Tバックで読書中 2010年07月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、脳は神を創ったのか?

多方面からいろんな意見を聞くことは大切だと感じた。
改めて、新しい考え方が入ってくる。

常に迎合するのではなく、
苫米地さんの意見はこういうことかな?
中沢さんの意見はこういうことかな?
キリスト教の基本の考えはこうかな?
アメリカ人の基本の考え方はこうかな?
と、吟味しつつ。

そして私の意見は?感覚は?
今のところ、こういう考えです、
というのを持っておきたい。


なぜ、脳は神を創ったのか? (フォレスト2545新書)なぜ、脳は神を創ったのか? (フォレスト2545新書)
著者:苫米地英人
出版社:フォレスト出版
出版日:2010/06/04
¥ 945
商品詳細を見る

それでも、どんなに正しく読み取ったつもりでも、
私の脳ミソで読解した内容は
私アレンジが入ってしまい、
著者の意見そのものとは少しずつずれるだろう。
そういうことも含んだ上で
やはりいろいろな方向性の考え方を知っておくと、
自分の脳ミソに揺さぶりをかけられて面白い。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

皇室へのソボクなギモン

なめ子節炸裂。
旧皇族の竹田恒泰さんとの対談。
だれも旧皇族にこんな質問しないよ!
という正面からの興味津津な疑問を
聞いてくれていて、ふむふむ、と読み進める。


皇室へのソボクなギモン皇室へのソボクなギモン
出版社:扶桑社
出版日:2007/09/29 ¥ 1,260
商品詳細を見る


お寺や神社、仏像、神像、
山の神、海の神、道具の神、信仰心、
立派なお坊さまや神主さま
そういうものを、私は大まかに尊敬している。

そういう部分で見ると皇室は
とても敬虔にたくさんの神事を行っている場所で、
それを行う人としての天皇陛下や皇后陛下は
尊敬にあたいする。

それから文学や伝統というのが
身に付いていることや
飾りや知識としてでなく、
それらが自らの技となっているということに
強い憧れを抱く。
その意味で、人生の節々や正月に和歌を詠めることなど
めちゃくちゃ尊敬して憧れる。

なんとなくわからないから批判したり、
なんとなく盲信的に旗を振ったり、
そういうのは少しお休みして、
もう少し知ってみるのも面白いと思います。

参考文献。
これらもすごく面白い本です。
内容として知的です。
右とか左とか、横においておいてよんでみたい本。
歴史好きにもオススメ。


語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」
著者:竹田恒泰
出版社:小学館
出版日:2005/12
¥ 1,365
商品詳細を見る


だから皇室は大切なのです

だから皇室は大切なのです-日本人と皇室だから皇室は大切なのです-日本人と皇室
(2006/10/07)
篠沢秀夫

商品詳細を見る


遺伝子が解く!万世一系のひみつ

遺伝子が解く!万世一系のひみつ (文春文庫)遺伝子が解く!万世一系のひみつ (文春文庫)
著者:竹内久美子
出版社:文藝春秋
出版日:2009/05/08 ¥ 610
商品詳細を見る



▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

即答するバカ

明るく早口で渋みがあるけど高い声、
フリーアナウンサーの梶原しげるさん。
仕事柄即答しなくてはいけなくて、
失敗!と思うことが多かったそうで。

「無理!」
「しらない!」
「全然!」

と即答したり、即答されたりしたこと、
それで失敗したこと、ありますよね…。

これは、ビジネスの場で使える
一種のアサーティブのテクニック。


即答するバカ (新潮新書)即答するバカ (新潮新書)
著者:梶原しげる
出版社:新潮社
出版日:2010/07
¥ 735
商品詳細を見る

私は道を聞かれることが多い。
昔、知らない場所を聞かれたとわかって
「知りません」と即答して、
いや~な顔された苦い思い出が。

本の中にも話題にされているが、
「なるほどですね」
という気持ち悪い相づちがある。
人のいい、営業マンに多い口癖。
1度聞いて以来、私は「なるほど」すら
いうのをやめた。

こんないい加減で愛のない相づち、
打たないほうがまし。
そう、言葉は、相手に対する愛。

返事がやたら早くて、何度も言うから、
もう私の問いかけにかぶせ気味に
「はいはいはいはい」めちゃくちゃうなづく
総務のお姉さん。
いや、馬鹿にされているわけではないのは
わかってるよ。
悪気がないのもわかっているよ。

でもね、幼稚園で習わなかったか!?
「はい」は1回!

びっくりするような失礼なメールでも、
しゃべるより早く返信を送ってくると
口でいえば、失礼度も下がって
軽口でした!で済ませるのに…。

そういうとき、
即答するバカだ、失礼だ
と怒ってばかりいても仕方がないので、
上手に伝えていきたい。
いまわたし、ムカついてますよ~ってことを。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー

「愛されたい」ばかりじゃ
不幸だ。


ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)
著者:山田詠美
出版社:幻冬舎
出版日:1997/06 ¥ 480
商品詳細を見る

愛する対象がいないのもさみしいものだ。
自分以外の誰かのために
がんばれる自分を見てみたいものだ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ファウストの悲劇

ゲーテのファウストを読んで
いつか舞台で見たい!と思っていたので
蜷川幸雄さん演出、野村萬斎さんファウスト役
ファウストの悲劇
シアターコクーンに見に行ってきた。
ゲーテよりも古い、
クリストファー・マーロウが元になっている。


ファウスト 第一部 新訳決定版 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)ファウスト 第一部 新訳決定版 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
著者:ゲーテ
出版社:集英社
出版日:2004/05/20
¥ 720
商品詳細を見る


ファウスト 第二部 新訳決定版 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)ファウスト 第二部 新訳決定版 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
著者:ゲーテ
出版社:集英社
出版日:2004/05/20
¥ 980
商品詳細を見る

萬斎さんは男前で、
もちろんかっこよかったのだが、
勝村政信さん、白井晃さんや
長塚圭史さんも出ていて
面白くないわけがないと思ったから。

私はそんなに心が広い観客ではないので、
演劇ならなんでも好きってことではない。

今回は勝村政信さんにハマった。
前から好きだったのよ。顔も好み。
別のお芝居を見に来た時、
同じ客席にいるのを見つけて、
ロビーですれ違って、
カッコイイ♪と思っていたけど。

今回はお芝居中に客席の中に立つという
演出があって、私の前に立った。
移動してくるときにしっかり目が合って
にこっとされて、
私もちゃんと笑顔を返せたかな?
悪魔メフィストなのに、
あんな笑顔じゃ天使にしか見えないわ。

今は余韻で幸せを感じている。
いいもの見た。
勝村さんと目が合っていい経験した。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

あ・い・た・く・て

せつないね。
会いたいけど。
会わなくても好きだけど。

特に話すこともなくても
声聞けたら嬉しい。
話さないから、
会話はすぐ終わってしまうけど。


あ・い・た・く・て (小さい詩集)あ・い・た・く・て (小さい詩集)
著者:工藤直子
絵:佐野洋子
出版社:大日本図書
出版日:1991/09 ¥ 1,050
商品詳細を見る

そばにおいてくれたら
それだけで安心できるんだけどな。
雷の音や地震の夜に。

ほんとう

愛する という言葉を知ったら
「ほんとうのことを言おうか」という
言葉のこわさも知りました



また あいたくて

さよなら三角
またきて四角
またあえるね と
うたってた

さよなら春 さよなら夏
さよなら秋 さよなら冬

さよならを くりかえし
さよならを つみかさね

また あいたくて なにかに
きょうも あるいていく


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド

時間を増やしたい
お金を増やしたい
と思って、どうやるんだっけ?
勝間先輩、教えて。

読書によってメンターを得る。
秘書検定の勉強もメンターを得るためだった。
適切なメンターが近くにいなかったので、
先人の知恵の集合を学ぼう!と思ったのだ。
2年前に取ったその資格、
自分の業務では学んだそばから役に立ってはいたが、
いまそのネームバリューという部分で
威力を発揮しつつある。


勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
著者:勝間和代
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版日:2008/03/01 ¥ 1,050
商品詳細を見る

このころとは勝間さん自身のステージも
ずいぶん違っている。
しかし、いまの私には、
いまだに学ぶべき点が多くある内容。
2年近く前に読んで
実践しつつあるのが、今。

私は噛み砕いて自分の身にとりこんで
機が熟すのは2年くらいなのね。
なんでもそう。いつも。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

からだを楽器にするのが声楽。
私、歌手ですから……!?

頭蓋骨が背骨の上に上手に乗っていなくて、
前のめりになっているので、
前歯をつかんでゴリゴリ後ろに戻した。
首筋がめちゃ楽になった。

次は舌。
筋肉がうまく使いこなせなくて
のどをふさいでしまう。
口の中でフェラーリが跳ねているような?
猫が背を丸めて伸びをしているような?


歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと
著者:
バーバラ・コナブル
メリージーン・アレン
クルト=アレクサンダー・ツェラー
出版社:春秋社
出版日:2010/04/23 ¥ 2,520
商品詳細を見る

12月、ステージに立てる機会があるかも。
踊りと合わせて3回の予定。
大丈夫かー!?
訓練、訓練。

日々の中でどうやって訓練の時間をつくるか?
蓮舫さんは仕分けの勉強するために
寝ずに勉強したというけれど、
私は眠いと目が回って立てないのら~。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

AMY SAYS /AMY SHOWS

詠美おねえさま。
久しぶりに会った友人と、
女性作家の話になり、
江國香織さんが好きという友人たちと、
我らの姉さまはAMYさんだったねーという人と。


Amy Says(エイミー・セッズ) (新潮文庫)Amy Says(エイミー・セッズ) (新潮文庫)
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2002/03
¥ 460
商品詳細を見る


Amy Shows(エイミー・ショウズ) (新潮文庫)Amy Shows(エイミー・ショウズ) (新潮文庫)
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2002/03 ¥ 540
商品詳細を見る

詠美さんが30代のころのエッセイ集。
すこしまじめでじっくりしたお題。
熱血ぽんちゃんシリーズの
エッセイとは少し違うように感じる。

「アンコ椿は熱血ポンちゃん」

アンコ椿は熱血ポンちゃんアンコ椿は熱血ポンちゃん
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2009/03 ¥ 1,365
商品詳細を見る


熱血ポンちゃん膝栗毛 (新潮文庫)熱血ポンちゃん膝栗毛 (新潮文庫)
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2009/05/28 ¥ 460
商品詳細を見る


日はまた熱血ポンちゃん (講談社文庫)日はまた熱血ポンちゃん (講談社文庫)
著者:山田詠美
出版社:講談社
出版日:2005/10/14 ¥ 560
商品詳細を見る


熱血ポンちゃんが来りて笛を吹く (講談社文庫)熱血ポンちゃんが来りて笛を吹く (講談社文庫)
(著者:山田詠美
出版社:講談社
出版日:2004/01/16 ¥ 520
商品詳細を見る

などなど。もっといっぱいある。
軽やかにふざけたり、怒ったりしている
エッセイを読むならポンちゃんシリーズ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

BC!な話

すべての行動には生物学的に意味がある。
浮気も、売春も、同性愛も。
人間の、猿より過酷な
スパームコンペティション(精子競争)。

「ロスト・シンボル」
難しげな科学で脳が疲れた後には
やわらかくってたのしめる科学。
学問的にはとても深く難しいはずだけれど、
竹内さんの筆力で面白く読める。


BC!な話―あなたの知らない精子競争 (新潮文庫)BC!な話―あなたの知らない精子競争 (新潮文庫)
著者:竹内久美子
出版社:新潮社
出版日:1999/12
¥ 420
商品詳細を見る

100人の島があって、
99人の男と1人の女のA島、
99人の女と1人の男のB島がある。
あなたがA島の住民だったら、どうする?
あなたがB島の住民だったら?
どうやって生き残るか、子孫を残すか、
を真剣に考えたいときは、
この本が役に立つかも!?

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ロスト・シンボル

今日のような夏らしい日は
暑さに弱い私はクーラーの中で
だらだら読書。

たっぷり時間のある時に
ひとまとまりで読みたいと思っていた
これをチョイス。


ロスト・シンボル 上・下 2冊セットロスト・シンボル 上・下 2冊セット
著者:ダン・ブラウン
出版社:角川書店
出版日:2010/03 ¥ 3,780
商品詳細を見る

過去の2作より難しかったー。


天使と悪魔(上)天使と悪魔(上)
著者:ダン・ブラウン 越前 敏弥
出版社:角川書店
出版日:2003/10/31 ¥ 1,890
商品詳細を見る


ダ・ヴィンチ・コード〈上〉ダ・ヴィンチ・コード〈上〉
著者:ダン・ブラウン 越前 敏弥
出版社:角川書店
出版日:2004/05/31 ¥ 1,890
商品詳細を見る


そもそもフリーメイソンがどんなものか
全く知らないし、
怪しげな団体という印象さえも持っていないので、
真実を暴いた!感が持てないのがさみしい。

途中で33という数字について出てくる。
私は33にまつわるいろんな深い意味は知らず、
「なんて美しい数字なの!」と思っていたので、
33歳のとき、「33」の刺繍入りハンカチを
友達にプレゼントした(押しつけた)。

人間の脊椎の数が33個だとか、
ニュートンが33を美しい数字と考えて、
ニュートン度という温度の単位では、
水の沸点=摂氏100度を「33」としたとか。

実は私のハンカチの「33」は、英字の「EE」。
色と質で選んだとき、どうしても「EE」しか
選択肢に無かったので。
「EE」だと見破ったのは、
建築やインテリアデザインを勉強したことのある
もじゃもじゃ頭だけでした。

人の魂に重さがあることや、
人が神になること、
神が万物に宿っていて世界を動かしていること、
などが、異常なこと・理解を超えることとして
センセーショナルなことという前提で展開していく。

もちろんこれを科学的だ、と言われれば
素直にうなずけない感覚もあるが、
日本的感覚でいけば、
ヒトダマが燃えて浮遊している図や
疲れた時に、口から魂がホコっと抜ける感覚を
簡単に想像できる上で、
魂に重さがある、といわれれば、当然のように感じる。
口から抜けた時、いくらかの重みがあるものが
自分から出て行ったように感じるから。

人が死ねば「成仏」するというし、
海の神、山の神、トイレの神まで
全部に神様が宿っているに決まってる。
日本人の感覚では。
少なくとも私の感覚では。

キリスト教的に神がどこにでもいる、
というのは唯一神がすべての場所に侵入できる
という感覚なのだと思うが、
私の言う万物の神は、それぞれ別人格的でもあるし、
根底ではつながっている遺伝子の気もするが、
それは、私にもつながっているので、
つまりは私も神を持っている、という感覚。

そういうのが「信ジラレナイ!」という
感覚の人がこの本を読むと楽しいのかも。
私にとっては、当たり前のことに
なんでびっくりしてんのかね~という白けがある。

今回は、上下巻の初めに、
解説的な写真がでているので読解に役立つ。
ダヴィンチコードは↓こういうのを別で見たけど。


図解 ダ・ヴィンチの謎図解 ダ・ヴィンチの謎
著者:田辺 清
出版社:宝島社
出版日:2004/09/02 ¥ 1,050
商品詳細を見る


途中で、謎解きに頭を使ったりして
主人公と一緒に疲れ果てたりしたので、
何度も力尽きて本の上に突っ伏して寝てしまった。

ワシントンD.C.に行ったことのある人は
素晴らしくたのしめると思う。

意匠とか語源、象形文字に
興味のある私には、結局面白い本。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ハウルの動く城

ハウル。
いたいた。
翼が生えている男。

しかも魔法使い。


ハウルの動く城 [DVD]ハウルの動く城 [DVD]
(2005/11/16)
不明

商品詳細を見る


ソフィーもいい。
倍賞知恵子さんの声もすごい。
少女とお婆さん同時だもの。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

あなたも詩人

だめだ。
最近弱ってる。


あなたも詩人―詩をよむたのしみ、詩をかくたのしみあなたも詩人―詩をよむたのしみ、詩をかくたのしみ
著者:辻信太郎
絵 :葉祥明
出版社:サンリオ
出版日:1988/12
¥ 924
商品詳細を見る


あなたも詩人―詩をよむたのしみ、詩をかくたのしみ (続)あなたも詩人―詩をよむたのしみ、詩をかくたのしみ (続)
著者:辻信太郎
絵 :黒井健
出版社:サンリオ
出版日:1989/01
¥ 924
商品詳細を見る

詩の余白に慰められたいと思っている。
単語を選ぶのにかけた時間と同じくらいに
時間をかけて読み味わう。

ゲーテ、ゆきやなぎ・れい、
高村光太郎、コクトー
井上陽水など。

しまった。泣いている。
弱っているな~。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

夫婦

私の夫婦になるべき人は何しているのかね?
いないのか?
まだひとりで待っているのか?
私はひとりで生きていけるのか?
この苦しみも悲しみも楽しみも喜びも
ひとりでかみしめるのか?


夫婦 (日本の名随筆)夫婦 (日本の名随筆)
著者:佐野洋子
出版社:作品社
出版日:1995/02
¥ 1,890
商品詳細を見る

こどもは?
産みたくないのか?
産めるのか?
夫婦となっても
こどもができないかもしれない
状況の苦しさも想像する。

すでに、相手がいれば妊娠できる、
という楽観的な年齢でもない。
そもそも私は体が弱い。
妊娠したいときは相談してください、
と医者に言われて早8年。
相談する機会もないままだ。

夫婦を見るにつけ、
いつも最初に気にかけて、
いつも最後まで味方でいられる、
そういう仲間・家族・ペアが
いたらいいなと思う。

そろそろいいんじゃないですかね。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

凍った蜜の月

月の満ち欠けと
女と男の短篇集。

いつ読んでも変わらない
感情の流れというもの。
もし結婚したり離婚していたら
違うものとして読むのだろうか?

その辺がわからないんだな。


凍った蜜の月 (集英社文庫)凍った蜜の月 (集英社文庫)
著者:横森理香
出版社:集英社
出版日:2004/01/20
¥ 520
商品詳細を見る

結婚直前に交通事故に遭って
幽体離脱して自分や彼や家族を眺める
「蜜月」という1篇。
とても好きだ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

女の底力、捨てたもんじゃない

歳ともに、
どんどん生きやすくなってきた。
自分らしく、力が抜けて楽になる。
さらにますます楽になるなら
歳を今後も重ねていきたい。


女の底力、捨てたもんじゃない (講談社文庫)女の底力、捨てたもんじゃない (講談社文庫)
著者:岸本 葉子
出版社:講談社
出版日:2005/06
¥ 490
商品詳細を見る


5年前には共感するものも多かった。
食べ物や服にとにかくこだわったり
イライラ怒ったり。
仁王立ちで逆風に立ち向かう気満々。

そんな時期は、
私はもう通り過ぎたらしい。

いまこの本を読むと
前はね、、、と思う。

周りに聞くと、
どんどんと許せないことや
こだわり、自分だけのルールが増えて
生きていくのが大変だ、って。

私、逆のようだ。
楽です。
どうしてだろう?
楽なほうがいいよね?

ここに至った理由を、
これから少し考えてみよう。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

自分のこころをどう探るか 自己分析と他者分析

自分で自分を分析して、
どんどん治してしまった岸田先生と
まっちー先生(勝手に私が呼んでいる)の対談集。
岸田先生は、町沢先生による公開診察だと。


自分のこころをどう探るか 自己分析と他者分析 (集英社文庫)自分のこころをどう探るか 自己分析と他者分析 (集英社文庫)
著者:岸田秀 町沢静夫
出版社:集英社
出版日:1999/08/20 ¥ 500
商品詳細を見る

いまより10年以上前の話だが、
このとき、すでに「現代のうつは…」
という会話をしていて、
これま2010年の今にも当てはまるようで、

変わった変わった、というけれど、
30年くらいの単位でしか、
時代は変わらないもので、
感覚としては最近2~3年のことだと感じるけれど、
あまり短期的な目で見ていると見誤る。

日本人は生真面目で粘着質でうつ的。
アメリカ人は依存的、と書かれている。
この依存の対象は、人間関係に、ではなく、
おそらく、アルコール・甘い食物・仕事・神など…?
必ず自分以外の何かが何とかしてくれる、
現実を見たくないために、何かに没頭する
という姿を思い浮かべる。
「健康のためなら死んでもいい」って
とてもアメリカ人ぽいイメージを持っている。

自分で自分が面倒臭い奴に思えるとき
何とかしたいよなーと思ったら、オススメ。
なんともならないかもしれないけど、オススメ。

見つめ方がわかる。
精神科医の使い方もわかる。かも。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

天使と悪魔

物理学研究を仕事としている人と
映画の話になって、
読んでないって言うから
次までに読んでおいて!
と課題図書。

そういった手前、自分も読んだ。
やっぱりおもしろい。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る


天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)
著者:ダン・ブラウン
出版社:角川書店
出版日:2006/06/08 ¥ 620
商品詳細を見る


天使と悪魔 (下) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)
著者:ダン・ブラウン
出版社:角川書店
出版日:2006/06/08 ¥ 620
商品詳細を見る

物理学研究所の話が出てくるので、
どこまで本物に近いのか
教えてもらいたい。

そして映画はやっぱりツマンナイ。
同じテーマの別物だと思う。

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/04/28)
ユアン・マクレガーステラン・スカルスガルド

商品詳細を見る


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。