Tバックで読書中 2011年04月

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来ちゃん

これは現代の子か?と思う。
ハッピーすぎる。
未来ちゃん。

カラフルな着物や
雑貨が生活を彩る。

ちびっこらしい、
青緑色の鼻水や
透明でねばねばの鼻水も。


未来ちゃん未来ちゃん
著者:川島小鳥
出版社:ナナロク社
出版日:2011/03/22
¥ 2,100
商品詳細を見る

先週から、外出するたび
本屋さんに寄ってしまって、
気づけば今月15冊。。。

途中、歯止めをかけねば!と
図書館に行ってみたけど、
いま読みたい本は
図書館では出会えなかった。
過去の調べ物をするときには
役立つのかもしれないけど。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

脳のリミッターを外せ!

いま、人生を困っている私。

どこまで頑張るか?
どこまで我慢するか?
決めかねている感じ。
だから覚悟できないと感じるのだ。

困ったことは起こらない
わたしは知っているはず。

困った、と思っているということは
無駄な悩み方をしているはず。

「悩む」と「考える」の違いを
わたしは知っているはず。

知っていて、ダメなほうを
選んでしまっている。
そこにある「リミッター」。


脳のリミッターを外せ!脳のリミッターを外せ!
著者:苫米地英人安達元一
出版社:アスコム
出版日:2011/02/28
¥ 1,575
商品詳細を見る

リミッター=制限をかけているもの。
・ダメな過去
・どうせ、、、自己評価が低い
・お金がすべて
・この程度で十分の思い込み
・目標がhave toになっている
などなど。
これが自分自身に制限をかけている。

私のいまの悩みは
(自分がやりたくないことを)どこまで頑張るか?
(自分が苦手なことを)どこまで我慢するか?
(自分の得意で好きなことを)できる能力がないかも。
(このくらいの給料がほしい、しかも楽して)
…と、まさに制限が
かかっている感じ。

やりたいことを、
得意な方法でやれば良くて、
自信を無くさせるものから
自分を解放してあげれば、
わたしに備わっているはずの
潜在能力で、可能になる、、、はず。

抽象度を上げる練習や
どんな相手も自分の味方にする術は
訓練が必要そうだ。

あとは、お金の呪縛。
もっと高給取りにならなくてはいけない?
お金のためなら、
我慢しなくてはいけないのではないか?
会社に属したほうがお金が入るのではないか?
たくさんお金がないと心配!
とかとか。

かなり縛られていることがわかる。
つぎは、どういう方法でこれを解決するか。。。
ひとつ上の視点から考えれば
すべてがよくなった解決策が
見えるような気もする。。。


原案の安達元一さんは
「踊る!さんま御殿」や
「SMAP×SMAP」を手掛ける
放送作家。


-----
この本↓と表紙がかぶっちゃったね。

君がオヤジになる前に君がオヤジになる前に
著者:堀江貴文
出版社:徳間書店
出版日:2010/10/29
¥ 1,260
商品詳細を見る

堀江さん、実刑確定で
でも、力強い生命力を感じる。
とっても気になる人だ。
きっと、そばにいたら、
すごく面白いだろうから
いつもくっついて行ってしまいそう。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

~目次~

記事数が多くなったので
カテゴ別記事一覧をつくりました。

【賢くなる気がする】一覧
【自分が好きになりたい】一覧
【仕事する女】一覧
【メス】一覧
【切ない気持】一覧
【愛しきバカ!?】一覧
【模様/様式美/芸術】一覧

3年弱で書いた、約900件の
エントリーを目次化しようと
整理しつつ、気になる記事を読んだら、
自分で自分の言葉に励まされた。

これ書いた人、
結構良いヤツだねって思っちゃった。


今後の新しい記事は
新しいカテゴリに入れていきます。

【模様/様式美/芸術】一覧

続きを読む »

【愛しきバカ!?】一覧

続きを読む »

【切ない気持】一覧

続きを読む »

【メス】一覧

続きを読む »

【仕事する女】一覧

続きを読む »

【自分が好きになりたい】一覧

続きを読む »

【賢くなる気がする】一覧

続きを読む »

7つの制約にしばられない生き方

しばられたくない!
わたしの「生き方」は
どんなだろう?

本田さんの制約となるのは
時間、場所、働き方、人、思考、服装、お金
の7つ。

多くの人にも当てはまるのでは?


7つの制約にしばられない生き方7つの制約にしばられない生き方
著者:本田直之
出版社:大和書房
出版日:2011/04/23
¥ 1,260
商品詳細を見る

常識と思っているものを疑ってみよう。
自分にとって、何が嫌で、
ストレスに感じて、
どうなりたいのか考えてみよう。

そのうえで、今、私には足りないものがある。
覚悟すること。
リスクを受け入れること。
捨てるものを決めること。
継続する方法を考えること。
お金を払ってでもやりたい仕事をつくること。
給与以外のいろいろな収入源をもつこと。
グロービッシュ。

ほかにも、まだまだ
手に入れたい能力がある。。。

覚悟して
自分にとって必要なものを
手に入れる努力を。

もやもやしてやる気が起きないで
だらだらしている場合ではないのかも。

いや、でももう少しだけ、
だらだらしてもいいですか。
今、うつ気分でがんばれないんだもん。。。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

クロックサイクルの速め方

別の角度から見ると、
常に新しい発見がある。
この人は、いつも
普通とは違う視点を与えてくれる。

実は時間も不平等!!
という帯の文字に惹かれた。
なんとなく、そう思っていたから。

1月に人前で話したことがある。
「与えるほど増える」ものとして、
お金や情報や愛情は与えるほど
自分に返ってくるものも増える。

さらに誰もが同じだけしか
持っていないと思われている
「時間」さえも、
人に与えることができて、
しかも時間も与えれば増えるものだ、
と。


クロックサイクルの速め方 ~脳が2~32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~クロックサイクルの速め方 ~脳が2~32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~
著者:苫米地英人
出版社:フォレスト出版
出版日:2011/03/25
¥ 1,470
商品詳細を見る


回転を速めれば時間は増える。
なるほど。
訓練のもんだいです。
いつも、何にしても。

速読に関しては、
いまいちフォトリーディングや
フォーカスリーディングに
なじめなかった私にとっては
とても納得感が高い。

フォト~やフォーカス~は
読むべき本を選ぶときに使う技。

本来、速度するなら量を読むことが目的。
だから、10分で1冊、
1日3冊読むくらいなら、
速読術って必要か~!?
というご意見。

1冊10分、
1日2時間くらいで10冊
月に300冊読むことで
大量の情報と、
繰り返されるインプットにより、
抽象度の高い考え方ができ、
脳の回転そのものも速くなる。

トレーニングCDで少し練習してみよう。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

どんとこい、貧困!

すべってすべって、
滑り土まらない社会ってどうなんだ。

私は仕事を辞めてしまったけれど、
湯浅さんの言う「溜め」は
まだあるほうだから、
もう少し踏ん張って滑り落ちないように
しようと思うけれども、
それは、良いのかどうか、わからない。

イスとりゲーム
座れなかった人が悪いのか?
イスが少ないんじゃないの?
イス以外に座ってもいいルールにする?
イス取りゲームに不参加もあり?

そういう考え方の幅を広げる。


どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)
著者:湯浅誠
出版社:理論社
出版日:2009/06/25
¥ 1,365
商品詳細を見る


ここで出てる貧困の例は、
普通に読み進むと、
ネットカフェ難民や、
派遣切り、日雇い労働…
思い浮かぶのは男性ばかり。

女性の貧困問題はどうなっているのか?

あとがきに、
重松清さんと湯浅さんの対談がある。

重松さんは娘が二人いることで、
女性の貧困ってどうなってるの???
と疑問を持っていて、
その小さな範囲があとがきには
述べられてる。

少な!!

私は、自分が滑る落ちるかもしれない
女性の貧困の実態が気になるんですけど!!

ちらっと書かれているのは、
男性よりも人間関係の溜めを持てることで
持ちこたえられる場合があること、

イス取りゲームしなくてもいいじゃん、
とルールを変えられる
したたかさとしなやかさが
男性よりあること、

ぎりぎりの生活ではあるけれど、
住み込みの仲居や清掃業があること
(本には書かれていないが、
おそらく太古の昔からある売春業や、
男性への隷属も含むと思う)

メディアなどに顔を出すことには
やはり男性より女性は消極的

路上生活はやはり女性には
命の危険がありすぎること

などにより、表面化されていない
実態があるのではないか、
ということだった。


常々思う。
日本が、人間だと思っている順番は、
次のとおり。

--ちゃんとした人間扱い
妻子持ちの男

--若手の人間扱い。
妻持ちの男

--ここから人間「風」の扱い
(近い将来、人間に昇格しそう)
独身の男
両親がいる子ども
夫子持ちの妻

--ここから動物扱い
(かわいそうだから保護するもの扱い)
親が一人ないし不在の子ども
夫はいるが子どもはいない女
夫に死別した女
子どもはいるが夫はいない女

--存在していない。
独身の女



▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。

以前から好きでした、高城さん。
こういう変わった感じの
飛び抜けた人は、大好き。

結婚しても、
離婚でもめても。

むしろ、エリカさん、
離婚するのはもったいない!
と思っていたくらい。


私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明
著者:高城剛
出版社:マガジンハウス
出版日:2011/02/24
¥ 1,260
商品詳細を見る

この本で、ますます
良い人だなー、と思い。
この本の内容全部を集約した
あとがきを載せたいと思います。

---------------
 撮影でもDJイベントでもキャンプやドライブでも大事なことは、1に天気、2に自分の気分、3にその場の気である。予算がいくらあっても、これらを思い通りにコントロールすることは難しい。では、この3つの『気』をいかにして、自分のものにするか、が本書の核だ。
 この本は、書き始めてから、既に2年以上もの月日が経った。根気よくおつきあいいただいたマガジンハウス編集者の鉄尾周一さんに、心より感謝したい。またシンプルで強いデザインをしてくれた鈴木成一さんにも、この場を借りて御礼申し上げたい。ありがとうございました。
 僕が僕であるように、この本を読んでくれているあなたはあなたである。世界に一人しかいない僕やあなたを、もっと理解し大切にしなくてはいけないと思う。
 僕は、誰でもひとつだけ世界一になれる可能性をもっていると信じている。それを、自分で知っているか、知らないのか、が大きな違いだ。
 僕もあなたも世界に一人しかいないし、僕もあなたも世界一になれる「なにか」を必ず持っている。だが、それを探し出す内面への旅は、とてもハードだ。
 しかし、いまこそ、そのときだと思う。
 他者との関係で、自分を作ってはならない。自分の可能性を、どんなに大変でも追求しなければいけない。なぜなら、すべての必要なことは、必ず、自分の中にあるからだ。
 もし、自分を見失いかけたら、大きな問題に直面したら、できるだけオープンにして、シンプルに立ち向かえば、必ず解決の道はある。欲望やプライドにとらわれている自分を解放すればいい。人生とは、世界一の自分を見つけ出せるかどうかに尽きる。本書を通して、少しでも知らなかった自分と出会ってほしい。
 そしてできれば、そのことを一人でも多くの人に伝え、教えていただきたい。あなたが、僕を見つけたように、誰かがきっとあなたを見つけることだろう。そうやって、人と人はつながり、出会い、いつもあたらしい世界がはじまるのです。
 この本を楽しんでくれた一人一人に、いつか出会えることを楽しみしています。
---------------


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

バタフライ・エフェクト 世界を変える力

私はこの
蝶の羽ばたき程度の力の影響力
っていうものを信じている。

信じているはずなのだが、
いま自分が何を成せるのか
わからなくなって、
存在意義が不安になっている。


バタフライ・エフェクト 世界を変える力バタフライ・エフェクト 世界を変える力
著者:アンディ・アンドルーズ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版日:2011/03/16
¥ 1,050
商品詳細を見る


たとえば、
ある日、私がやり始めてことが
半年後に、なんだか世の中の
あたらしいファッションの組み合わせ方として
浸透していたり、

ある日、私が書いた文章の内容を、
笑っていいともでタモリさんが
話していたり、

ということがあった気がする。

気のせいかもしれないし、
同時多発的に起こった事象の
○万分の1人だったかもしれないけれども。


でも、今回の地震で
出回ったデマのひとつは、
Twitterのこのつぶやきだろうと、
ほぼ特定されていて、
普通の女の子が、悪気も無く、
自分の不安から吐きだしたつぶやき。

だから、バタフライエフェクトはあると信じている。

では、今のわたしの、
この非力なひと掻きは
どこに、なにに、つながるのだろう。

意義のあることを
成し遂げなければならない
という強迫観念を捨てたい。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

あせるのはやめました 本日も独りでできるもん

なんと、どこまでも
わたしのような人が。
みんなそう思って
この本を手にとるに違いない。


あせるのはやめました 本日も独りでできるもんあせるのはやめました 本日も独りでできるもん
著者:森下えみこ
出版社:メディアファクトリー
出版日:2011/04/08
¥ 998
商品詳細を見る

本当にあせるのをやめられたわけでは
なかったりもするのですが。

とにかく
精神的に疲れるのはもう無理!!

という最近のわたし。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

40代を後悔しない50のリスト

40代が大事そうだぞ、と感じている中で。

今今が厳しいのですが。

5年後の40歳のわたしに。

定年した人の多くが40代を後悔していると
筆者がインタビューの結果感じたため、
そうならないように、というリスト。

どうも重複する項目が多く感じる。

筆者の頭には働く人間=男しかない
のも、私にとっては、、、うーむ。


40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
著者:大塚寿
出版社:ダイヤモンド社
出版日:2011/02/18
¥ 1,500
商品詳細を見る


いかんせん、40代が
大切な10年であることはわかる。

しかし。

60~65歳で仕事人生が終わる前提で
話が進んでいる。
だから、40代はちょうど真ん中。
ここでシフトチェンジしないと
定年したとき苦しいよ、というのが
大、大前提。

しかし、わたし、120歳まで生きるつもりで、
117歳までは働くつもりなので、
65歳くらいは、やっとわかってきた
くらいなわけです。

シャネルだって、
71歳でファッション界にカムバックし、
そこから16年、
仕事でまた新たな成功をする。
1971年、87歳で生涯を閉じる。
前日までオフィスで指示を飛ばしている。

いま、私は社会人として
大きなアイデンティティクライシイスに
いるのだけれど、
何もできない自分に
ほとほと自信も失って、
不安で不安で仕方ないのだけれど、
努力する気も失せ気味でもあるし。

それでも、答えは自分の中に
すでにあるのかもしれないと。
心静かに水面をざわつかせず、
水の下にあるものを見つけ出そうと
己を探り中。


この本は38歳くらいで
また読んだら、わかるかもしれない。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

PAY DAY!!!

日常がままならないと思う今、
読むといい小説だと思う。

17歳の男女の双子と、
黒人のダディと白人のマミィと
ニューヨークのダウンタウンで
暮らしていた日常。

離婚して女同士がニューヨーク
男同士がサウス・キャロライナへ。

そして日常ある。
PAY DAYがある。

その日常の中に、911のテロがある。


今の大震災がありつつ、
日常を送る私たちにも
PAY DAYはある。
わずかな喜び。

でも、仕事辞めちゃった私には
PAY DAYも無いね。
大丈夫か?私。


PAY DAY!!!PAY DAY!!!
著者:山田詠美
出版社:新潮社
出版日:2003/03/25
¥ 1,575
商品詳細を見る


-----
人の良さが滲み出ているような笑顔。屈託のなさそうな様子は、まるで苦労を通り越して気なかった人のそれに見える。けれど、実際は、むしろその逆だ。彼は、周囲の人々の困難を一手に引き受けている。それなのに、そう見せないのは、彼が、大昔に、たぶんことの土地を出てニューヨークに行こうとした時に、覚悟を決めたからだ。何が起ころうと自尊心だけは崩させないと。
-----

自尊心は崩させない、と
覚悟を決めて、
絶対に自分を守ることで
私も強くなりたい。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

自分に魔法をかける本

大丈夫、大丈夫。
私は大丈夫。

自信が無くなって、つらい日。
自分でも気づかないうちに、
かなーり我慢していた。

だから自分に大丈夫、
って言ってあげるために。


自分に魔法をかける本自分に魔法をかける本
著者:ふないゆきお 船井幸雄
出版社:サンマーク
出版日:2007/10/11 ¥ 1,365
商品詳細を見る


「自分」を信じることって、
とても大変なことなんだと感じる。
一度自分を信じられなくなると、
どうにもできない。
何一つできる気がしない。

昔、自分に自信満々だったことがあれば
それを思い出して、
自分は大丈夫、と念じる。
自分にはできる、自分は大丈夫、
何とかなる、何とかできる、
笑える。愛せる。と。

でも、生まれてこのかた
自分に自信を持ったことがない人もいる。

自信は勘違いでもいい。
世の中が景気がよければ、
なんでもできる世の中の気がいて、
勘違いでも、自分に自信がわく。

生まれてこのかた、
ずーっと不景気で生きてきた
平成生まれの人たちは
勘違いすることも許されていなかった。
何かが叶う世の気がしない。
いつかきっと、と思えない。

バブルを大人として経験した
昭和40年以前生まれの世代の人たちが、
意味なく自信を持っているのは、
なんとなくわかる気がするのだ。

それは、ものすごく迷惑な瞬間もあるけど、
人間としては自信を持てることで
どれだけ強いことか。

平成生まれの人たちの、
やさしいというか、脆い感じは
生き物としての弱さを示しているようだ。

ただ、いま、この大地震の後、
良くなることしかできない世の中でなら、
平成生まれの人たちも
強くなっていくに違いない。

私は信じている。
生き物は良くなることしかできない。
生き物は悪化することができない。
悪化するには相当パワーが要る。
良くなるにはパワーは要らない。
自然に良くなる。

去年のエントリー
自分に魔法をかける本

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール

いま突き当たっている壁に
穴を開けるためのドリル役。

一般的なルール8
人を攻撃してはいけない。

リアルルール
→攻撃されたら反撃する。
ビジネスは戦争。
社外・社内を問わず、
他者から攻撃された時には、
必ず反撃しなければいけません。

こんな攻撃は日常茶飯事!
会議の時間を教えない・わざと誤った開始時間を教える
プライベートライフについて中傷する
仕事の出来について、おとしめるような噂をばらまく
好き嫌いの感情だけで仕事やチームから外すよう進言する

!!!
いま目の前で起きている出来事。


会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール
著者:福沢恵子 勝間和代
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版日:2007/06/15
¥ 1,512
商品詳細を見る


サイコパス上司
人格的に問題のある上司
本人の自覚の有無にかかわらず、
常に他人に対して嫌がらせに
近いことをする上司を指します。

たとえば、実際には指示しておきながら
「そんなこと、指示していない」
と言いはったり、
言ってもいないことを
「確かに言った」と主張したりするのです。

部下は発言を録音しているわけではないので、
いちいち上司に振りまわされて苦労します。

!!!
いま目の前で起きている出来事。

3年前のエントリー→


この本の中でも、
女ぎらい――ニッポンのミソジニー
で知った、ミソジニーということの
強固な根深さを感じる。

人種差別より、階級差別より、
根深く女性差別がキツイと感じてきた。
それはミソジニーという言葉が
かなり広範囲をカバーして表す、
ということを知ったばかり。

ビジネスの世界では
まだまだ新参者の
女性という性別。
1960年代のニューヨークの広告業界を描いたドラマ

マッドメン シーズン1 DVD-BOXマッドメン シーズン1 DVD-BOX
(2009/08/05)
ジョン・ハム、ジョン・スラッテリー 他

商品詳細を見る

の時代から、いやその前から
脈々と続くビジネスのルール。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

女ぎらい――ニッポンのミソジニー

「ミソジニー」について。
女ぎらい、女性嫌悪、女性蔑視。
フェミニストがミソジニーとセットだと言えば少しわかりやすいだろうか。

あの、上野先生の本。
論文のような明快さと
エッセイのようなわかりやすさ。

女好きのミソジニーの男として
吉行淳之介永井荷風がでてくる。
ある特定の女が好きなわけではなくて、
記号としての女。
性器。娼婦。
そういうものが好き、
ということは、女好きだけど、
女蔑視だ、とうのは
なんとなくわかるだろうか。

吉行の「男と女をめぐる断章」を
読んだとき、
感じていた違和感はこれだ。
好きだと言われているのに、
嫌われると感じる。


女ぎらい――ニッポンのミソジニー女ぎらい――ニッポンのミソジニー
著者:上野千鶴子
出版社:紀伊國屋書店
出版日:2010/10/06
¥ 1,575
商品詳細を見る


自分の中のミソジニーを強烈に感じる。
ミソジニーから自由な人は
いないのではないだろうか。
気づいていないなら、幸せか。

たとえば「若者」という言葉で
若い男のことしか
含まれていないことは多々ある。
そのとき、若い女は
存在そのものが消されている。
あたりまえだと思っていません?

本屋で立ち読みしたら

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考一生かかっても知り得ない 年収1億円思考
(2011/01/25)
江上 治

商品詳細を見る

この本は、
1億稼ぐ女の存在は
想定すらしていない。
人間には「男」しかない、らしい。

たぶん悪気はないと思う。
そういう世界の見え方があるということ。
もちろん、1億稼ぐ男のまわりにも
女は存在する。
記号としての女だから、
ロボットでも良いんだと思う。
特に人間として存在しているわけではないから。

私は女だし、それを止めたいとも思わない。
男の世界に入りたいとも思わない。
白人社会に差別されずに入れる黒人を
「名誉市民」として扱うように、
男扱いされて喜ぶ女になりたくもない。

私は私でいたい。

知は力だと思う。


▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」

何に答えを出すべきなのか。
ISSUEを見極めましょう。

イシュー度とは
自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ。

解の質とは
そのイシューに対してどこまで明確に答え絵を出せているかの度合い

この「イシュー度」と「解の質」が
ともに高いものが
「バリューのある仕事」。
意味のある仕事。

これはもう訓練しかないと思う。
とても高度だ。
はっきり言って、本を読んでも
まったくわかっていない。


イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
著者:安宅和人
出版社:英治出版
出版日:2010/11/24
¥ 1,890
商品詳細を見る


どこか「質問力」に似ているとも思う。
本質的な問いかけをすることによって、
すばらしいインタビューをすること。

うん。
たぶん同じだ。

イシューという言葉や
バリューという言葉に
踊らされてはいけない。

MECE(Mutually Exclusive & Collectively Exhaustive)
という言葉を知っていることと、
抜けもれない状況を
言い表すことができるかどうかは
別の問題だ。

やはり訓練しかない。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ほんの豚ですが

ほんの豚なんです。
わたしも、
ほんの人ですが。


ほんの豚ですが (中公文庫)ほんの豚ですが (中公文庫)
著者:佐野 洋子
出版社:中央公論新社
出版日:2001/02
¥ 600
商品詳細を見る


ほんの。
ほんの。

いいのよ。別に。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。