連載していたものなので、
現在では、残念ながら
朝青龍は横綱でなくなってしまったし、
麻生さんは首相でなくなった。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

超恋愛

終始和やかな雰囲気は伝わってくるが、
会話がまったくかみ合っていない
二人の対談集。

超恋愛 (マガジンハウス文庫)超恋愛 (マガジンハウス文庫)
著者:林真理子 江原啓之
出版社:マガジンハウス
出版日:2009/09/10
¥ 500
商品詳細を見る

わかる~と連発している印象の林さんに、
いやいや、お二人の意見は
まったく別物のようですよ…
と突っ込みたくなる感じ。

私があまり林真理子さんのような
THE女子な考え方が好みでない。
意外性のない、べたな女子のよう。
突飛な観点があれば面白いのだが。

彼女の素晴らしさはその文章力。
小説がいい。
エッセイや対談は面白みがない。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

鏡の告白

自分の周りを鏡に囲まれて、
グロテスクな、醜い自分の内面が
映し出されているとしたら?

恐怖と苦痛で狂いそうになるだろう。

そういう鏡をのぞきこむ技。
うさぎさんの
インタビュアーとしての能力と
分析できる能力と
文章にして表現できる能力の
すごいものが読める本。

鏡の告白鏡の告白
著者:中村うさぎ
出版社:講談社
出版日:2007/10/25
¥ 1,575
商品詳細を見る

狂人失格」でも
鏡張りのなかの私という
苦しいテーマが出てくる。
自分を客観視することの嵐なのだが、
うさぎさん、私はあなたの
こういうインタビュー系のものが
これからもたくさん読みたい!

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

はなうた巡礼

山本容子さんのこども時代の風景

でも「巡礼」というと、
四国の八十八カ所みたい。
坂本竜馬で四国がはやっているらしいけど、
ちっとも萌えない…。

はなうた巡礼はなうた巡礼
著者:山本容子
出版社:講談社
出版日:2000/04
¥ 1,680
商品詳細を見る

山本容子さんの絵(版画)のタッチは
好き嫌いがありあそうだけど、
私はすき。
版画なので文字が裏返ってたりすることもある。
かわいらしいね。

ただ、文章を読むと、
ヨウコ、強いな~
と感じる。お友達になると怖いかも。。。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

レディメイド*はせべ社長のひみつダイアリー

あい・らぶ・524!
そんな小西康陽さんはどんな人に
惚れてしまったんだろう!?
という秘密をさぐるため。
ほとんどのぞき見趣味。
ぼくは散歩と雑学が好きだった。
と対にして夫婦エッセイ1セットできあがり。

レディメイド*はせべ社長のひみつダイアリーレディメイド*はせべ社長のひみつダイアリー
著者:長谷部千彩
出版社:レディメイド・インターナショナル
出版日:2006/05/17 ¥ 1,365
商品詳細を見る

ちさいさん、相当男前。
きっと大好きなタイプだ。

こういうとき、
自分の好みの一貫性を見つけて
自分の目もなかなかだな、うんうん
と自信を持つ。

入場料四四〇円ドリンクつき
佐野洋子・谷川俊太郎夫婦を見つけた時見たい。
離婚しちゃったけど。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

狂人失格

かなり極限まで来ている狂人。
他者がいない脳内楽園に暮らす人とは
それは会話が難しいよね。

うさぎさんもかなり極限まで
煮詰まっている…?
角川の名を出したり伏字にしたり
くらたまさんの名をだしたり伏せたり…?

わたしはうさぎさんの
超精密スコープのような視点の文章に
いつも溜飲が下がって気持ちいいので
もっと書き続けてほしい。

狂人失格 (本人本)狂人失格 (本人本)
著者:中村うさぎ
出版社:太田出版
出版日:2010/02/04
¥ 1,470
商品詳細を見る

狂人とまで言われなくても
だいたいにおいて、人は
他人の言うことなんて耳に入っていない。

あれ?詳しく細かく説明した
あのやりとりはなかったことにしてる?
と思うことしばしば。

言い古されている忠告だけれど、
「他人は変えられないから自分が変われ」
は~。その通りだな、と。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

だれが産むか

このタイトルを
どんなイントネーションで読むか、
そこにその時の気持ちが表れるタイトル。

私は
「だれが産んでやるもんか」
「だれが産むだろうか、いやだれも産まない」
という意味を込めた
「だれが産むか」になってしまった。

だれが産むかだれが産むか
著者:橋口いくよ
出版社:幻冬舎
出版日:2010/02/09
¥ 1,470
商品詳細を見る

「だれが産む?あなた?私?」
と、コインが入っているのは
どのカップでしょう?
という手品の答え当てのように
読む人もいるだろう。

5人の産まない女と
2人の産む女とが出てくる小説。

私もあと7年くらいは
もやもやしたまま暮らすのでしょう。

あまり幸せな気分にはならない小説。
でも、現状を数パターン考えるには
題材になるであろう小説。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

ママの恋人

あんなに好きで結婚したけど、
こんなに何にも感じなくなるとは
思ってもみなかった…

目の前に迫ってくる
やらなくてはいけないこと
子どもを生かすために
自分が食物になったり、
健康に暮らせるように衛生的に保ったり、
そういうことを
男はま~~~~ったくしない

と、先輩は現実を
お話してくださいました。

ママの恋人 (角川文庫)ママの恋人 (角川文庫)
著者:森瑶子 森瑤子
出版社:角川書店
出版日:1994/03
¥ 399
商品詳細を見る

これを言ったら終わるよね、
ということを言わないように避けているだけで、
でもそれで
問題は解消されるわけではないので
喧嘩をすると止まらないって。

独り者の私からすると、
喧嘩は夫婦にしかできないものに見える。
お互いに相手に対して
甘えの感情がなければ喧嘩にならないものだ。

喧嘩するほど仲がいい、と言っても
私は喧嘩はしたくないので、
やっぱり甘えきれないのか、
結婚に向かないのか。

恋するドキドキはもうやってこないかもねー。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

回転寿司の掟

ランチで寿司。
はらいっぱい食った。

回転寿司の掟回転寿司の掟
著者:松岡大悟
出版社:河出書房新社
出版日:2004/08/19
¥ 1,260
商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

女を磨くココ・シャネルの言葉

シャネルという女性の生き方に
憧れと強い共感を持つ。
1971年に亡くなっているので
私より20歳年上の人たちは
同じ空気を吸っていたことがあるのか!
とうらやましい。

56歳で第一線から退いて
15年くらい休んで
71歳に復帰。
大失敗だと叩かれたけど、
88歳で亡くなる前日まで
普通に仕事をしていた。

私は
71歳で仕事に復帰しようと思えるか?
71歳で大失敗と非難されて続けられるか?
何歳まで生きるかわらないのに。
そこから15年も仕事すると思えるか?
私はまだ社会人になってから
たった10年しかたっていない。

先が見えないから、できない
なんて、本当はどうでもいいことを
言い訳にしているというのが
わかる。

女を磨く ココ・シャネルの言葉女を磨く ココ・シャネルの言葉
著者:高野てるみ
出版社:マガジンハウス
出版日:2010/01/28 ¥ 1,575
商品詳細を見る

昨年、3本もシャネル映画が
あったことに触発されて、
珠玉の言葉を拾って作った本。
ココ・シャネル [DVD]ココ・シャネル [DVD]
(2010/01/20)
シャーリー・マクレーンバルボラ・ボブローヴァ

商品詳細を見る

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]
(2010/01/20)
オドレイ・トトゥブノワ・ポールブールド

商品詳細を見る

シャネル&ストラヴィンスキー (竹書房文庫)シャネル&ストラヴィンスキー (竹書房文庫)
(2009/12/22)
クリス・グリーンハルジェ

商品詳細を見る


シャネルの発言集や伝記は
晩年、本人がたくさん依頼したこともあって
たくさん本が出ている。

この本の筆者と私のセンスは
あまり合わなかった感じだけど、
シャネルにあこがれる気持ちは変わらない。

シャネルのようになりたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

落語家はなぜ噺を忘れないのか

落語は落ちが一瞬なところが好き。

日常生活でも、
同じ面白い話を何度も聞くのが
楽しくて、語りが磨かれて、
どんどん面白くなっていくのが好き。
何度も「またあの話して」と
頼むこともある。

落語の独特の語り口調
皮肉でちょっと意地悪な目線
あけすけで下品な言い回し
これはマスには向かないわけです。
ナマで聞くに限ります。
身振り手振り顔が面白いんだから。

落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)
著者:柳家花緑
出版社:角川SSコミュニケーションズ
出版日:2008/11
¥ 840
商品詳細を見る

おかげで下品に磨きがかかっている私。
また言わなくてもいいことを
大声で言ってしまい後悔。
本当に無口になりたい。
落語は聞くだけで結構。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。