Tバックで読書中 2010年10月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒らない技術

怒りたくないんです。
心の体力を使ってしまうので。

怒っていて、イライラして、
それに頭が占領されてていいほど
そんなに暇じゃないんだよ!

でも怒りがわいてしまうので、
それを消したい。


怒らない技術 (フォレスト2545新書)怒らない技術 (フォレスト2545新書)
著者:嶋津良智
出版社:フォレスト出版
出版日:2010/07/07
¥ 945
商品詳細を見る

「怒らない」というと、
精神論や宗教チックな達観を
薦められても、それができれば怒ってないよ~と
思ってしまうものですが、
これはビジネスパーソンが書いているので、
具体的。

仕事中に、部下の仕事ぶりにムカついたら、
その場を離れて見ないふりをする。
とりあえず逃げる。

最近の私には、これは大事だなーと思える。

逃げるのは大事。

本来の目的は、仕事の結果であったり、
部下の成長だったりするので、
結果さえ出ればいいし、
部下が成長すればいいので。

私がイライラすると、
仕事は進まない、
若者はビビって何もできない
という状況になりかねない。
自分が怒られていなくても、
(次は自分が…)という恐怖政治は
好みではないしね。

で、ちょうど読み終わった日に、
仕事でとんでもないトラブルがあり、
ちょっとびっくりする結果で、
もう怒りを超えて、完全に呆れてしまった。

もしかしたらいままでなら、
呆れたうえに怒っていたかも。
とりあえず、いまは呆れ続けている。
で、それを見ないところまで、
私が、逃げる。

怒っている暇はないんでね。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

小さいころに置いてきたもの

子どもたちのことを考え、
好奇心のかたまりで
魅力的な黒柳徹子さん。
生きていることが楽しくて仕方ない!
という様子の黒柳さんを知って、
私は、ぜひとも長生きをしたいものだと思ったのだ。

文章も、あの話し方そのままの
ハイテンションとハイスピード。

徹子さんは、
こんなにも仲良さそうに写真に写っている弟さん、
2歳違いのこの弟さんは、小学校の低学年で
病気で亡くなったそうだが、
トットちゃんのあの、素晴らしい記憶力の徹子さん、
この弟さんのことをまったく憶えていない。
写真を見て知った人、というレベルで、
本当に憶えていないそうだ。

辛すぎる出来事は記憶から消えるということかもしれない。
これが徹子さんの、小さい頃に置いてきたもの。


小さいころに置いてきたもの小さいころに置いてきたもの
出版社:新潮社
出版日:2009/09/19
¥ 1,470
商品詳細を見る

戦争で混乱した地域では、
「自分の名前、忘れちゃった。わからない」
という子どもがいるという。

アフリカの貧困と勉強の機会がない地域では、
自分の年齢を数えることを知らない
という人がたくさんいるそうだ。

自分が何歳かわからない、年という単位で生きていないということは、来年はこうなっているだろう、という考え方もないだろう。
毎日の時間は、昨日と今日と明日くらいまでしかなくて、それよりずっと昔、それよりずっと先の知らない時間。

時間は未来から今に向かって流れてくるというのに、未来が明日までしかないということは、良くも悪くも変化の幅がとても小さい。
季節がずっと変わらないアフリカ、とう気候もあるのだろうか。
自分は3年後どうなっちゃってるんだろう、という不安も無いだろう。

黒柳徹子さんは、いろんな意味でものすごい。
とても尊敬している。
喜劇舞台を見に行くと、またちがう徹子さんがとても素敵。

愛があふれていて、ここにあるエッセイを読むと泣けてくる(たぶん、ふつうは泣くような箇所ではない)。
パンダのことや、赤塚さんや渥美さんや、森茉莉さんのことも。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

花言葉

花のような美しい言葉、格言集。

いまの私に響くのは、
「私はあなたに恥をかかせない」
と相手に言わずとも伝えることが
とても大切、ということ。

わたしのは、直筆サイン入りだ。
ご利益ありそうで、表紙をなでなで。


花言葉花言葉
(2010/10/08)
美輪明宏

商品詳細を見る


つい『上から目線』というもので発言してしまう。
「あり得ない!」
「常識的には~~~」
「あれは意味ないね」
「あのひとアホなんじゃない?」
と、口癖か慣用句かというくらいに一日に何度も言ってしまう。

こうして文字に書き出して、外から眺めると、アンタそんなに偉いの?という気がしてくる。
それでもまだ心の中に、(そうは言っても、あれはナイな。あの人ほんとにバカなんだろうな)思っていることにも気づく。
なんとまあ、とにかく周り中をバカにして暮らしている。

街中で怒り狂って理不尽なクレームをつけているオッサンにも、
「あーあ、嫌なオヤジ。あんなところで威張り腐って、よっぽど普段しいたげられているのね、お~イヤイヤ」って。
こう思ってしまうのがいけないことなのか?
自分も一緒になってオヤジのレベルでイライラを伝染されるのは解決にならないので、下品なものは下品と理解できる自分でいたいと思うのだが、それを口に出さなければいいのか?
口に出さずとも『上から目線』があることに変わりはない。

美輪さんが言うように、感情ではなく理性でものごとをクールに見ること、それがとても大切。
感情で上下を判断するのではなく、理性で上品が下品かを見抜く、これがたいせつなのかもしれない。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

怒らない怒らない怒らない

怒らない自分になりたい。
3連発

怒らない技術 (フォレスト2545新書)怒らない技術 (フォレスト2545新書)
著者:嶋津良智
出版社:フォレスト出版
出版日:2010/07/07 ¥ 945
商品詳細を見る



怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
著者:アルボムッレ・スマナサーラ
出版社:サンガ
出版日:2006/07/18 ¥ 735
商品詳細を見る



怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)怒らないこと 2 (役立つ初期仏教法話11)
出版社:サンガ
出版日:2010/07/29 ¥ 735
商品詳細を見る



▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


貼るだけキレイに!耳つぼエステ

いいかげん痩せたい。
しかも楽して。

貼るだけキレイに!耳つぼエステ (スワロフスキー耳つぼシール付き)貼るだけキレイに!耳つぼエステ (スワロフスキー耳つぼシール付き)
著者:作田真介
出版社:ティー・オーエンタテインメント
出版日:2010/10/16 ¥ 999
商品詳細を見る

そう。
かわいいスワロのおまけつき。
1個は痩せるつぼに。
1個はストレスをなくすつぼに。

確かに今日はちょっとおだやかな気分で
仕事しない男を詰めまくったけど。

どうしても痩せたいので、
ストレッチも再開。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


受難

爆笑できる、大真面目な小説。
なにしろ解説は米原万里さんですから。


受難 (文春文庫)受難 (文春文庫)
著者:姫野カオルコ
出版社:文藝春秋
出版日:2002/03
¥ 550
商品詳細を見る


ふざけているのだが、大真面目。
というのが姫野さんらしいんです。

エロスと真面目と高尚と廃頽と
姫野さんしか書けないようなこの感じ。

ハマると抜けられません。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


猫だましい

自分勝手でマイペースで
わがままでずるがしこい
ぷいっとどこかに行ってしまう
なつかない

そんなところが、猫っぽいのでしょうか。
「あなたは猫系ね」
と分類されました。

顔は犬系だとおもいます。

好きな動物は鳥です。

性格は猫ということのようです。


猫だましい (新潮文庫)猫だましい (新潮文庫)
著者:河合隼雄
出版社:新潮社
出版日:2002/11 ¥ 460
商品詳細を見る

この表紙の悪そうな顔が良い。
「長靴をはいた猫」の機転の話、
佐野洋子さんの「100万回生きたねこ
飼い主をとろかしてしまう猫が出てくる、
猫と庄造と二人のおんな
他にも猫の出てくるお話と、
人間と猫と、猫に投影される人間のたましいの話。

真面目な心理学者の本というより、
そんな説明ズルイ!と思うような、
猫に騙されるような、
騙されたいような、本。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心

私にもどうしても嫌いないひとがいて
どうしても一緒にしなければならないことがあるとき、
目をぎゅっとつぶって、
「私の本当にたどりつきたい目的地は?」
と念じて、
反吐が出そうになるのを我慢して
物事を進めてきた、この2か月。
あと2か月やりきらなければならない友人。

ねえ、すーちゃんならどうするの?


どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心
著者:益田ミリ
出版社:幻冬舎
出版日:2010/08
¥ 1,260
商品詳細を見る

出した結論は同じだった。

後に残る周りの人を心配しても、
「いま」の「わたし」は私が面倒みるしかない。
「あと」も「周り」も私が面倒みることはできない。
逃げるが勝ち。
逃げ足の速い私。

相手を変えるのは難しいから
私が変わる。
それで私が先に進む。

快適で安心できるうえに、
しかも極上に楽しい大事な人たちに
会えた日だったので、
余計に嫌いな人に割く時間なんて無いなと思った。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。