Tバックで読書中 ハーバードの人生を変える授業

プロフィール

英

Author:英
ふんどし一丁の気合とパンツ一丁の気楽さで読書中。。。
自分の中では一貫した趣味のつもりですが、メジャーどころからは一定の距離で全部ズレているみたいです…。


大木英恵 [Hanae Ohki]

Facebookページも宣伝

ブログ内検索


気分別カテゴリ


タグクラウドとサーチ


> tags
坪谷ニュウエル郁子 櫻庭雅文 デボラ キング 山岡恵 佐野洋子 小室淑恵 寄藤文平 苫米地英人 迎裕美子 川手鷹彦 上野千鶴子 湯山玲子 西原理恵子 池上彰 大村大次郎 よしもとばなな 岡本敏子 キム・ミョンガン 茂木健一郎 荒俣宏 ドラッカー 林總 DaiGo マーカス・バッキンガム 俣野成敏 養老孟司 ブライアン・トレーシー 野上洋幸 ジェラルド・G. ニール・ドナルド ジャンポルスキー ウォルシュ ルー・タイス 佐藤勝彦 マリリン・バーンズ 村上龍 ヴァーノン・ハワード 須藤元気 ジェームズ・アレン 水内喜久雄 岡本太郎 山田詠美 吉田戦車 伊藤理佐 黒柳徹子 佐藤直子 吉福伸逸 ケン・ウィルバー 佐々木かをり 峰なゆか ロジャー・ハミルトン 本田直之 トルステン・ハーフェナー ロンダ・バーン EPO 工藤直子 青木愛弓 加藤諦三 町田康 福島文二郎 白川静 手嶋龍一 森茉莉 小池昌代 華恵 水木しげる 柳田國男 なだいなだ 灰谷健次郎 群ようこ 堀江貴文 やまだ紫 近藤麻理恵 内田春菊 清水義範 美輪明宏 齋藤孝 瀬戸内寂聴 フィリップ プルマン 小島慶子 勝間和代 倉田真由美 佐藤可士和 佐藤悦子 中谷彰宏 アズ直子 マツコ・デラックス 池田清彦 ダリル・アンカ 本田健 バシャール 広瀬弦 神田昌典 安達元一 カーネギー 石崎泉雨 ダービー・チェケッツ 三浦綾子 チャック・スペザーノ 玄田有史 ダニエル・ピンク 江原啓之 リチャード・H. ケン モリタ シェルトン 中村うさぎ ジョー・ビタリー 櫻井秀勲 水野真由美 広瀬玄 谷川俊太郎 柳瀬宏秀 石井裕之 越智啓子 W.アトキンソン ウィリアム 和田智 金原ひとみ 山口智子 秋元康 植木理恵 長沢節 千田琢哉 有川真由美 泉正人 バイロン・ケイティ スティーヴン・ミッチェル 大田垣晴子 益田ミリ ジェイ・エイブラハム 田畑晃子 川島小鳥 重松清 湯浅誠 高城剛 アンディ・アンドルーズ 森下えみこ 大塚寿 船井幸雄 福沢恵子 吉行淳之介 永井荷風 安宅和人 成瀬まゆみ タル・ベン・シャハー 栢野克己 竹田陽一 畠中恵 パオロ・マッツァリーノ 佐藤優 外山滋比古 奥山清行 リリー・フランキー 岸孝博 加門七海 細川貂々 モレシャン 野宮真貴 幸田文 フラメンコ 嶽本野ばら 張永祥 乙一 ビヨンセ 松岡大悟 谷村志穂 桃井かおり ビートたけし アルボムッレ・スマナサーラ 久美子 すずき 桑原 莉萌 早水彰 アルボムッレ・スマナサーラ 鴨志田穣 嶋津良智 作田真介 姫野カオルコ 米原万里 河合隼雄 黒田龍彦 緒方貞子 光野桃 桐生操 ディズニー ヴィクトル・ユゴー マシ・オカ ニコール・キッドマン ソフィア・コッポラ ジェニファー・ロペス シャネル モニカ・ベルッチ デミ・ムーア キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー ユマ・サーマン アンジェリーナ・ジョリー アントニオ・バンデラス 柄本明 中村勘三郎 小泉今日子 露伴 岸田秀 斎藤美奈子 酒井順子 森瑤子 竹田恒泰 辛酸なめ子 篠沢秀夫 竹内久美子 梶原しげる バーバラ・コナブル クルト=アレクサンダー・ツェラー メリージーン・アレン ダン・ブラウン 辻信太郎 横森理香 岸本葉子 町沢静夫 小堀馨子 さかもと未明 室井滋 デビッド・クルーガー 島田雅彦 ミシェル・フィトゥーシ 歌舞伎 明緒 フィリップ・プルマン 山崎将志 山田能裕 高田純次 加藤俊朗 河野多惠子 宮崎駿 畑中章宏 能町みね子 バルタザール・グラシアン クリス・アンダーソン 中山真敬 岸田今日子 内藤みか 杉山美奈子 林真理子 山本容子 小西康陽 長谷部千彩 佐野洋子・谷川俊太郎 橋口いくよ 森瑶子 高野てるみ 柳家花緑 ダン・ブラウン 乃南アサ 唯川恵 室井佑月 小池真理子 桐野夏生 森園みるく 齋藤薫 hanae* 大美賀直子 マリア・カラス 叶泉 幸田露伴 ウーピー・ゴールドバーグ YULIYULI 佐伯チズ 栗原美和子 遙洋子 斎藤一人 マイケル・ジャクソン 糸井重里 ピーコ ゴマブッ子 ゲッツ板谷 辻仁成 日高敏隆 フジコ・ヘミング 草刈民代 プリンセス天功 夏木マリ 川上弘美 ダービー・チェケッツ 内藤誼人 YOU 宮沢章夫 川崎洋 小川洋子 サラ・ブライトマン 天海祐希 織田裕二 太宰治 栗原照久 ピチカート・ファイヴ 佐藤愛子 吉村和敏 もたいまさこ 宮木あや子 ロバート・サブダ 沢野ひとし 椎名誠 白鳥早奈英 板木利隆 かなつ久美 中村光 安倍夜郎 吉本ばなな 荻田尚子 叶恭子 ティム・マクリーン 高岡よし子 香山リカ 斎藤綾子 植田正也 正木晃 本林勝夫 フィリップ・マグロー イネス・リグロン 筒井康隆 沢尻エリカ 柳楽優弥 木村藤子 岩井志麻子 高須克弥 山口椿 鈴木隆 小山鉄郎 南緒 くらたま デヴィッド・バック 山田恵諦 俵万智 さくらももこ 土屋賢二 角田光代 山本浩未 丸山あかね 杉浦日向子 ロジェ・ポル・ドロワ 志村武 関川夏央 綿矢りさ 高橋源一郎 樋口一葉 荒川洋治 加藤典洋 平田オリザ みうらじゅん 岡田慎一郎 藤堂志津子 前田義子 アポリネール フリーダ・カーロ 宋文洲 宇佐美游 弓岡勝美 島村洋子 藁谷久三 エリカ・アンギャル 小林聡美 山崎ナオコーラ SHINO 南方熊楠 平野啓一郎 三浦しをん 川田寿 キャスリーンテッサロ 荒木経惟 中島唱子 辰巳渚 武田双雲 双雲 野矢茂樹 中沢新一 山崎マキコ 楊逸 エンリケ坂井 テリー伊藤 デイルドーテン 馳星周 東野圭吾 海原純子 フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ ミヒャエル・エンデ 奥田英朗 宮藤官九郎 松尾スズキ アイザック・アシモフ 田辺聖子 リリー・フランキー 田口ランディ 三谷幸喜 黒木瞳 篠田節子 カルーセル麻紀 真野朋子 内館牧子 岸本裕紀子 花村萬月 アランピーズ バーバラピーズ 遠藤周作 吉野聡 池田暁子 笠原真澄 松永真理 千木良悠子 サラ けらえいこ 穂村弘 谷川浩司 筒井ともみ エンツェンスベルガー 阿川佐和子 手塚治虫 青木雄二 岡田忠軒 和田誠 福島正実 ルイス・キャロル マーク・ケアリイ・ホオマル ホオマル 漆紫穂子 イチロー フリーダ 森村泰昌 目黒条 寺門琢己 宮沢賢治 唐仁原教久 しりあがり寿 大沢あかね 劇団ひとり 寺山修二 三島由紀夫 東郷青児 中原淳一 フランソワーズ・モレシャン 長嶋有 アソウケイコ 竹内海南江 金原猛 ねじめ正一 吉田文憲 鷺沢萠 茂吉 齋藤輝子 斎藤由香 中村重樹 龍多美子 ロン・クラーク ドン・キャンベル モーツァルト 吉川英梨 加藤ゑみ子 平松昭子 ガストン・ルルー 水森亜土 クリスティーナビュリュス 堀尾真紀子 日垣隆 ハリー・ポッター マーシー・シャイモフ 逢坂剛 Rumiko IKKO 妹尾河童 松井彰彦 中野京子 山田由美子 雨宮処凛 大串亜由美 坂崎千春 小栗左多里 おすぎ デズモンド・モリス あいかわももこ 山村基毅 小林惠智 杉作J太郎 ロバート・サブダ アシュリー プロジェリア 中西千夏 スペイン リチャード・H・モリタ ケン・シェルトン アレン・カー ドクター・フィル フィル・マグロー アントニオ・ガデス 上大岡トメ 谷崎潤一郎 安部公房 平野恵理子 ゲーテ 米倉斉加年 吉行和子 アン・モロウ・リンドバーグ 名越康文 細木数子 大野八生 安藤房子 藤沢優月 リッツ・カールトン 豊田正義 佐藤友哉 村上春樹 相川七瀬 古田新太 竹内結子 夏目漱石 夏目房之介 よしながふみ 小村小芥子 市川春猿 佐光紀子 サン=テグジュペリ 瀧波ユカリ セルジュ・ブリュソロ 中村桂子 藤原美智子 君野倫子 市川染五郎 野村沙知代 矢口加奈子 石坂浩二 浅丘ルリ子 小林旭 石原裕次郎 美空ひばり おちまさと 五月女ケイ子 古井由吉 車谷長吉 中原昌也 レイチェル・ハーツ 泉鏡花 ナガオカケンメイ ピエール瀧 大島美幸 鈴木おさむ 蓮見圭一 天野祐吉 佐藤雅彦 江國香織 山口美江 柴田よしき 勘三郎 岡本かの子 千代紙 奈美悦子 クリムト 花火 日本語 チャーリーズ エンジェル 沖仁 フジ子・ヘミング BEGIN 安野モヨコ 葉祥明 中村勘九郎 中村座 勘太郎 夏祭浪花鑑 見城徹 乾くるみ アントニオバンデラス 森博嗣 仏像 運慶 植松晃士 芥川龍之介 宇野千代 加藤登紀子 林芙美子 本木雅弘 樹木希林 内田也哉子 曽野綾子
*The JavaScript is invalid.


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーバードの人生を変える授業

「時間があるとき読んでみて」
と渡されて、読むことに。

精神病などの病理に対する心理学ではなくて、
普通の人の幸福感のための心理学を、
という考えのポジティブ心理学。

そうそう!
これに似た考えがもとで、
私は大学の心理学科を卒業する時、
心理学の道を選ばなかった。
健康な人のための心理学の道は
まだなかったから。
あっても職業として
ご飯が食べれなかった。


ハーバードの人生を変える授業ハーバードの人生を変える授業
著者:タル・ベン・シャハー
翻訳:成瀬まゆみ
出版社:大和書房
出版日:2010/11/18
¥ 1,680
商品詳細を見る


私に薦めた人は、
自分が「うつ」になるのではないか
という恐怖があって
自分の寿命は短い、などと言っている。
たぶん幸福ではないんだろう。
近くにいると、
その張りつめたテンションに
ぐったりする。

自分で複雑にしているようにも見える。
本書の中にもある。
「シンプルに!シンプルに!シンプルに!」

これは52回の講義と
それぞれにワークが付いている。

本当にアクションすることが
必要なのは、本の持ち主だと思うが、
私も少し取り組んでみた。
52回は多いので「続き」へ。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

  ★はこれから取り組まなくては、と思ったもの。

1 感謝する
毎日感謝できることを5つ。
 お天道様
 坂道の太い木
 幼稚園の高い木
 家にいる鳥
 挨拶したり、私と関わってくれた人

2 習慣化する
変化をするために必要なのは、自制心を養うことではなく、習慣を取り入れること。
 わが意を得たり!癖にするのが大変で、癖になればもう簡単。

3 運動をする
週3回、1回30分の運動は抗うつ剤を服用するのと同じような効果がある。
 週に1度、90分のフラメンコを実施中。

4 仕事への考え方を変える
実は遊び中より仕事中に、多くの人が完全に没頭し、最高の結果を出し、つまり心から楽しんでいる状態。
幸せになるためには、ただ楽しさを感じるだけでなく、楽しさを感じていると気づく必要がある。
「自己啓発」と「仕事に関連する知識習得」に毎日決まった時間を勉強にあてる。★

5 意義を見いだす
ハピネスブースター(幸福感増幅行動)を生活に取り入れる。
 地震後、仕事について、社会的存在意義について、これから見出さないと。★

6 思いやりの心を学ぶ
 まず与えること、そうすると得られる、というのが私の最近の信念。

7 困難から学ぶ
辛かった経験を書き出し、気持ちの整理がつきやすくなる。
感情や思いと向き合うこと。

8 すべてをシンプルにする
「意義」と「楽しみ」の両方を感じられる活動に生活を簡素化。
シンプルに!シンプルに!シンプルに!

9 プロセスを楽しむ
出世競争型/快楽型/悲観型/幸福型のライフスタイルだった時代を思い出してみよう。★

10 理解し、理解される
「慣れ親しんだ関係」こそが、じつは大きな恩恵をもたらいてくれる
 パートナーが、まずいない…。★

11 失敗から学ぶ
つらさを見つめる

12 完璧主義を手放す
完璧主義から最善主義へ。

13 価値ある行動をする
優先順位をつけ80%の満足を与えてくれる20%を選んでください。

14 安全圏から出る
安全圏(コンフォートゾーン)を超えて冒険をし、人に助けてもらったりフィードバックをもらったりして、たとえ失敗しても気にしないでください。

15 感情を味わう
感情を理解したり、変えようとするのではなく、あるがままに受け入れ、その感情に寄り添う
 つらい感情も。マイナス感情も。爆発的な喜びも。
 子どものころからの習慣で押さえがちではないか?

16 一貫性をもつ
約束を果たす。自己信頼感を高める。

17 最高の瞬間をつかむ
ピーク・エクスペリエンスを書き出す★
そのとき感じた感覚や心の動きに意識を向けながら、もう一度その瞬間にいるかのようにイメージしてみてください。

18 長期的な関係をつくる
 結婚生活やパートナーのことを前提にした項目。。。★
 だからパートナーがいないって…。
あの人との関係を5%よくするためには…(   )
もし私があと5%心をひらけば…(   )
関係性をさらに親密にするためには…(   )
もし私があの人を5%多く受け入れれば…(   )
自分自身との関係をよくするためには…(   )
人生にもっと愛が流れ込むようにするには…(   )
別の考え方をするとすれば…(   )
→それぞれに6つ以上の後半部分を書き出してください。書き終わったら、実行することを決めてください。

19 親切な行動をする
普段より5つ多く親切な行動をしてみましょう。

20 いいところを探す

21 「ありがとう」を言う
感謝の手紙は毎週1回、少なくとも1カ月に1回は書いてください。

22 回復する
回復するために十分な時間、十分な睡眠、休暇
 自分で自分を癒す力を養うつもりで気功にチャレンジ中。

23 パートナーシップを築く
 またもや結婚生活やパートナーのことを前提にした項目。。。★
「ひとつのほめ言葉で2カ月は生きられる」(作家マーク・トウェイン)

24 解釈を変える
心をかき乱すような不安な感情に対処するのに役立つ方法のひとつとしてPRP法を使う。
Permission 自分が人間であることを許すこと
Reconstruction 状況を再構築すること
Perspective 広い視野から見る
自分が人間であることを許し、起こった出来事とそのときに感じた感情をあるがままに認めます。
その出来事がもたらしたよいことは何かをじっくりと考えます。

25 子を育てる
手を出さない
子どもたちに自力で困難に挑戦する機会を与える

26 これまでを振り返って
ここまでで、行動や習慣の変化、または考え方の変化について書き出してみましょう。



ハーバードの人生を変える授業ハーバードの人生を変える授業
著者:タル・ベン・シャハー
翻訳:成瀬まゆみ
出版社:大和書房
出版日:2010/11/18
¥ 1,680
商品詳細を見る



27 悲しみにうちかつ
マインドフルネス瞑想
「いま、ここ」に焦点をあて、やっていることを体感し、好き嫌いにかかわらず湧きあがる感情を味わっていること(マインドフルな状態)
 まさに地震後の今、必要なワーク。
 おそらく私はすでに習慣的にこれをしているので、どうしてこんなに不安なんだろうか?と掘り下げると、どういうポイントが不安かわかってくる。
 いまのわたしは自分の社会的存在意義があやういことが不安。

28 期待をコントロールする
生き残ることができたのは、自分たちのおかれている過酷な現実を受け止めながらも、最終的にはすべてうまくいくだろうと希望を失わなかった人々。
希望を失わないためには適切な目標を立てる

29 自分に優しくする
チベットの伝統的な考え方では自己愛と他社への愛に違いはありません。
自己嫌悪の強い人は他者に対して真の思いやりの心をもつことは難しいのです。

30 成熟する
年長者に話を聞く

31 本来の自分にもどる
信頼する友人に気持ちを語ったり、心に浮かぶあらゆることを日記に書きつけたり、ただ単に自分の部屋でひとりで過ごしたりする時間

32 「わからない」を受け入れる
ただ歩く。五感を最大限に使ってください。

33 嫉妬から学ぶ
嫉妬をしないようにするのは無理なことでしたが、その後どのように行動するかを選ぶことはできました。

34 内なる声を聞く
自分の使命、天職を知るのは簡単なことではありません。
それでもなお、最大限の幸せを感じるには、社会的な価値基準にとらわれることなく、自分がしたいと思うものを見つける必要があります。
誰にも感謝されないし、仕事も評価されないし、どんなにすばらしい生き方をいてもほめてはもらえないし、どんなに裕福でも気が付いてもらえません。
このような世界であなたは一体、何をしますか。
どのように生きるべきかという処方箋を与えるものではありません。しかしこれは、あなたにとって最も大切なものは何かに気づくための唯一の方法なのです。

35 自分の感情を理解する
「あるがまま」を感じる

36 受け入れる
ときには自分を受け入れられないこと自体を受け入れてみましょう。
自分を許す

37 偉業を観察する
成果だけでなく成功までのプロセス、つまり試行錯誤を重ね、ときには後もどりした道のりについての情報も与えられると、~~~自分たちにも達成可能なものであると評価しました。
成功までの道筋をつくる
どうしても達成したい大切な目標を書きだしてください。
目標に到達している様子をイメージし、どのようにして到達したかを書きだします。

38 「ありがたい敵」をつくる
「ありがたい敵」とは、私の言動に異議を唱えるものの、同時に私を人として無条件に受け入れてくれる人のことです。

39 可能性を信じる
自分への偏見を破る
幼いころに誰かが言ったことや自分が思ったことで、自分の能力や技能を低く見てしまうようになった経験はないか考えてみてください。

40 人を伸ばす
自信を持たせたいという願いから、絶え間なく無条件のほめ言葉を与えて~~~高い自己信頼感をもった大人になるどころか、彼らは自信のない甘やかされた人間になってしまったのです。
努力やプロセスに焦点をおいてほめていますか。
 過去の最高の教師は、あなたのどんないいところを引き出してくれましたか。

41 決断をする
決断をしなければ失敗もない。
決断をしなければ成功もない。
「もっと成功率をあげたいと思うなら、倍の失敗をしなさい」

42 安心できる場所をつくる
チームワークのいいチームは~~~「より多くのミスを報告していた」
うまく統率されたチームでは「心理的な安全性」が確保されている。
 言葉の小さな端っこで「オレは言ったよね」と自分の責任逃れをほのめかす上司の下では安全を感じられない。
 何を言っても端から否定されない、けなされない、覚えてくれている、、、と考えると子ども時代の家は私にとってはまったく心理的に安全な場所ではなかったのね。

43 親密な関係をつくる
 またか。。。
 結婚生活やパートナーのことを前提にした項目。。。★

44 バランスをとる
職業、家族、恋愛、友人、健康、旅行、趣味、芸術など
何をあきらめられるか、何が絶対に必要かを決めます。
その絶対に必要なものを「ちょうどいいリスト」に書きだします。★
 1日12時間働き、1時間のヨガを週2回、30分のジョギングを週3回、週1回妻と外出、週1回友人と会食、など。

45 お金を理解する
「富と幸福の間の関連性は低い」
毎週できることで、あなたに最高の幸せと満足感を与えてくれる活動を5つ選んでリストを作ってみましょう。★
そうした活動をするために、いまきちんと時間をつかっているでしょうか。

46 本当の目標を知る
心の奥底にある個人的な信念や強い関心から追及される目標
まず自分が人生で何をしたいのかを知り、次にその欲求に素直になる勇気をもつことが必要です。
人生にとって重要な分野で心の底から本当にしたいと思うことは何か、自分に問いかけてみましょう。
長期目標:30年 達成したいと思える具体的目標
短期目標:これからの1年、1カ月、1日、それぞれ何ができるかを書きだしてください
行動計画:行動をスケジュール帳に書きこんでください。
 120歳まで生きて、毎年少しずつでもできること、知っていることが増えるのが幸せ。
 120歳まで生きるには117歳くらまで働きたい。
 すくなくとも100歳まではハイヒールを履いてフラメンコも踊りたい。
 会社に雇われる働き方以外を50歳以降可能なように準備。
 今から120歳までもつ体力、筋力維持、健康管理。

47 天職を見つける
 「労働」か「キャリア」か「天職」か。
「労働」は基本的に退屈なものであり、個人の充足感よりも金銭的な報酬に関心がおかれています。
「キャリア」お金や昇進といった外的要因や、権力や特権を獲得することが働くための主な動機
「天職」給料や昇進も確かに重要ですが、これらの人たちは働きたいから働いているのです。

MEANING(意義)私にとって意義あることは何だろう?何が私に目的意識を与えてくれるだろう?
PLEASURE(楽しみ)私にとって楽しいことは何だろう?どういうことをしていると楽しいのだろう?
STRENGTH(強み)私の強みは何だろう?何が得意だろう?

48 気持ちを切りかえる
人は誰でも「幸せをあまり感じられない時期」を経験することがあります。
1週間のハピネス・ブースターのリストをつくりましょう。

49 深く根を張る
幸福の深さは木の根のようなものです。
幸福の高さはちょうど木の枝のようなものです。
意義と楽しさの両方を生みだしてくれる仕事や教育、人間関係を継続的に求め続けることで、私たちはどんどん幸せになっていきます。一時的な高揚感があるけれども、まるで葉が枯れるかのようにすぐに消えてしまう幸福ではなく、深く安定した根をもつ、長く続く幸福を体験できるのです。

50 心をひらく
人は自分が幸福になる価値があると感じているときのみ、人生の究極の宝物を受け取ることができるのです。
あなたの幸せを阻害しているものを取り除き、もっと幸せになるために、文章完成ワーク

・何が心の障害になっている?
私の幸せを妨害しているものは…(   )
もっと幸せに生きていいと、あと5%強く感じるためには…(   )
他人の価値観によって生きることを拒否すれば…(   )
もし私が成功すれば…(   )
幸せになることを自分に許せば…(   )
自分の価値を高く評価すれば…(   )
人生にあと5%多くの幸福をもたらすためには…(   )
わかりはじめてきたことがあります。それは…(   )

51 未来からいまをながめる
あなたは110歳です。先日タイムマシンが発明され、~~~経験豊かな人生の知恵をもったまま、あなたは過去にもどり、若く経験不足の自分自身と15分間すごすことになりました。あなたは、若い自分に何を伝えますか。
人は死に直面して初めて、~~~未来や過去ではなく、完全にいまを生きるようになる。
新しい知識を身につけたわけではなく、いままでずっと知っていたことにはっきりと気づいただけです。
内なる賢人に尋ねる
 私が病気のあと「すべてもう、持っている」ということに気づき、実行する、ということと同じかも。

52 全体を振り返って
最後にこの本全体を振り返り、自分は幸せになるために何を実行したか、何を実行しようとしてるかをまとめてみましょう。

おわりに 宣誓文をつくる
あなたが覚えておきたい重要なポイントを~~~
5個から12個の間で、この宣誓文をつくってみてください。
本書を読み終えてからも、何をしつづけるべきか、しっかりと覚えておくのに役立ちます。

▼どれか1ぽち、お願いします!!▼
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



ハーバードの人生を変える授業ハーバードの人生を変える授業
著者:タル・ベン・シャハー
翻訳:成瀬まゆみ
出版社:大和書房
出版日:2010/11/18
¥ 1,680
商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

こんばんは

素敵な紹介、ありがとうございます。紹介ブログとして記事をリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんは

こちらこそ、サポートサイトで
土井英司さんのビジネスブックマラソンや
勝間和代さんの公式ブログと並んで
紹介していただけるなんて感激です。

http://ameblo.jp/harvard-lessons/entry-10803030856.html

100歳でハイヒールを履いて
フラメンコを踊る英さんを見たいので、
私も100歳まで元気でいることを目標にしよう。

うん。一緒に長生きしよう。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eihanabishi.blog17.fc2.com/tb.php/885-4d45d9e0

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。